電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

『王の鞘』として七使徒に選定され、煌びやかな王宮へ――。魔術師ユリウスに会えるかも、と期待と不安に揺れるリオ。けれど、登城初日に出会ったのは、身分の低いリオを蔑み、使徒など不要と公言する貴族たち。七使徒排斥の空気が漂う中、ついに国王との謁見の日が訪れて!? 魔女がリオを狙う理由や、ユリヤの呪いの謎、第二王子の行方――全ての鍵を握る、失われた記憶に迫る、緊迫の王宮編!!  ※口絵・イラスト収録あり

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 王を統べる運命の子(1)

    660pt/726円(税込)

    戦禍の残る貧しい国境の街に、王都から遣いがやってきた!? 国王を守護する「七使徒」選定のためらしい。白羽の矢が立ったのは、三年前の記憶を失くした孤児のリオ。 仕事もろくに貰えず、その日暮らしの俺がなぜ!? 呆然とするリオは、黒衣の魔術師ユリウスと、王都を目指す旅に出るが…!? 色褪せた辺境から、鮮やかな大海へ――激変する運命と恋に翻弄されるドラマチック・ファンタジー開幕!! ※口絵・イラスト収録あり
  • 王を統べる運命の子(2)

    690pt/759円(税込)

    『王の鞘』として七使徒に選定され、煌びやかな王宮へ――。魔術師ユリウスに会えるかも、と期待と不安に揺れるリオ。けれど、登城初日に出会ったのは、身分の低いリオを蔑み、使徒など不要と公言する貴族たち。七使徒排斥の空気が漂う中、ついに国王との謁見の日が訪れて!? 魔女がリオを狙う理由や、ユリヤの呪いの謎、第二王子の行方――全ての鍵を握る、失われた記憶に迫る、緊迫の王宮編!!  ※口絵・イラスト収録あり
  • 王を統べる運命の子(3)

    750pt/825円(税込)

    俺は生きた人間じゃない、命を与えられた土人形だった――!! 愛する王ルストに命を返すため、自ら川に身を投げたリオ。ところが、目覚めたリオの傍らにいたのは、敵対していたはずのフェルナン!! 殺したかった俺をなぜ助けたの…? 混乱と不信を抱えつつ、未来を予見する塔主が待つ「北の塔」へと連れられて!? 命の期限を切られたリオと、認めたくない王の激情が狂気と執着を孕む彷徨編!! ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

王を統べる運命の子のレビュー

平均評価:4.3 26件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 完結済みじゃないと
    Camperさん 投稿日:2022/10/12
    先生がうますぎるんでしょうね、、大変面白いけど、完結してないのを買ってしまうと、非常ーにつらいと学びました。先生のTwitterもじい〜って毎日見てるけど、なっかなか、この新刊情報が出ない、、。 次が完結らしいからたのしみにしてますが、待 つ身はツラい!2年おきくらいに出るなら、最終巻は2024年?、、待ち遠しすぎないか、、 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 死と愛情と世界の謎と
    もよ。さん 投稿日:2022/2/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 現在3巻まで出ていますが、もう1巻で完結予定らしいです。毎巻気になる所で終わりますので(特に2、3巻)、続き早く〜ってなります(笑) 攻めと受けが交互に死を覚悟して、相手に愛情注ぎすぎると相手が傷付くから受け入れられない......みたいになります。これホントに!攻めでその感じやったと思ったら、受けでもこれなります。終始受け目線固定なので、立場は逆転しますが。片一方が愛情示したら、片一方が死を覚悟して受け入れない。ジレンマ〜! 3巻では主人公がちょっと意固地(?)すぎるので、あまり好きじゃなかったです。考えを変えるきっかけが複数個出てくる感じがするのに、その度に変わるのかな〜?あれ?変わらないんだ.....、みたいな。2人は想いあってはいるので、世界の謎が明らかになるまで完全にくっつける訳にはいかないから.....っていう感じがしないでもないです。でもそれぞれのキャラの考え方によってのすれ違いなので私の考えは違うかな(?)wちょっとジリジリしすぎて文句言いたくなってしまいました(笑) 内容は勿論面白いです!ファンタジーならではの世界の謎も明らかになってきて、続きが早く読みたいです!世界の謎を解き明かしながら、命と愛情がどうなるのか。2人の幸せを期待して、続きを楽しみにしています。 続きを読む▼
  • (5.0) 4.8☆
    さくらんさん 投稿日:2022/4/9
    BLファンタジー小説。好きなジャンルだったのでクーポンで買ったものの、イラストがそんなに好みじゃないというか...あまり惹かれず、しばらくそのままでした。 ついに読もう!と思って読みだしたら、どんどん引き込まれて続きが気になって...設定 もストーリーも深く壮大で丁寧で、ストーリーとラブの比率も良く、すごく好みの作品でした。といっても、主要キャラもそんなにいないし、名前も覚えやすく理解しやすく難しい作品ではないです。キャラは魅力的ですが、主人公のリオは結構拗らせてて、王も少し拗らせてますので、ウジウジ重いところもあります、が、この先どうなるのかはまだわかりません。 完結してないんですよね〜続き気になってたまらない。はやく読みたい。古代風ファンタジーってすべてが儚く美しくエモい。3巻までのの評価は4.8☆ もっとみる▼
  • (5.0) 生きる意味とは何か。
    マサキガスキーさん 投稿日:2022/2/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 命とは何か。こんなにぐるぐると考え続ける主人公見たことない。出自がそうさせてるのかもしれないけど、真面目という言葉では片付けられない位いつも真剣だし、常に楽な方とは逆行して生きてるなぁと思う。 そんなリオに結果として振り回されるルスト、フェルナン、アラン。健気な生き方、真摯な態度にぐっと心臓掴まれちゃってるんだろうなぁ。それは恋や愛ではないのかもしれないけど、皆惹かれてる感が面白い。皆リオを何とかしてあげたいと思って行動してる それにしても次巻で終わるかな?あと2-3冊は行きそうな雰囲気で読んでたけど。2巻-3巻出るまで1年かかったのか…待ち遠しいなんてもんじゃない。 恋愛要素薄め(いや、愛は深いんだけども)なのに、ぐいぐい読めてしまう。ハピエンになるか心配…ドキドキ 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ