漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
COLD SLEEP 全3巻【合冊版】【イラスト入り】
この巻を買う/読む

COLD SLEEP 全3巻【合冊版】【イラスト入り】

通常価格:
2,700pt/2,700円(税抜)
(4.6) 投稿数9件
COLD SLEEP 全3巻【合冊版】【イラスト入り】(1巻配信中)
作品内容

過去と現在が複雑に絡み合うCOLDシリーズ3部作が合冊版で登場! 事故で記憶をなくした高久透は、友達だと名乗る年上の男・藤島に引き取られる。藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれず、透はどこにも居場所がないような寂しさを募らせる。しかし藤島とともに暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして――。 ※本書は「COLD SLEEP」「COLD LIGHT」「COLD FEVER」を1冊にまとめた電子書籍だけの【合冊版】です。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
COLD SLEEP 全3巻【合冊版】【イラスト入り】のレビュー

平均評価:4.6 9件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 予想だにしない展開。
    とりこさん 投稿日:2017/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 合冊版購入。2,700円と値は張りましたが後悔してません! この作者様の小説は初めてだったのですがレビューをみて購入。 導入部分ではふーんへーほー、この二人が恋に落ちましたっていう展開になるんでしょーというテンションで読み進んでいたところ、え!?あ、そうなの。えぇ!??という展開に急にジェットコースターに乗ったかのような心の揺さぶりにあい、それからはもう辛い、泣く、辛い、泣く、辛い、辛い、泣く泣く、もうダメやめての展開。しかし、最後まで読んでよかった読んでよかったけど、最後ほんわかするけど切ない。。 そんなお話です。 続きを読む▼
  • (5.0) 重い!スピンオフはCOLD HEART。
    lvivさん 投稿日:2017/7/8
    (小説) あぁ。。 この、なんともいえない、余韻が残りすぎる、心がえぐれるような読後感。。 作者さんファンになって慣れたというか覚悟して読んでましたけど、やっぱり、などっしりキツイ読み応えの深すぎるお話でした。 3冊の3部作とな っていてそれぞれ区切りの良いエンドですが、それぞれ読後の意味と余韻が全く違います。 時系列や謎解き、3冊仕立ての意味もあるので、必ずシリーズ順に読んでください。 キツイのが苦手な方には、合冊版で読むのではなく1冊ずつの購入で2冊LIGHTまでで読み止めるのもアリなお話です。 作者さんファンで、人生の酸いも甘いも含んだ複雑な展開も好きな方には、ぜひお徳で一気に読める合冊版をオススメします。 そして、この、心をわしづかみにされるお話を堪能してください。。 ある意味、一途過ぎる愛情でした。 2人とも対人スキルが低すぎて、読み手はハラハラします。 何度も恋する。。 心にずーんときました。 BLファンタジーに慣れていると裏切られるようにも感じますが、写真を焼いたとき、あぁ作者さんらしいな〜とこの話の意図を感じました。 スピンオフでCOLD HEART(東京・NYの2冊)があります。 透の友人のお話。 余韻が冷めずに続けて手に取りましたが、本作3部作に負けず劣らず、ヘビーな読み応えのお話でした。 時系列としてもCOLD SLEEP3部作の後になり、透たちもたまに登場していて、その後の様子が垣間見れます。 話の内容はそんなにリンクしてないので別作品としても読めますが、両方読むなら先に本作3冊読んでからをオススメします。 もっとみる▼
  • (4.0) なかなかハードだった〜
    atさん 投稿日:2017/6/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 3巻長かったけど、けっこう一気に読みきりました〜かなり壮絶な過去と藤島さんの覚悟に泣けたけど、健気な切ない系ではないですね。リアルな暴力シーンが苦手な方にはオススメできません。それにしても、いくらトラウマを覚えてないからとはいえ、性格がこんなに変わるもんか?あと、記憶喪失ってこんなに完璧に忘れてしまうものなの〜?そして、透が全く違う分野で2度も成功するってなんかズルくな〜いでも最後にはうまく行って良かったですあいだにはさまれた別カプの話しはあんまり好きじゃなかった。雅之が黒川を好きになる理由が全然わからない。最後にはつながるけど、透と藤島さんだけの話が良かったな。 続きを読む▼
  • (3.0) なんともいえねぇ...
    まりあさん 投稿日:2017/6/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 続きが気になるという点では面白く一気に読んだのですが一言にハピエンと言っていいのか...ゆっくりとこれからおこることへの期待をはらみつつ上って上って上ってピークを迎えたとたんまっ逆さまに墜ちる、まるでジェットコースターのような...着地点はなんとも言えない切なさの残るラストでした。藤島が予測し恐れていた事がおき途中が甘々だっただけに透の豹変ぶりが読んでいてとても辛かった。暴力の描写がすごくてひるみました。ただその生い立ちから人への接し方や愛し方がわからない透の苛立ちや戸惑い、葛藤がよく表されていたと思います。ストーリー構成は星5つでもいいくらいなんですけど途中あまりのことに読むのが苦しくなるところもあって心情的にマイナスしてしまいました。読みごたえはじゅうぶんあります。 続きを読む▼
  • (4.0) 複雑
    UMさん 投稿日:2017/6/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 藤島という男の情の深さに何とも言えない思いでした。酷い仕打ちにも逃げ出さなかった藤島がどんな気持ちで殴られ、抱かれ、疲れ果てても透から離れなかったか。それが愛情なのか過去の贖罪なのか、一言では片付けられない気持ちが只々切なくて。幸せな時を過ごしたからこその苦しみ。記憶のない6年間の写真を、透が捨てた時の藤島の絶望が、それまでの支えを失ったのだと伝わって胸を締め付けられる思いでした。もちろん透の生い立ちや事故、記憶を取り戻してからの葛藤など、心を揺さぶられるものがあったけど、やはり心に残るのは藤島の透への温かい想いでした。最後は幸せになったので良かったですが、読んでいて苦しかったです。 続きを読む▼
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ