マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPライトノベルライトノベルホビージャパンHJノベルスウォルテニア戦記ウォルテニア戦記 XXVII
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
ウォルテニア戦記 XXVII
27巻配信中

ウォルテニア戦記 XXVII

1,300pt/1,430円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

ブリタニア王国、タルージャ王国との泥沼の戦いに引きずり込まれ
ようとする、御子柴大公ひきいるローゼリア王国軍。
優勢に戦いを進める亮真だったが、敵軍として姿を現したのはタル
ージャのさらに南方からやって来た「マニバドラの民」だった。
これまで見たこともない彼らの戦術に動揺する亮真の軍。果たして反撃の術(すべ)はあるのか?

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  27巻まで配信中!

  • ウォルテニア戦記 XXI

    1,200pt/1,320円(税込)

    一目散に撤退するルピス女王の軍を追って、王都ピレウスへと迫る亮真軍。なんとかピレウスにたどり着いたルピスとメルティナはミハイルと今後の対応策を練るが、籠城以外の手段は見つからない。
    いっぽう、王都に迫る亮真はローゼリア王国内の光神教団にかつての幼なじみ・飛鳥が囚われていることを知る。これ以上戦力を割けない亮真は、少人数での飛鳥救出を試みるが――。
    コミカライズも絶好調の異世界召喚戦記、第21巻!!
  • ウォルテニア戦記 XXII

    1,300pt/1,430円(税込)

    ルピス女王が立てこもる王都ピレウスを包囲した、御子柴亮真率いるウォルテニア軍。
    王都を力攻めにしては亮真軍に大きな損害が出るが、長々と包囲戦をしては他国の勢力がルピス女王を助けにやって来るかもしれない。
    そんななか、亮真のもとに一通の手紙が届く。意外な人物から送られた、情勢を一変させるその手紙の中身とは――?
    若き覇王の躍進を描く大人気ファンタジー戦記、第22巻!!
  • ウォルテニア戦記 XXIII

    1,300pt/1,430円(税込)

    王都ピレウスを陥落させ、ルピス女王を追放した亮真は新女王であるラディーネとの交渉を開始した。
    戦後処理に忙殺されつつ、しばらくは平和を保ちたい亮真だが、その間にも隣国のミスト王国、ザルーダ王国で異変が相次ぐ。さらに、亮真がかつて一戦を交えた大国・オルトメアも動き出して――!?
    亮真の新たな戦いを描く王道戦記、待望の新編スタート!!
  • ウォルテニア戦記 XXIV

    1,300pt/1,430円(税込)

    ローゼリア王国の実権を握った御子柴亮真は、有力貴族・ロマーヌ子爵家と自分との紛争を利用して新生・ローゼリア王国の中央集権化を急ぐ。
    いっぽう、国王が危篤の状態でオルトメア帝国に攻め込まれたザルーダ王国はかつて助けてくれた亮真に再び援軍を求めていた。
    だが、今度はローゼリアの東・ミスト王国でも異変が起こり――。
    大陸に広がる戦火を前に、台風の目となった亮真はどう動く!?
  • ウォルテニア戦記 XXV

    1,300pt/1,430円(税込)

    西の同盟国・ザルーダに援軍を送りつつ、東にあるミスト王国も同時に支援しなければいけなくなったローゼリア王国。しかし長い内戦で疲弊したローゼリアにそんな余裕はない。
    ローゼリア王国の事実上の支配者となった亮真は、海運に強い豪商・クリストフ商会を通じてある勢力を動かそうと試みる。
    さらに短期決戦をめざしてミスト王国へと向かった亮真だったが、ミストは深刻な内部抗争を抱えていて――!?
    コミカライズも絶好調の異世界召喚戦記、第25巻!
  • ウォルテニア戦記 XXVI

    1,300pt/1,430円(税込)

    ザルーダとミスト、二正面の戦いどちらにも早急にカタを付けたい亮真はミスト南部の都市ジェルムクの包囲を突破してミスト軍との合流に成功する。
    しかしミストの王都エンデシアでは、亮真の奮闘を裏切るような密約が進行していた。北部貴族と南部貴族の対立を抱えたミストでは、南部貴族のなかにブリタニア王国との同盟を唱える一派が居たのだ。
    ブリタニア同盟派貴族の蜂起によって、南北から挟み撃ちにされた亮真は最大の危機を迎えるが――。
    王道異世界戦記、第26巻!
  • ウォルテニア戦記 XXVII

    1,300pt/1,430円(税込)

    ブリタニア王国、タルージャ王国との泥沼の戦いに引きずり込まれ
    ようとする、御子柴大公ひきいるローゼリア王国軍。
    優勢に戦いを進める亮真だったが、敵軍として姿を現したのはタル
    ージャのさらに南方からやって来た「マニバドラの民」だった。
    これまで見たこともない彼らの戦術に動揺する亮真の軍。果たして反撃の術(すべ)はあるのか?

レビュー

ウォルテニア戦記のレビュー

平均評価:3.6 11件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 面白いけど説明が冗長な割に内容が薄い
    マニさん 投稿日:2023/8/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 漫画は何年前から読んでいて、今回は小説書籍版25巻全巻を読み終わったが、物足りない!面白いけど説明長っっ!長過ぎる、全巻の3分の2ぐらいが説明じゃないかってくらい冗長でつまらない、一回ならまだしも前巻やその前の巻も説明したのにまた?!って読者をバカにするみたいで読んでイライラする、そんなもんを読みたいならウィキペディアでも読んでるわ!25巻のボリュームだぞ?普通ならここでもう大陸の半分を統一したとしてもおかしくないぜ。ストーリーはおもろいのに本当に残念、このペースで本当に完結するには後50巻あっても足りないじゃない?絶対にエタになるだろう。 コミックもコミックで説明少なすぎて更新ペースも遅いから毎回、あれ?前はどこに進んだっけ?このキャラ誰?になるよな… 後、時々設定を忘れるのがいただけない。最初はギルド登録で分厚い説明書を貰ったのに後になって紙が貴重だわ本が高いわって…戦闘力のインフレとかもちょっと、ね、武法術を用いた騎士や上級文法術士の脅威は後になって散々強調されたけど、なら主人公が初登場で大陸最強の文法術士の一人と数人の上級騎士らしき護衛を瞬殺したのと、武法術未習得時で鬼哭も未装備の主人公がフル装備のミハイルやメルティナに匹敵するレベル5ぐらいのケイルを一騎討ちで勝ったのは何なの?そもそも基礎能力と技術とかが天と地の差があるらしいが、じゃあ最新刊の主人公は一騎当千も全然おかしくない?って話になるよな…でも全然そんな風には見えないし。 後地球人をそんなんに召喚してるのに法術の土木工事用などの汎用化とか今まで誰も使わないのも何となく納得出来ない…まあいいけどさ。 ツッコミどころの多い残念なサクヒンだけど、なんだかんだ言って面白いからここまで読んだんだからね。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白いのですが
    たごさくさん 投稿日:2022/8/5
    多くのライトノベル作品が長期化すると、刊行ベースが大幅に落ちる中で、当初と変わらない刊行ベースは素晴らしいと思います。 ただ内容の方は無理な刊行ベースになってきたためか、かなり薄く、ここ最近に至っては3,4冊で通常の一冊分の進行内容にしか 感じられません。 いろいろと事情はあると思うのですが、年一の刊行ベースに落としてでも、もう少し内容を濃くしていただければと(値段もそれなりに高いので) もっとみる▼
  • (5.0) かなり気にいってます
    Bacさん 投稿日:2017/6/5
    ストーリー的にも大変気に入ってるのもありますが 他の召喚や転生作品だと 所々で話の腰を折られて 読んでる最中にせっかくの異世界の世界観が 冷めてしまったりする説明文的(?)なものが ウォルテニア戦記は気にならず むしろ本来の補助 的役割をしっかり果たし 作品に感情移入でき大変読みやすいです。 もっとみる▼
  • (4.0) テンポーーーー!
    おーいえーさん 投稿日:2019/8/21
    すきなんですが、進みが遅いです。テンポというか、読みやすいので、文字量の割にすぐに読み切ってしまうのですが、 すごい解説が丁寧すぎて肝心のストーリーが進まないのはなんとかしてほしい。貴族が慰謝料払いますが、かなりの額ですってのを伝えるに当 たって、日本円で3億ってところの解説までは良いんですが、そのお金の価値が貴族にとってどのくらいの負荷かって説明のために、異世界の貴族の収支の話に広がって、、、ってそこまでしなくても良くないですか?伏線は多く含まれてて盛り上がり始めてはいますが、ストーリー的には、MOB貴族一人陥れただけで本が一冊終わりました。そこは不満。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

オススメ異世界ライトノベル

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ