漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

特捜女豹警視白鷺(2) 連殺

通常価格:
450pt/495円(税込)
特捜女豹警視白鷺(3巻完結)

作品内容

惨殺された美女たち、事件は怨恨だけなのか? 女警視が闇の謎を追う!

 東京の高円寺でカメラマンの原真子が惨殺され、次いで、女性弁護士が目白で刺殺体で見つかった。美貌の女警視・白鷺が率いる警視庁機動捜査隊新宿分駐署の捜査班は、重要参考人として、離婚調停中の真子の夫の行方を追った。一方、真子と弁護士の二人は、産業廃棄物処理に絡んで、黒い噂が流れる業者を取材中だったことが判明する。だが、その業者が謎の死を遂げ、ついには魔の手が白鷺にも迫ってくる…。
 好評の長篇警察小説「特捜女豹警視白鷺」シリーズ第2弾。

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

特捜女豹警視白鷺のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ