漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

パブリックスクール -ツバメと殉教者-

通常価格:
750pt/750円(税抜)
(4.7) 投稿数146件
パブリックスクール(4巻配信中)
作品内容

由緒ある伯爵家の長男で、名門全寮制パブリックスクールの監督生(プリフェクト)――。なのに、制服は着崩し、点呼や当番はサボってばかりのスタン。同学年の監督生・桂人(けいと)は、密かにスタンを敬遠していた。卒業まで、極力目立たず、無害な空気の存在でいたい――。ところがある日、桂人はスタンの情事を目撃!! 見られても悪びれない態度に、苛立つ桂人は優等生の仮面を剥がされてしまう。さらに、二人一組の当番で、スタンのお目付け役を任されて!? 栄えある寮代表(ヘッドボーイ)の座は、誰の手に――!? パブリックスクールを統治する、監督生たちの秘めた激情と恋!! ※口絵・イラスト収録あり

パブリックスクール[1~3巻パック]

パブリックスクール[1~3巻パック]

2019/7/26 0:00まで
通常価格:
1,940pt/1,940円(税抜)
価格:
1,164pt/1,164円(税抜)
作品ラインナップ  4巻まで配信中!
レビュー
パブリックスクールのレビュー

平均評価:4.7 146件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 貴族の青い血
    トマトさん 投稿日:2019/7/22
    耽美なカラー絵とイギリスの全寮制スクールの話ということで、ゾクゾクわくわくしながら読みました。受けの礼が不憫で不憫で、涙、でも、攻めのエドの確かな愛を感じるので、読み進めましたが、このまま4巻まで気持ちのすれ違いなの?とやるせなく、途中でレ ビューとかで確認してしまいました。4巻は舞台は同じだけど違うカプの話、3巻も、エドと礼だけど、スピンオフ的なショートストーリーがいくつか、と確認し、2巻完結のつもりで読みました。貴族の血、は、日本人にはなかなか理解しがたい世界なので、エドの冷たさや葛藤も初めはわかりづらかった。3巻までいくと、踏み込むには重くて辛いテーマ過ぎるな、とは思う。でも、エドの愛が深すぎて、礼の鈍さがすごすぎて、せつないリーストンの描写中でも、え?もしかしてバカップル?と、呆れるシーンも多々あります。オーランドが礼を塔の上に連れ出してくれたシーンは感動的でした。そして辛い経験からのファーストキスが切なすぎて美しすぎて泣ける。シリアス、ほのぼのが入り交じり、美しいお話でした。キャラ文庫アンソロジー「琥珀」に番外編として、ギル視点のお話があるので、そちらもお勧めします(分冊ありました) もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) あまり………
    メトさん 投稿日:2019/7/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 読もうとは思っていなかったんです。学園もので、特殊な環境下での、ストーリーを想像してしまったので。どろどろしたものとか、人間の嫌な部分を見せられるのかなぁ〜と、敬遠してました。 きっかけはお安く購入出来ることを知ったので、試しに読んでみようかなと、思っただけでしたが……… まぁ、想像以上につらいものでしたけど、 愛しかなかったですね〜 それにつきるというか、何というか……… エドとレイも、スタンとケイトにしても 愛を畏れて、無いと苦しんで、頑張って お互いを愛して、生きて行けるようになって 良かった あと、目に留まるきっかけになったyoco先生のカラーイラストは美麗でした スタンの表紙のカラーイラストは、色香が半端ないですね〜 続きを読む▼
  • (5.0) 世界観が秀逸!!
    リナマルさん 投稿日:2019/7/17
    4作目はエドとレイの話ではないので、紙書籍での購入をなんとなく保留にしたままでしたが、電子書籍での発売を知り購入。読み始めてすぐに、何でもっと早く読まなかったんだと自分に腹が立つくらい、寸暇を惜しんで夢中で読みました。400ページ超えですが 、いつまでも読み続けていたい、読み終わりたくない、そういう想いに駆られながら1日で読み終えました。 この作家さんの虫シリーズも好きですが、このパブリックスクールシリーズはもう別格の様な気がします。まるで自分もリーストンの寮生の一員として、登場人物達を見守っているような感覚でこの物語の世界観に惹き込まれていきます。yocoさんの描く扉絵や挿絵もパブリックシリーズの世界観にとてもよくマッチングしていて、素晴らしいです。まだ未読の方は是非!! もっとみる▼
  • (5.0) 全部読まないと損!
    みーこさん 投稿日:2019/7/14
    私は1回読んだものは読み返したりしない派ですが、この作品だけは読み返してます。それくらい良かったです。これは間違いなく商業BL界の傑作です。
広告掲載中タイトル
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ