電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

狐の弱みは俺でした -眷愛隷属-(7)【イラスト入り】

890pt/979円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

魔を祓う力を持つ討魔師となった慶次は、恋人兼相棒の有生とバディを解消し、別々の相手と組んで仕事をする日々。だが2人の交際は順調で、人目を憚らずキスされたりとラブラブだけど、未だに慶次の家族の反対で同棲できない。ある日、慶次が憧れる有生の兄・耀司に子狼を預かってほしいと頼まれる。見習い眷属の子狼を全力子育てすることを約束した慶次。そして子育て中に慶次が新しい隣人と仲良くしていることが面白くない有生。そんな時、有生の能力が欲しい敵の一族の魔の手が…!?

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  7巻まで配信中!

  • 眷愛隷属 -白狐と貉-(1)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    高校生の慶次の夢は、討魔師になること。討魔師は神の使者である動物を眷族(けんぞく)として身体に宿し、その力も利用して魔を倒す存在。その討魔師試験のため本家を訪れた慶次は、大嫌いな天敵こと、白狐が眷属の本家の次男、有生と鉢合わす。会うたび「セックスしよう」とからかってくる有生に慶次はウンザリしつつ、過酷な試験を突破する。そんな慶次の初仕事はとり憑かれた兄を救うこと。ただ未熟な自分では太刀打ち出来ず、不真面目だが強い有生に助けを求めるが、見返りに身体を要求され!?
  • きつねに嫁入り -眷愛隷属-(2)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    討魔師という魔を祓う力を持つ一族の末端にいる慶次は、神の使者である子狸を身体に宿す半人前の討魔師。白狐が眷属のエリート討魔師の有生とは兄を助けてくれたお礼とはいえ、恋人でもないのに身体の関係があり、相変わらず、好きじゃないけど「セックスしよう」とからかわれる毎日。この異常な状況をどうにかしないとと思いつつも、有生に触られると狸耳が出ちゃうほど気持ちよくて蕩けてしまう! そんな2人が組んでの初仕事で、どうも有生を怒らせてしまったみたいで前途多難…!?
  • 狼に捧げたい -眷愛隷属-(3)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    討魔師という魔を祓う力を持つ一族の柚は、神の使者である白鹿を身体に宿している。そんな柚は子供の頃、助けてもらった本家の次期当主と目される、強くてかっこいい耀司を崇拝していた。かわいい容姿とは裏腹に、耀司の信奉者以外には容赦ない乱暴者の柚は、タスマニアデビルのようだと噂されている。ある日、2人で仕事をすることになるが、愛する耀司に尽くすために柚は1人で暴走し、敵に大事なものを奪われ…!? 耀司の弟・有生と半人前討魔師・慶次の狸も食わない喧嘩話も収録!
  • 狐の告白 狸の添い寝 -眷愛隷属-(4)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    討魔師という魔を祓う力を持つ一族の慶次は、神の使者である子狸を身体に宿す半人前の討魔師。バディであるエリート討魔師の有生にセックスを求められると断れず、互いに好きと認めないまま身体の関係が続いていた。そんな有生と距離をおこうとする慶次だったが、一族の当主で有生の父の再婚が発覚。父の再婚相手に冷たい態度をとる有生を更正させようと慶次は勝負を挑むが、負けた場合は「今後俺がやりたいと言ったら、素直に股を開くこと!」と有生に約束させられて!? 大好評眷愛隷属シリーズ4弾★
  • 恋する狐 -眷愛隷属-(5)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    討魔師という魔を祓う力を持つ一族の慶次は、神の使者である子狸を身体に宿す半人前の討魔師。バディであるエリート討魔師の有生とようやく互いの気持ちを認め合い、恋人同士になった。そこで初めてデートをするが、デート先の遊園地はイマイチ、初ラブホは気持ちよくなりすぎて、慶次の中で黒歴史に…。後日、デートをやり直したり、何だかんだとラブラブな日々を過ごしていたが、帰り際のキスを慶次の兄に見られてしまい家族会議に!! 有生との交際を反対されてしまった慶次は!? 大好評眷愛隷属シリーズ第5弾!
  • 狐の愛が重すぎます -眷愛隷属-(6)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    魔を祓う力を持つ討魔師となった慶次は、恋人兼相棒の有生とバディを解消し、別々の相手と組んで仕事をする日々。他人となかなか相容れないはずの有生が新バディの嬰子と上手くいってることに慶次はなぜかモヤモヤする。そんな時、親戚の和葉に、敵対する一族・井伊家から逃げ出した直純を助けてほしいと依頼される。通常の依頼とは別なので久しぶりに一緒に行動できることに嬉しさを隠せない2人。しかも道中、隙あらば慶次にエロいことを仕掛けてくる有生の愛が重すぎて…!?
  • 狐の弱みは俺でした -眷愛隷属-(7)【イラスト入り】

    890pt/979円(税込)

    魔を祓う力を持つ討魔師となった慶次は、恋人兼相棒の有生とバディを解消し、別々の相手と組んで仕事をする日々。だが2人の交際は順調で、人目を憚らずキスされたりとラブラブだけど、未だに慶次の家族の反対で同棲できない。ある日、慶次が憧れる有生の兄・耀司に子狼を預かってほしいと頼まれる。見習い眷属の子狼を全力子育てすることを約束した慶次。そして子育て中に慶次が新しい隣人と仲良くしていることが面白くない有生。そんな時、有生の能力が欲しい敵の一族の魔の手が…!?

レビュー

眷愛隷属のレビュー

平均評価:4.6 215件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 面白い!!
    MSさん 投稿日:2023/1/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 受けにしか優しくない攻め、最高です。最初の頃のケンカップルみたいな雰囲気も好きだったけど、自覚してからの有生はすごい。ブレない。甘々の溺愛。慶ちゃんと眷属以外に徹底して興味ないサイコパス攻めとかほんと最高。あと小狸ちゃんが毎回パワーアップして可愛い。癒し。こんな面白い作品なかなかないですよ。この先もずっと続いて欲しいシリーズ。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 子狸以下の恋愛音痴×2
    haruさん 投稿日:2018/8/17
    他サイトでは高評価だったものの、こっちではそうでもなかったので恐る恐るでしたが、いやあ面白かった。夜光先生なりのラブコメディになるのかな。かなり好きな作品好きなカップルです。さすが文章も上手い。あと、笠井先生のイラストもこれだけ素晴らしかっ たら値が張っても致し方ないと納得。1巻では設定やストーリーに引き込まれていたつもりが、いつの間にか独特な二人のカップリング、関係性にはまり込み、2巻では「ラブラブですぅ」な二人から目が離せなくなりました。形式的には恋人未満だしお互いに恋愛音痴故の無自覚だし決して「好き」とは言わないし認めない。それなのに、こんなに安心して読むことができるなんて、初めて知りました笑。そんな二人だけど、他の人の影なんてチラつきもしないし、有生なんてただの一途だし段々ワンコに見えてくるし、慶次はほだされ感あるけど離れがたくなっちゃってるし。萌えまくりです。愛のあるエチシーンはもちろんのこと、事後まで甘くて、ご馳走さまですぅ。と言いたい。そして、完結なんてしていないと信じたい。→続編出たみたい!!と思ったら、耀司兄さんがメインだった…。や、いいんですけどね…きっと面白いんだろうし。スパダリなんだろうし。二人の話も収録されてるっぽいし。スピンオフというよりはシリーズ続編扱いぽいので、次は有生慶次にメインが戻りますように…!! もっとみる▼
  • (5.0) ラブコメ?のような面白さ
    TJKさん 投稿日:2022/10/5
    6巻まで読んでの感想です。久しぶりに先生の作品&長編を読みましたが、やっぱり最高!!面白いです。シリーズならではの良さ(複数カプの話だったり登場人物の成長だったり)を存分に楽しめました。2巻が有生の兄(耀司)のスピンオフ的な話で、完全解決と なっていなかったようなのでその後を期待していましたが、6巻まで遂になかったのが少し残念です。でも慶次と有生の本編カプが、それを補って余りある活躍と笑いをくれて、終始吹き出しながら読めて良かったです。決してギャグに走っている訳ではなくて、真っ当な日本語を使って普通の会話をしているのに、微妙に噛み合わない…流れが変…状況に相応しくない言葉選び…そういうズレががあちこちに散りばめられていて、突発的な笑いを引き起こすので人前で読むのは危険だなと思う楽しさがあります。それから忘れていけないのが子狸の存在で、何もかもが可愛いくて一番見守りたい存在でした。最初の登場シーンから大笑いさせてくれて、成長して出世魚のごとく変わる真名と武器にも笑ってしまいました。その後も半人前なりに頑張る姿が可愛らしくて目が離せませんでした。6巻で一区切りついた感じはありますけど、もう何段階か成長してくれそうで、続きが楽しみです。 もっとみる▼
  • (5.0) よいσ(≧ω≦*)
    しぃさん 投稿日:2021/12/20
    討魔師を目指して日々鍛えている慶次は、子どもの頃に怖かった思い出があって、黒いもやもやしていたのに追いかけられていて討魔師の伯母さんに助けてもらった過去があるが、その後に高熱を出して寝込み記憶があやふやなまま成長した。 討魔師になるには本 家である試験を受けて合格したら、憑く動物が守り神となるらしい。 その本家の試験の立会人が本家の次男の有生というチャラチャラした男で、慶次はその夕生に会う度にからかわれていて好きじゃなかったが、一緒に試験を受けた兄と一緒に受かり、いざ憑く動物をとなって蛇がついた兄は別人の様になって姿を消す。それでも慶次は自分も探しますというが慶次は子狸が憑いたので、力不足だから一旦家に帰れと言われて戸惑い悩むが、有生には頼りたくないが兄の為にいやいやながらも有生に頼むと身体を差し出せと言われてしまうが、兄の為に渋々承諾した。 とにかく二人の掛け合いが意外と面白い所があって、内容は魔の退治物と思ってください。 でも、そんなに怖い訳でもなくて、結構読み易くて興味深い内容でした。 好きな方はたぶんはまりますね。 かくいう私もはまってしまいました。 まだ1巻しか購入してなかったので、追々揃えていきます。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ