マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)小説MUGENUPエクレアノベルス竜王の婚姻【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】竜王の婚姻〈下〉 竜の頂と導く者【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

竜王の婚姻〈下〉 竜の頂と導く者【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】

1,690pt/1,859円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

男でも妊娠可能な「惹香嚢」という臓器をもっているため、小国の王子であるセナは従属の証しとしてレスキア皇帝アリオスへと嫁ぎ、息子アスランを出産する。

自分と同じ惹香嚢体で生まれたアスランが竜王の伴侶として婚配者に選ばれたため、セナは神山より派遣された獣人族の護衛官イザクとともに神山へ向かうことに。
しかし、やっと辿り着いた神山では不可解なことが起こっていた。

次々と消える惹香嚢体、
謎の多い上位神官の行動、そして皇帝廃位――。

利権を求め各国の思惑が交錯するなか、息子を守るため神山からの脱出を図るセナだったが……。

※本作品は同タイトルの分冊版26~49巻に、書き下ろしSSとイラストを追加したものです。

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 竜王の婚姻〈上〉 黄金の獅子と白銀の狼【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】

    1,690pt/1,859円(税込)

    小国の王子であるセナは、「惹香嚢」という男でも妊娠可能な特殊な臓器を体内に有している。
    発情期には男を惑わす魅惑的な香りを放つため、問題が起きぬよう、たった一人で牢に隔離されるという生活を送っていた。

    淫売と罵られ、家族にさえ顧みられないセナだったが、
    ある日突然父王から「お前を、レスキア皇帝に嫁がせる」と命じられてしまう。
    惹香嚢持ちとはいえ、男が後宮入りした例はなく、帝国への従属の証しとして嫁いでも、殺されてしまうかもしれない――。

    命令には逆らえず、セナは侍従一人だけを供にレスキア帝国へと向かう。
    そして迎えた皇帝との初夜。
    発情したセナが目にしたのは……。

    ※本作品は同タイトルの分冊版1~25巻に、書き下ろしSSとイラストを追加したものです。
  • 竜王の婚姻〈下〉 竜の頂と導く者【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】

    1,690pt/1,859円(税込)

    男でも妊娠可能な「惹香嚢」という臓器をもっているため、小国の王子であるセナは従属の証しとしてレスキア皇帝アリオスへと嫁ぎ、息子アスランを出産する。

    自分と同じ惹香嚢体で生まれたアスランが竜王の伴侶として婚配者に選ばれたため、セナは神山より派遣された獣人族の護衛官イザクとともに神山へ向かうことに。
    しかし、やっと辿り着いた神山では不可解なことが起こっていた。

    次々と消える惹香嚢体、
    謎の多い上位神官の行動、そして皇帝廃位――。

    利権を求め各国の思惑が交錯するなか、息子を守るため神山からの脱出を図るセナだったが……。

    ※本作品は同タイトルの分冊版26~49巻に、書き下ろしSSとイラストを追加したものです。

レビュー

竜王の婚姻【イラスト付き】【単行本書き下ろしSS付き】のレビュー

平均評価:4.3 21件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 壮大な世界
    しょこらさん 投稿日:2024/6/12
    話題になっているのと、表紙のイラストがすごく綺麗だったので読んでみたら、面白かったです。最初は冷酷で好きになれなかった皇帝だけど、不器用なだけなのかと思ったら、少しずつ応援したくなりました。でもイザクもカッコ良かったです。切なさもある壮大な 作品で、イラストも細かく丁寧で見惚れました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) なんだこれーーすごい!イラストも!
    ルビーさん 投稿日:2024/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 美しい表紙と、両手を縛られ獣人と交わるセナの扉絵に心奪われ、他サイトの無料話読みで四章〜不義〜まで読みましたがもーーー続きが気になって気になって(笑)こちらで改めて最初から一気に読みました。上下巻にまとまっててよかった!連載中だったらずーっとヤキモキが続いてましたマジで(笑)政略結婚で属国から帝国へ嫁いだセナ。オメガバースの変形と言っていいのか、孕むことができる、オメガに似た特異体質で皇帝の子を身籠る。嫁いだ相手は獅子の獣人であることを隠し、竜王から認められ周辺国を統治し君臨する皇帝アリオス。重臣たちの様々な思惑から誤解やすれ違いが続く2人と、2人の愛児アスラン(良い名だね〜♪アスランはヘブライ語で夜明け・暁、トルコ語で獅子って意味)を巡って繰り広げられる、王宮モノならではのドロドロはまさに大河ドラマ。心を取り戻したイザクのセナへの想い。アリオスとてセナは初めての愛。ラストでセナが「人間の選択」と命を賭して救おうとするものは………。良い!!!世界観にどっぷりハマりました!最初の方で、アスランが生まれてから1ヶ月も何の支援も音沙汰もなく、名付けすらなく放置されてたこと私的にはかなりムカついてたけど、下巻にアリオス視点でのその時の話もあって。ようやく溜飲が下がりました。あーーーこれこそまさに王宮ストーリーの醍醐味だなと(いや、むかつくのは変わらないけどね)。ルスキア・サーガ。カップリングの意見が分かれるのもわかるーー。セナの、イザクへの想いは初めは恐怖と緊張の中での吊り橋効果かと思ったけど。赤月の度に肌を重ねるだけでなく、人形の瞳に魂が宿るのを見てしまったら。個人的にはアリオス推しだけど。でもセナの想いもわかるよ。それぞれのキャラがほんとに魅力的。フオルもめっちゃいい従者で。もう書ききれない(笑)読めばわかります! 続きを読む▼
  • (5.0) 素晴らしい
    りったんさん 投稿日:2024/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 本当に素晴らしい世界観だと思います。たしかに長いお話ではあるのですが、逆にこの長さでこの世界、この登場人物達のお話を書き切ったのがすごいなと思います。むしろあと10巻…いや、せめて上中下巻とさらにボリュームがあってもよかったなと思います。人間らしい感情のないイザク、そして皇帝という立場故に素直に自身の心の内を明かさないアリオス、この二人の攻めがセナと心を触れ合わせることによって変わっていく様が…すごく好きでした。受けによって変わっていく攻め、というシチュエーションが大好物ということにこの作品を通して気付かされました。本当に素晴らしい作品だと思います。もっと読みたかったとはいえとても長い話なので簡単に人に「読んで!」とはいえないのですが、ファンタジーがお好きな方には是非一度読んでいただきたい。おすすめです。 続きを読む▼
  • (5.0) 読んで後悔はない!
    ありちかさん 投稿日:2024/5/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 読み応えありました〜! それぞれの登場人物にそれぞれの人生がある感じがして、すごく厚みのあるお話しでした。 攻め二人の場合のありがちな王と騎士と主人公の関係性ですが、完全に騎士との愛が優勢という珍しい展開。いいぞ、いいぞーと読み進めていきますが、王と主人公の挿絵が多いことから推測できる通り、騎士は儚くなって最終的には王と主人公がくっつきます。 でも、簡単にはくっつかないし、王の負うものの大きさもあって、王にも救いがあってよかったと感じました。 ストーリーが壮大で重厚で、まるで大河ドラマのようなので、「騎士一筋でいて欲しかった〜」みたいな軽い感想が出ないです。もう、史実かのように受け止めるのみ、と言う感じ。 読んで後悔はないので、おすすめします。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ