漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
わたしの勇者さま(1)
この巻を買う/読む

わたしの勇者さま(1)

通常価格:
450pt/450円(税抜)
(3.0) 投稿数1件
わたしの勇者さま(5巻配信中)
作品内容

庭先に落っこちてきた異世界の勇者は、とんでもなく大メシ喰らいだった!

 松宮陽子、17歳、高校2年生。シナリオライターを生業とする父と由緒正しき雑種犬と暮らす、ごく普通の女の子、だったが…。ある日、陽子の前に現われたシン。巨大な剣を手にした彼は異世界ルーの人間だという。そのルーの王女が、邪悪な魔道士ディーアックに連れ去られたため、それを救うべく魔神と戦っていたが、魔法によりこの世界に来てしまったのだと語った。とまどう陽子であったが、次第にシンに惹かれていく…。しかし、平穏な日々もつかの間、ディーアックの魔の手は、こちらの世界にも忍び寄る! ファンタジック・コメディ第1弾。

●とまとあき
音楽その他もろもろディレクター。エネルギー源/ヱビスビール。

●塚本裕美子(つかもと・ゆみこ)
蟹座。B型。趣味/千羽鶴に乗馬。好物/おいしいもの。

作品ラインナップ  5巻まで配信中!
レビュー
わたしの勇者さまのレビュー

平均評価:3.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 昔の表紙なら☆5でした。
    シュリさん 投稿日:2017/11/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙が完全に変わってしまってとにかく残念。昔大好きだった作品で、昔の表紙は素敵だったのに。ストーリーも楽しいですが、前のイラストレーターさんのキャラクターの絵がかなり好きでした。シンの事、作中に美形だって書いてあるのに表紙のシンらしき人がこれゴツい傭兵では?と思い、☆5がどうしても付けられなかった。この表紙見ても、購買意欲を掻き立てられずにスルーしそうって思いました。シンは面影もなく、陽子も見た目が随分変わってしまい作中と性格違う感じに見えてかなり残念です。内容はとても楽しいファンタジックコメディで、異世界の勇者的な人が、突然現代日本の一般宅に現れて、てんやわんやとします。陽子の作る料理が美味しそうで、とくにスパゲッティを大量に調理する場面をもう一度見たくて買いました。単行本はまだ保管してありますが、すぐ読みたくて買ってしまいました。電子版、表紙にキャラクターのイラスト無い方が、想像できてまだよかったんじゃないかな。 続きを読む▼
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ