マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP雑誌・写真集雑誌ネコ・パブリッシングRM Library(RMライブラリー)RM Library(RMライブラリー)RM Library(RMライブラリー) Vol.288
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

RM Library(RMライブラリー) Vol.288 NEW

1,250pt/1,375円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。小湊鐵道は千葉県の五井~上総中野間39.1kmを結ぶ非電化私鉄で、古風な気動車が走る風光明媚な路線として注目を集めている東京駅から50km圏の五井駅(千葉県市原市)を起点とする小湊(こみなと)鉄道。大多喜町の上総中野までを結ぶ全長39.1kmの非電化私鉄で、今から100年前の1924(大正13)年に着工、1928(昭和3)年に現在の路線が開通したという長い歴史を持ちます。開業当初は蒸気動力でしたが、戦前よりガソリンカーやディーゼルカーといった内燃機関動力の採用も積極的で、1961(昭和36)年より製造されたキハ200形は現在でも主力として活躍しています。近年は「房総里山トロッコ」の運転やJRからのキハ40形譲受など話題も豊富で、風光明媚な景色の中を古風なディーゼルカーが走るとして、SNS全盛の現代に改めて注目を集めています。今回は小湊鐵道について、「路線・沿革編」「車両編」の2巻にわたって解説します。目次口絵写真巻頭カラーグラフ 首都圏近郊のオアシス 小湊鐵道房総横断のジャンクション 上総中野駅での出会い今昔はじめに1.小湊鐵道のヒストリー/1.1 大正期以前の房総半島鉄道事情と小湊鐵道の開業1.2 上総中野~小湊間延長断念および幻の新線計画1.3 開業から昭和戦前、戦中期までの状況1.4 戦後の動向 気動車増備と形式統一化2.施設のあらまし/2.1 施設概要2.2 小湊鐵道各駅2.3 歴史的建造物など3.運行と列車の変遷4.南総鉄道/4.1 南総鉄道小史4.2 南総鉄道の車両路線・沿革編のおわりに奥付・既刊紹介・英文

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • RM Library(RMライブラリー) Vol.288

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。小湊鐵道は千葉県の五井~上総中野間39.1kmを結ぶ非電化私鉄で、古風な気動車が走る風光明媚な路線として注目を集めている東京駅から50km圏の五井駅(千葉県市原市)を起点とする小湊(こみなと)鉄道。大多喜町の上総中野までを結ぶ全長39.1kmの非電化私鉄で、今から100年前の1924(大正13)年に着工、1928(昭和3)年に現在の路線が開通したという長い歴史を持ちます。開業当初は蒸気動力でしたが、戦前よりガソリンカーやディーゼルカーといった内燃機関動力の採用も積極的で、1961(昭和36)年より製造されたキハ200形は現在でも主力として活躍しています。近年は「房総里山トロッコ」の運転やJRからのキハ40形譲受など話題も豊富で、風光明媚な景色の中を古風なディーゼルカーが走るとして、SNS全盛の現代に改めて注目を集めています。今回は小湊鐵道について、「路線・沿革編」「車両編」の2巻にわたって解説します。目次口絵写真巻頭カラーグラフ 首都圏近郊のオアシス 小湊鐵道房総横断のジャンクション 上総中野駅での出会い今昔はじめに1.小湊鐵道のヒストリー/1.1 大正期以前の房総半島鉄道事情と小湊鐵道の開業1.2 上総中野~小湊間延長断念および幻の新線計画1.3 開業から昭和戦前、戦中期までの状況1.4 戦後の動向 気動車増備と形式統一化2.施設のあらまし/2.1 施設概要2.2 小湊鐵道各駅2.3 歴史的建造物など3.運行と列車の変遷4.南総鉄道/4.1 南総鉄道小史4.2 南総鉄道の車両路線・沿革編のおわりに奥付・既刊紹介・英文
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.287

    1,350pt/1,485円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。【特集】スハ44系客車の履歴書スハ44系は、1951(昭和26)年に幹線特急用として49両が製造された客車で、前向きの2人掛け座席が並ぶ3等車は当時「特ハ」として一般車両と区別されました。東京~大阪間の「つばめ」「はと」など花形列車でデビュー、特に1956年の東海道線電化完成時には煤煙と無縁になったことから編成全体の塗色をライトグリーンに一新、その雄姿はファンから「青大将」と呼ばれ親しまれました。さらに山陽特急「かもめ」や東北特急「はつかり」にも使用されましたが、1960年に151系電車や80系気動車が登場すると特急運用は激減、また終端駅での方向転回が嫌われ、座席を回転式に改造して夜行急行や観光団体列車などに使用されますが、それらも削減されて他形式に改造されたほか、一部は四国に渡りローカル列車で使用されました。本書では各地を転々とした44系客車の波乱万丈な生涯を、多数の写真や編成記録を交え全64頁で解説します。目次口絵写真カラーグラフ 特急列車からローカル列車まで スハ44系客車の生涯はじめに1.特急用客車の誕生column 1 戦前の「特ハ」、スハ332.難航した山陽特急と急行での当座使用3.「青大将」への衣替え4.「かもめ」の編成替えと「さくら」への転身5.「はつかり」の新設6.特急運用からの離脱、急行用改造と観光団体列車column 2 実はなかった?「観光団体色」column 3 南紀観光号は何回向きを変えたか7.「みずほ」での特急運用復活8.1960年代の急行運用9.冷遇されるスハニ35とローカル線への転身column 4 要人用列車で重宝されたスハニ35column 5 電暖改造されなかったスハ44系10.荷物車、事業用車への改造column 6 1輌だけ出現したオハネ17改造車11.廃車と四国への転属12.大井川鉄道へ13.三角線での転向14.形式別解説column 7 スハ44系は何色かおわりにスタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.286

    1,137pt/1,250円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。

    特集:夕張鉄道 車両編 -炭都を支えたSLと気動車-

    北海道有数の炭鉱都市・夕張市と函館本線に接続する野幌の間53.2kmを、およそ半世紀の間結んでいた夕張鉄道。部分開業の1926(大正15)年から廃止となる1975(昭和50)年までの間に、蒸気機関車をはじめ客車・貨車、蒸気動車、気動車、ディーゼル機関車とさまざまな車両が活躍しました。本書「車両編」では、創業時に導入されたコッペル型やコンソリ型などの蒸気機関車やDD13形類似のディーゼル機関車、国鉄譲渡車や自社発注などの客車、キハ07タイプの流線型前面や湘南型前面の新造気動車など、個性的な車両群について写真や図面とともに解説します。


    目次
    口絵写真
    車両編のはじめに
    1.蒸気機関車/1.1 初期の蒸気機関車
    1.2 夕張に咲いたコンソリの傑作
    1.3 個性豊かなキューロク
    2.内燃機関車
    3.蒸気動車
    4.気動車
    5.客車/5.1 開業時の客車・鉄道省払下げ車
    5.2 開業時の客車・自社発注車(梅鉢鉄工所製)
    5.3 神中鉄道払下げ車
    5.4 自社発注客車(日本車輌製)
    5.5 戦後の国鉄払下げ車
    6.貨車/6.1 有蓋車
    6.2 無蓋車
    6.3 その他の貨車
    6.4 石炭輸送
    6.5 化成品輸送用タンク車
    7.その他の車両/7.1 雪と闘う
    7.2 借入車両/7.3 夕張鉄道の遺産
    資料:在籍車両一覧表
    参考文献・資料
    おわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.285

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    明治から大正にかけて開発の進んだ炭鉱都市・夕張と札幌地区を結ぶため、今から100年前の1924(大正13)年に夕張鉄道が創設されました。1930年に新夕張(後の夕張本町)から野幌までの53.2kmが全通し、石炭輸送や旅客輸送で繁栄しましたが、札幌方面へ直通できない鉄道よりバスの方が有利であったことや炭鉱の閉山も相次いだことで、1975年に鉄道線は廃止されました。現在では「夕張鉄道」の名称のままバス事業者として存続しています。本誌ではその路線と沿革を紹介します。




    目次
    口絵写真
    はじめに
    1. 夕張鉄道の歩み/1.1 夕張炭田の開発
    1.2 夕張鉄道株式会社設立
    1.3 野幌延長
    1.4 気動車導入とバス複合輸送
    1.5 大勝号/1.6 幻の新路線
    1.7 東急と札幌急行電鉄
    1.8 平和炭鉱の増産と機関車増備
    1.9 合理化の進展と鉄道廃止
    1.10 「夕鉄」の残像
    1.11 列車運行状況・輸送量と収支
    1.12 夕張鉄道の施設
    2. 夕張鉄道各駅停車
    3. 接続する専用鉄道・専用線
    おわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.284

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    「コトデン」の愛称で親しまれている香川県の高松琴平電気鉄道は、自社発注車や譲渡車を含め実に多彩な車両が活躍したことで知られています。同社は明治から大正時代にかけ設立された3つの鉄道が1943年に合併して誕生しましたが、もともと志度線は東讃電気軌道、長尾線は高松電気軌道、琴平線は琴平電気鉄道として設立されました。下巻では比較的記憶に新しい1960年代以降の譲渡車両について解説します。終戦直後の混乱期を脱し、阪神や京浜急行など改軌工事の不要な標準軌の大手私鉄からまとまった数の車両が入線することで、琴電の車両近代化は急速に進んでいきました。



    目次
    口絵写真
    下巻のはじめに
    7. 1960年代の譲渡車/8000型(810)/820型(820)
    820型(820)
    850型(850)
    20型(21~24)
    950型(950・960)
    30型(27~39)/50型(55~57)
    50型(55~57)
    750型(750・760・770)
    1020型(1021~1036)
    Column6:琴電における台車改軌について
    8. 1970年代の譲渡車/780型(780・790)→860型(860・870)
    780型(780・790)→860型(860・870)
    740型(740)→890型(890)
    70型(71・72)
    70型(73)/80型(81・82)
    80型(81・82)
    30型(25~38)
    京急から琴電へ
    Column7:工場施設の変遷
    9. 阪神・三岐からの譲渡車/1050型(1051・1052)
    1060型(1061・1062)
    1053型(1053・1054)
    1013型(1013・1014・1015・1016・1017)/1063型(1063)
    1063型(1063)
    おわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.283

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    「コトデン」の愛称で親しまれている香川県の高松琴平電気鉄道は、自社発注車や譲渡車を含め実に多彩な車両が活躍したことで知られています。同社は明治から大正時代にかけ設立された3つの鉄道が1943年に合併して誕生しましたが、もともと志度線は東讃電気軌道、長尾線は高松電気軌道、琴平線は琴平電気鉄道として設立されました。中巻では1940~50年代の譲受車および急行用車両について紹介します。



    目次
    口絵写真
    中巻のはじめに
    4. 1940年代後半の譲渡車/60型・70型
    60型・70型
    60型更新車
    80型
    7000型・9000型
    5. 琴電の急行用車両/10000型
    10000型
    1010型
    12000型
    Column:琴電における貫通幌について
    6. 1950年代の譲渡車/21
    2000型・60型67
    イメージカット
    6000型
    70型74・ 920型
    10型・90型
    Column:琴電における車体鋼体化・車体新造について
    中巻のおわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.282

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    「コトデン」の愛称で親しまれている香川県の高松琴平電気鉄道は、自社発注車や譲渡車を含め実に多彩な車両が活躍したことで知られています。同社は明治から大正時代にかけ設立された3つの鉄道が1943年に合併して誕生しましたが、もともと志度線は東讃電気軌道、長尾線は高松電気軌道、琴平線は琴平電気鉄道として設立されました。上巻では前身各社の生い立ちや琴電合併前に製造された車両を中心に紹介します。



    目次
    口絵写真
    はじめに
    1. 高松琴平電気鉄道の沿革/1.1 長尾線の高松電気軌道/1.2 志度線の東讃電気軌道
    1.2 志度線の東讃電気軌道
    1.3 琴平線の琴平電気鉄道
    Column1:塩江温泉鉄道
    1.4 高松琴平電気鉄道になってから
    Column2:高松周辺の登山鉄道
    2. 琴電前身各社の車両/2.1旧東讃電気鉄道の車両/1型(1~12)
    1型(1~12)
    変1型/撒水車(101)
    50型
    2.2 旧高松電気軌道の車両/20型/30型
    イメージ写真(3000型)
    2.3 旧琴平電気鉄道の車両/1000型
    1000型
    3000型
    5000型
    3. 高松琴平電気鉄道(琴電)の車両(貨車由来のもの)/11000型
    11000型
    13000型(1310・1320)
    デカ1型(1)
    Column3:琴電における方向転換について
    上巻のおわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.281

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    鉄道が陸上交通の主役であった1960年代までは全国各地の私鉄で貨物営業が行われていましたが、道路が整備され貨物輸送の主役がトラック輸送に代わると、貨物輸送を縮小・廃止する鉄道が相次ぎ、貨物用電気機関車も減少傾向となりました。1993年4月時点で貨物営業を行っていた電化私鉄は全国で8社でありましたが、30年を経過し秩父鉄道、黒部峡谷鉄道、三岐鉄道のわずか3社まで減少しました。下巻ではそのうち黒部峡谷鉄道、三岐鉄道をはじめ、貨物輸送以外の用途で残る車両も含め、この30年の間に在籍した西日本地区の14社の電気機関車について紹介します。




    目次
    口絵写真
    下巻のはじめに
    17. 岳南電車(←岳南鉄道)
    18. 大井川鐵道/18.1 大井川本線
    18.2 井川線
    19. 遠州鉄道
    20. 豊橋鉄道
    21. 名古屋鉄道
    22. 黒部峡谷鉄道
    23. 富山地方鉄道
    24. 北陸鉄道
    25. えちぜん鉄道(←京福電気鉄道)
    26. 福井鉄道
    27. 三岐鉄道
    28. 近江鉄道
    29. 近畿日本鉄道
    30. 神戸電鉄
    資料:私鉄電気機関車一覧表(下巻分)
    おわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.280

    1,350pt/1,485円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    鉄道が陸上交通の主役であった1960年代までは全国各地の私鉄で貨物営業が行われていましたが、道路が整備され貨物輸送の主役がトラック輸送に代わると、貨物輸送を縮小・廃止する鉄道が相次ぎ、貨物用電気機関車も減少傾向となりました。本誌では1993年に在籍した車両とそれ以降に入線した車両の生い立ちとその後を紹介。上巻では東日本を中心に16社分を掲載します。



    目次
    巻頭カラーグラフ:私鉄の電気機関車
    口絵写真
    はじめに
    1. 弘南鉄道/1.1 弘南線
    1.2 大鰐線
    2. 十和田観光電鉄
    3. くりはら田園鉄道(←栗原電鉄)
    4. 蒲原鉄道
    5. 越後交通
    6. 長野電鉄
    7. アルピコ交通(←松本電気鉄道)
    8. 上信電鉄
    9. 銚子電気鉄道
    10. 東武鉄道
    11. 西武鉄道
    12. 小田急電鉄
    13 .相模鉄道
    14. 秩父鉄道
    15. 伊豆急行
    16. 伊豆箱根鉄道駿豆線
    資料:私鉄電気機関車一覧表(上巻用)
    上巻のおわりに
    スタッフ
  • RM Library(RMライブラリー) Vol.279

    1,250pt/1,375円(税込)

    ※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページ、付録が含まれない場合がございます。
    太平洋戦争中に空襲や事故などで被災した車両を、戦後、応急的に復旧させたものが70系戦災復旧客車です。376両が製造されましたが、あくまで応急処置であったため、一部が荷物車などに改造された以外は1960年代までに大半が廃車されました。下巻ではスニ75・マニ76・マニ77(後にマニ78に改番)の荷物車と試験車スヤ71形、事業用車への改造例を解説。また、巻末には救援車などの事業用車車歴と、戦災復旧客車全体の番号変遷表を収録しています。



    目次
    口絵写真
    下巻のはじめに
    4. 形式別解説(郵便・荷物車)続き/4.12 スニ75形
    4.12 スニ75形
    4.13 マニ76形
    4.14 マニ77 → マニ78形
    5. 形式別解説(事業用車)/5.1 スヤ71形
    5.1 スヤ71形
    6. 事業用車への改造/6.1 職用車/6.2 配給車
    6.3 救援車(1)窓の少ない救援車
    (2)電車車体が残る例
    (3)客車車体が残る例
    (4)改造時期に疑問が残る例
    (5)振替車
    資料:事業用車車歴表
    資料:番号変遷表
    終わりに
    スタッフ

レビュー

RM Library(RMライブラリー)のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) う〜ん、深い
    WxYさん 投稿日:2023/10/20
    70系戦災復旧車は、その出自が大変複雑で、それを体系的にまとめた本書は、70系戦災復旧車の研究にとてもありがたい存在です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ