マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP雑誌・写真集雑誌KADOKAWAダ・ヴィンチダ・ヴィンチダ・ヴィンチ 2022年10月号
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

ダ・ヴィンチ 2022年10月号

500pt/550円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

【販売終了】

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』10月号第一特集は「東野圭吾最前線!」。「ガリレオ」シリーズのこれまでのドラマや映画はいずれも大ヒット。映画化第3弾となる『沈黙のパレード』が9月16日に公開されます。映画のキャスト・監督のインタビューの他にも、気鋭の作家が対談で東野作品の凄さを語り、さまざまなジャンルの作品レビューで、常にベストセラーとなる東野作品の魅力を考察します。第二特集は「『ベルサイユのばら』の軌跡」。今年50周年を迎える『ベルばら』。今読んでも新たな発見があり、長く愛されるこの作品の奥深さに迫ります。そのほか話題の本のインビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
※本電子書籍の配信期間は、2022年12月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • ダ・ヴィンチ 2022年11月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』11月号第一特集は「動物マンガを愛でる」。経済的、時間的、様々な理由で現実的にはなかなか難しいけれど、動物とともに過ごす毎日を夢見ている私たちに癒しをくれる動物マンガ。SNSから火が付く作品も増えました。今回は近年の話題作、懐かしの名作をテーマ別ご紹介します。そして動物医療や保護、介護についての声も取り上げました。第二特集は「『アイドリッシュセブン』の世界」。2015年にスマートフォン向けアプリゲームとして産声をあげた『アイドリッシュセブン』。通称『アイナナ』は現在、累計ダウンロード数500万突破。7周年を迎えた今もなお多くのファンに愛される作品の作り手たちに話を聞きました。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年1月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年10月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』10月号第一特集は「東野圭吾最前線!」。「ガリレオ」シリーズのこれまでのドラマや映画はいずれも大ヒット。映画化第3弾となる『沈黙のパレード』が9月16日に公開されます。映画のキャスト・監督のインタビューの他にも、気鋭の作家が対談で東野作品の凄さを語り、さまざまなジャンルの作品レビューで、常にベストセラーとなる東野作品の魅力を考察します。第二特集は「『ベルサイユのばら』の軌跡」。今年50周年を迎える『ベルばら』。今読んでも新たな発見があり、長く愛されるこの作品の奥深さに迫ります。そのほか話題の本のインビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年12月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年9月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』9月号はぶちぬき大特集で「再発見!『ONE PIECE』」。全世界累計発行部数5億部超の大ヒットマンガ『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』が8月6日に公開。尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める今作で描かれるのは、“シャンクスの娘”。これまで明かされなかった原作にも連なる“親子”の物語は、きっと『ONE PIECE』とあなたを再び出会わせます。映画の紹介とともに、さまざまな記録を打ち立ててきた『ONE PIECE』の歩みや、作品を愛するあの人たちからのメッセージなど濃密な特集です。そのほか話題の本のインビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年11月4日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年8月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』8月号の第一特集は、「2022年の『ハリー・ポッター』」。1997年にイギリスで産声を上げたその物語は1999年に日本中を席巻しました。後の映画化も大ヒットし、ついにこの夏、日本でアジア初上陸となる舞台が開演。第1巻刊行から25年経っても、世界中で愛され続けるこの物語の奥深さにいまふたたび迫ります。第二特集は「矢沢あいに恋して」。1990年~2000年代に数多くのヒットを生み出した矢沢あい作品は、今でも多くの女性に愛され続けています。恋にもがきながらも前を向くヒロイン、憧れたファッション、心に残るセリフ──珠玉の名作の数々。その魅力をひもときます。今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年10月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年7月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』7月号の第一特集は、「日本全国ご当地おやつ物語」。土地に根差したおやつは、そこで過ごした記憶につながります。人気作家&マンガ家が、ゆかりの土地のおやつを語ります。北から南まで、はたまた海外まで、「おやつ」という文化を追いかけます。第二特集は「新星 ─コムドットの熱狂─」。近年、書店を巡っていると見かけるYouTuberの著作。なかでも、書店内の棚や平台で躍進する5人組YouTuber「コムドット」。動画と本の関係とは? 出版界を新たに席巻する彼らの魅力に迫ります。今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年9月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年6月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※第一特集「ムーミン谷の哲学」は電子版には掲載がありません。
    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』6月号の第二特集は「ショートカットの女たち」。髪を短くしつづける人もいれば、新たな一歩を踏み出すためにバッサリと髪を切る人もいる。時代を映すヘアスタイル──それぞれのショートカットの背景に宿る物語をひもときます。2022年本屋大賞受賞『同志少女よ、敵を撃て』。話題作の著者、逢坂冬馬さんのロングインタビューと受賞作の試し読みを掲載! 今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年8月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年5月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』5月号の第一特集は、「夢を織りなすCLAMP」。“コラボレーション”をテーマに、さまざまな作品や人、文化との掛け合わせによって多様な形で“夢”を織りなしてきた“創作集団CLAMP”が目指すものとは。第二特集は「百花繚乱“美しい”BLの世界」。映像化が相次ぎ、大注目の作家も続々登場、まさに“百花繚乱”のBL界。今回は“美しさ”という切り口からその魅力をひもときます。今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年7月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年4月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』4月号の第一特集は、「角田光代~物語が持つ力を信じて~」。『源氏物語』の現代語訳という大役を終えて取り組んだ長編小説『タラント』。作品に込めた思いとは。30年を超えるキャリアの中で生み出された数多の物語を厳選ブックガイドでご紹介。谷 真海さん(パラアスリート)との対談や、作家や著名人が語る角田光代さんの素顔など濃密な特集です。第二特集は「本のそばには、いつも珈琲」。本と珈琲は最高の相性!本と珈琲を手にして、ちょっとした贅沢時間を味わいましょう。今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年6月3日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年3月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』3月号の第一特集は、「ラジオが紡ぐ合言葉」。自宅で過ごす時間が増え、あらためて人気が高まっているラジオ。声だけで発信されるラジオは、パーソナリティとリスナーの距離が近くに感じられ、秘密を共有したようなそんな特別感をもたらしてくれます。私たちの心をつかんで離さないラジオの言葉とは。第二特集は「伝えたい気持ちを、本で贈る。」。素直な気持ちほど伝えるのは難しい。ありがとう、ごめんね、がんばって。言葉にするのはちょっと恥ずかしい気持ちも、本に託して贈ってみませんか?今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年5月3日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年2月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』2月号の第一特集は、「『呪術廻戦』~愛と呪いは紙一重~」。2021年12月24日に全国公開された『劇場版 呪術廻戦 0』は『呪術廻戦』の前日譚。『0』から『呪術廻戦』へと連なるのは、おどろおどろしい“呪い”の物語。それがどうしてこんなにも多くの人々を魅了するのか──キャスト声優インタビュー、作家の読み解き、原作解剖と多角的に迫ります。第二特集は「占いのことば」。すてきな「ことば」を信じて2022年を運よく生きていくために、ダ・ヴィンチ初の占い特集です。今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年4月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。

レビュー

ダ・ヴィンチのレビュー

平均評価:5.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 2023.9月号
    ゆきさん 投稿日:2023/8/5
    書店で紙の本を予約してるのに、早く読みたくてこちらでも購入してしまいました。 表紙の八木勇征くんのファンなので買わずにはいられませんでした。中の写真もインタビューも勇征くんの魅力が満載で素敵なページでした。ありがとうございました。 遠く てなかなか行けそうにないけど、ハリーポッターの世界を体験しに行きたくなりました! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 本が好きなら楽しく読める
    みかんさん 投稿日:2023/2/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 毎号、自分の知らなかった読書知識や体験を増やすことができる、充実した内容だと思います。基本的に小説やコミックといった本の紹介や著者インタビューなどの特集が組まれていますが、加えてその書籍をもとにした映画やドラマなどの分野にも触れられているページもあります。ジャンルも様々であり、例えばある時は本格的ミステリーを深く分析したり、またある時には現代のSNSをきっかけとして生まれた作品を取りあげるなど、テーマも毎回異なっていて面白いです。 続きを読む▼
  • (5.0) 22年5月号
    MWさん 投稿日:2022/4/13
    22年5月号は第一特集がCLAMP先生、第二特集がBLと刺さる人には刺さりまくる構成。紙版雑誌は品薄だそうで、電子版は雑誌より半額近く安いし、BL特集は全ページ収録ありましたので、おすすめです。特に「美しい彼」実写版清居の美しすぎるピンナッ プが。。一輪の白い薔薇と共に。(凪良ゆう先生が清居のイメージと聞かれて、白い薔薇と回答したらあの写真になったそうです) もっとみる▼
  • (5.0) 矢沢あい先生の特集!!
    スイさん 投稿日:2022/7/22
    矢沢あい先生の特集に惹かれて、初めて雑誌部門を購入しましたが、拡大しても文字崩れやぼやけもなく読みやすかったです。そして肝心の特集も最高でした!メールSPインタビュー、ファンの方は必見です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ