マンガ・電子書籍ならコミックシーモア

漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

このタイトルの注意事項

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~の注意事項

■巻(見開き形式)について

■話(コマ形式)について

小説・実用書
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
この巻を買う/読む

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

通常価格:
590pt/590円(税抜)
(4.5) 投稿数2件
ビブリア古書堂の事件手帖(7巻配信中)
作品内容

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

作品ラインナップ  7巻まで配信中!
レビュー
ビブリア古書堂の事件手帖のレビュー

平均評価:4.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) ビブリア古書堂の事件手帳7
    kkkさん 投稿日:2017/4/3
    このシリーズは7巻で一応、本編の完結を迎えるそうです。これからはスピンオフや番外編として続いて行くみたいですが、もっと長く続けて欲しい作品だと思います。 あらすじはシェイクスピアの最初の原本の話で希少価値が高くて億単位の値段がする物だそうで す。今回は殺人や暴行など物騒な事件は起こりません。 もっとみる▼
  • (4.0) 早く続きが・・・
    とまとさん 投稿日:2015/11/11
    実在する作家の作品が事件の中出てきて、そちらの本も読みたくなります。主人公の恋や母親との関係も気になります。
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ