漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

夢の終わりに、嘘を一つ吐きました

通常価格:
1,200pt/1,320円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数56件
夢の終わりに、嘘を一つ吐きました(1巻配信中)

作品内容

第一騎士団で、むさくるしい騎士たちとの生活に染まりきっていたアーシュラは、見た目も中身も女らしいところなんてひとつもない自分には、恋も結婚も、無理だと思っていた。そんな自分が、まさか優秀有能で知られるデューク・アイデンの妻になるなんて……。
身分差も能力差も承知の上で、デュークを信じて結婚を受け入れた。騎士団の任期が終われば、平和に暮らすはずだった。しかし、裏切りを重ねる夫についに耐えられなくなったアーシュラは、任期終了目前にして別れを選ぶ。
再び戦場に立つことを決意したアーシュラは、別れを決めながらも夫に「また明日会おう」と約束する。

たった一度の嘘だった。

もう二度と、会えなくなるなんて思ってもいなかったから……。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 夢の終わりに、嘘を一つ吐きました
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    第一騎士団で、むさくるしい騎士たちとの生活に染まりきっていたアーシュラは、見た目も中身も女らしいところなんてひとつもない自分には、恋も結婚も、無理だと思っていた。そんな自分が、まさか優秀有能で知られるデューク・アイデンの妻になるなんて……。
    身分差も能力差も承知の上で、デュークを信じて結婚を受け入れた。騎士団の任期が終われば、平和に暮らすはずだった。しかし、裏切りを重ねる夫についに耐えられなくなったアーシュラは、任期終了目前にして別れを選ぶ。
    再び戦場に立つことを決意したアーシュラは、別れを決めながらも夫に「また明日会おう」と約束する。

    たった一度の嘘だった。

    もう二度と、会えなくなるなんて思ってもいなかったから……。

レビュー

夢の終わりに、嘘を一つ吐きましたのレビュー

平均評価:3.9 56件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) また読み返したくなるようなお話
    モッチさん 投稿日:2021/3/30
    互いを大事に思っているのに違う方へと進んでしまう、何とも言えない悶々とする気分にさせられます。後半登場してくる人物によって少しずつ手繰り寄せられるのですが…良い意味でのモヤモヤ感、跡を引きそうなそんな気持ちにさせられる作品です。

高評価レビュー

  • (5.0) 自分の好みには反するんですが
    triad.7さん 投稿日:2019/12/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローあるいはヒロインがお互い以外と関係を持つパターンは好きではないんですが、この作品だけはどうしても読んでしまいます。 女性騎士がヒロインのせいか、物語の背景に綺羅きらしさはあまりありません。文章も淡々としている印象。何よりヒーローの行動は理由はともあれやはり許せないし、辛い展開に胸を抉られます。 でも、ヒューマンドラマというか、心情の描写にぐいぐい引き込まれ、辛いのに読んでしまいました。 ほとんど甘さが無いせいもあるのか評価が分かれるようです。私は辛いのに泣きながら繰り返し読んでしまいます。 最後も賛否両論あると思いますが、個人的にはハッピーエンドで良かったです。 web版も追って読みました。その後の物語も書籍化して欲しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) ずっと胸が痛かったです
    ゆっきーさん 投稿日:2020/2/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 他の方のレビューを読むと、結構受け入れられない部分があるのだなぁと自分の感想と違い考えさせられました。 私的にはその部分はお話としては有りで、その部分があるからこそのヒロインの行動に切なく、お互いの心の未熟さに大人になった2人が振り返る日々にも切なく引き込まれるお話でした。ヒロインだけでなくヒーローの心情も切なく、グッときます。 ライトノベルジャンルでは異色なストーリーかもしれませんが、私は好きでした。映画や小説を読んでいるような感覚で読み終わってからも余韻の残る作品です。 明るく楽しく面白くというのを求めているときには薦めませんが、どっぷり読みたい時には最適だと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 囚われています
    alfさん 投稿日:2020/1/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 爽快晴天のハッピーエンド、ではなく曇天のハッピーエンドを迎えるお話です。物語というものは現実のカタルシスだ。と思っているので、強い女が自力で幸せを掴む話が好きな筈なのに、2日たってもこの物語に囚われています。 強いけれど優しくて、自分を表現することの苦手な女。その彼女の元へ、多くの男性と同じで多くを語らない、語らなすぎる不器用な男が深夜の王都の街角を陰惨な思いで急ぐ後ろ姿。 何度もこのシーンが映像として私の中に現れては私を泣かせます。 読んだ直後はこの話は辛いから2度と読むまい。 と思っていましたが、時間をおいてまた読みたくなるだろうと予感しています。 続きを読む▼
  • (5.0) 繰り返し読みたい作品です
    モンブランさん 投稿日:2020/12/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 ストーリーが良かった。ヒロインの戦場での怪我のため子供は望めないかも知れないという件何か伏線めいたものを感じた。後半小さな女の子の登場にニヤリとした。主人公達の愛し合う様子はチョピリエロさもあり互いに好きなに微妙な心のずれがすれ違い不幸な結果を招く。騎士のヒロインは魅力的です。ヒーローは私の中では挿絵よりクールでオトナなイケメンに変換されていてストーリーの先が気になりやや斜め読みするように一気に読んでしまった。お気に入りの他のラノベ作品の宰相と重ね満足感に浸っています。また時間ある時読み返してみるつもりです。 続きを読む▼
  • (5.0) 正反対な2人
    satyさん 投稿日:2019/4/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 騎士として命を賭ける平民ヒロインと、王子の補佐官で目的を遂げるためには手段を選ばない子爵次男のヒーロー。 ヒーローの貞操観念がおかしいのは貴族社会全体の問題として片付けることができれば、ヒーローのヒロインを守りたい気持ちも分かります。褒められた行動では全然ありませんが。 ヒロインの真っ直ぐでサッパリしたところ、ヒーローだけを愛しているところかまた良かったです。初めからずっと切ない展開が続きますが、深い愛のお話だと思います。 ヒーローsideも豊富で私は好きなお話でした。 続きを読む▼
▲ページTOPへ