漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
ひきこもり魔術師と社交界の薔薇 それで口説いてないなんて!【ミニ小説つき】
この巻を買う/読む

ひきこもり魔術師と社交界の薔薇 それで口説いてないなんて!【ミニ小説つき】

【期間限定】2018/11/27 0:00まで
通常価格:
550pt/550円(税抜)
価格:
440pt/440円(税抜)
(4.0) 投稿数5件
ひきこもりシリーズ(11巻配信中)
作品内容

侯爵令嬢のベアトリスは「社交界の薔薇」と呼ばれ、数々の貴族から求婚されまくっている。だが、いつも謎の『声』が求婚者の本性を教えてくれるので結婚には至らない。ある日、誘拐されかけたベアトリスは、魔術師エイブラハムに助けられる。『声』の正体が闇の精霊だと知ったベアトリスは、精霊について学ぶため、エイブラハム邸へ通うようになり……? シリーズ至上最ジレ! 純情初恋ラブコメ☆ 電子版限定・ミニ小説(WebマガジンCobalt掲載作「八つ子の魂百まで。」)つき!

作品ラインナップ  11巻まで配信中!
レビュー
ひきこもりシリーズのレビュー

平均評価:4.0 5件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 最後の最後まで最高でした
    葵日向さん 投稿日:2018/10/9
    全巻読破!最後まで賑やかな完結を迎えてくれました!そして最終巻のあとがきにも奮えました!最後まで読めて良かったです!是非、他の方にも読んで欲しい作品! ◆1巻を基点に個性豊かな登場人物にスポットを当てた連載は珍しいと思います。そして10 ・11巻以外は短編作としても読めるよう配慮されています。 つまり、気になる物語から読みはじめても良し。その前後で気になる人物の物語を読み漁るのも良し。時系列に読み進めるも良し。もちろん巻順に読むも良し。(私は巻順) ちなみに時系列だと5→1→2→3→11→4→6→7→8→9→10となるはずです。◇でも9巻の本編"のみ"を見ると3巻と11巻の間の期間になります。ですがSSを含めるとやはり最後です。◇5巻はヒロイン両親の馴初めなので、1巻でヒロインの異常なまでの"魅了効果"に疑問を持った方は読んでみると解決するかもしれません(笑)◇ そして11巻は最終巻とあって、基点となる1〜3巻の人物逹も重視されています。 ◆ビオレッタとエミディオの後日談は、ちょいちょい各巻で触れたり、SSとして載せられてたりします。たま〜にビオレッタがひょっこり顔を出した時の破壊力は凄まじいと思います(笑) もっとみる▼
  • (5.0) ギャップ萌え
    tanpopoさん 投稿日:2017/12/20
    美しい外見と中身が残念なキャラがいっぱい出て来て楽しいです。
  • (4.0) 一巻と三巻を読みました
    セメントさん 投稿日:2017/3/5
    三巻のあらすじを読んで気になっていたので、オムニバス作品だからと思い、一巻は読んで二巻をすっ飛ばして三巻を読みました。三巻は面白かったです。一巻は。。 ビオレッタの話し方が好きになれなかったから、星は2.5くらい。
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ