マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)小説秋水社ORIGINALBL桃色図書室東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝30 タンゴ『碧空』(1)
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝30 タンゴ『碧空』(1)
36巻配信中

東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝30 タンゴ『碧空』(1)

700pt/770円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

俊一と愛し合うようになって、ようやく透は悟ったような気がしていた。

(俺は、巽さんに恋して自分から離れ、良と逃避行をして、そのあと捨てられ、島津さんと究極の愛を確かめたまま置いてきぼりにされて、島津さんに死なれてしまったジゴロだったのに……)

どれほど傷つき、どれほど『ここにいる』『そこにある』、ただそれだけの愛を求めていたか――

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  36巻まで配信中!

  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝21 ラ・ヴィ・アン・ローズ(4)

    500pt/550円(税込)

    元アイドルでジゴロの透の《飼い主》だった、プロデューサー島津正彦が薬物による自殺、という衝撃のさいごをとげてから一年あまり。

    島津に最後に抱かれて以来、もう、そんなことは一生縁がないだろう、と思っていた透だった。だが、渥美に手酷く強姦され、放心状態で彷徨っている俊一を保護し、彼の、以前の印象とは裏腹なかよわさや幼さに戸惑いながらも強烈に惹かれてしまう。

    渥美の突然死で、彼の妄執から逃れられるかとみえた俊一だったが、渥美の遺児、二人の兄弟が、俊一に異常なまでの関心と欲望を持っていると透は知る。俊一を守ろうとして、兄弟に3Pの誘いを持ち掛けるが――

    『翼あるもの』『朝日のあたる家』『ムーン・リヴァー』を経て、森田透の≪再生≫が描かれる長編外伝。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝22 ラ・ヴィ・アン・ローズ(5)

    700pt/770円(税込)

    元アイドルでジゴロの透の《飼い主》だった、プロデューサー島津正彦が薬物による自殺、という衝撃のさいごをとげてから一年あまり。

    島津に最後に抱かれて以来、もう、そんなことは一生縁がないだろう、と思っていた透だった。だが、渥美に手酷く強姦され、放心状態で彷徨っている俊一を保護し、彼の、以前の印象とは裏腹なかよわさや幼さに戸惑いながらも強烈に惹かれてしまう。

    渥美の突然死で、彼の妄執から逃れられるかとみえた俊一だったが、渥美の遺児、二人の兄弟が、俊一に異常なまでの関心と欲望を持っていると透は知る。俊一を守ろうとして、兄弟に3Pの誘いを持ち掛けるが――

    『翼あるもの』『朝日のあたる家』『ムーン・リヴァー』を経て、森田透の≪再生≫が描かれる長編外伝。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝23 悪魔を憐れむ歌

    500pt/550円(税込)

    女優の母親によく似た美貌を持つ銀河は、激烈な恋に落ちてしまう。相手は二十も年上の、楚々とした人妻――田代俊一だった。

    俊一と会う機会を作れないまま、銀河はひたすら彼への執着と恋心を募らせていた。どの場面も目に焼き付いているのに、銀河の父、渥美公三に抱かれるビデオを、ことあるごとに引っ張り出しては貪るように眺めてしまう。白くたわむ、なめらかな肢体。清純そうで淫乱な魔性――それが俊一の姿だ。

    ある晩、映画監督に飲みに誘われる。相手が男だということは隠し、問われるままに銀河は俊一への想いを監督に打ち明けた。それはあまりに歪んだ、狂った≪初恋≫の告白だった――
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝24 レイジー・アフタヌーン(1)

    500pt/550円(税込)

    ずきん、と透の胸に、甘い痛みが――恋愛の深みにはまった者だけにしかわからない、甘い、心臓を直撃される痛みが走る――

    矢代俊一グループが初めての全米ツアーに出発した。これから一ヶ月半あまりを、俊一なしで過ごすことを思うと透は憂鬱になる。 一人きりのマンションで、良との短い逃避行や未来への不安、自死した島津のことなどで想いは千々に乱れるが、結局は俊一への恋心へと戻っていき、たまらないほどに胸が疼きだすのだった。

    そんなある日、透は行きつけの店へ向かい、銀河と飲みながら話すうちに、俊一への恋に溺れた、ばかな男としての不思議なシンパシーを感じる。

    やがて誘われるまま、銀河の家へついて行った透は、意外なものを見せられ……。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝25 レイジー・アフタヌーン(2)

    500pt/550円(税込)

    ずきん、と透の胸に、甘い痛みが――恋愛の深みにはまった者だけにしかわからない、甘い、心臓を直撃される痛みが走る――

    矢代俊一グループが初めての全米ツアーに出発した。これから一ヶ月半あまりを、俊一なしで過ごすことを思うと透は憂鬱になる。 一人きりのマンションで、良との短い逃避行や未来への不安、自死した島津のことなどで想いは千々に乱れるが、結局は俊一への恋心へと戻っていき、たまらないほどに胸が疼きだすのだった。

    そんなある日、透は行きつけの店へ向かい、銀河と飲みながら話すうちに、俊一への恋に溺れた、ばかな男としての不思議なシンパシーを感じる。

    やがて誘われるまま、銀河の家へついて行った透は、意外なものを見せられ……。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝26 レイジー・アフタヌーン(3)

    500pt/550円(税込)

    ずきん、と透の胸に、甘い痛みが――恋愛の深みにはまった者だけにしかわからない、甘い、心臓を直撃される痛みが走る――

    矢代俊一グループが初めての全米ツアーに出発した。これから一ヶ月半あまりを、俊一なしで過ごすことを思うと透は憂鬱になる。 一人きりのマンションで、良との短い逃避行や未来への不安、自死した島津のことなどで想いは千々に乱れるが、結局は俊一への恋心へと戻っていき、たまらないほどに胸が疼きだすのだった。

    そんなある日、透は行きつけの店へ向かい、銀河と飲みながら話すうちに、俊一への恋に溺れた、ばかな男としての不思議なシンパシーを感じる。

    やがて誘われるまま、銀河の家へついて行った透は、意外なものを見せられ……。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝27 レイジー・アフタヌーン(4)

    500pt/550円(税込)

    ずきん、と透の胸に、甘い痛みが――恋愛の深みにはまった者だけにしかわからない、甘い、心臓を直撃される痛みが走る――

    矢代俊一グループが初めての全米ツアーに出発した。これから一ヶ月半あまりを、俊一なしで過ごすことを思うと透は憂鬱になる。 一人きりのマンションで、良との短い逃避行や未来への不安、自死した島津のことなどで想いは千々に乱れるが、結局は俊一への恋心へと戻っていき、たまらないほどに胸が疼きだすのだった。

    そんなある日、透は行きつけの店へ向かい、銀河と飲みながら話すうちに、俊一への恋に溺れた、ばかな男としての不思議なシンパシーを感じる。

    やがて誘われるまま、銀河の家へついて行った透は、意外なものを見せられ……。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝28 夜のタンゴ(1)

    500pt/550円(税込)

    恋愛やセックスに溺れない人間には、相手が溺れこんでくるという奇妙な原理――

    セックスするとき、それまでおさまりかえった顔をしていたお偉方が服を脱いで素裸になり、思いがけない裸や顔を見せる、それを眺めるのが透は大好きだった。

    そんなだから性に溺れるはずがなかったし、誰かに執着することもなかった。

    だから透は、それが本気の恋だと自覚はしていたが、決して告げることはないと思っていた。「友達だよ」と嘘をつき続けることで、永遠に彼…矢代俊一…の側にいられる気がしたのだ。だがバーで隣に座った、俊一の愛人、金井恭平に詰め寄られ、逃げ場を失ってしまう。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝29 夜のタンゴ(2)

    500pt/550円(税込)

    恋愛やセックスに溺れない人間には、相手が溺れこんでくるという奇妙な原理――

    セックスするとき、それまでおさまりかえった顔をしていたお偉方が服を脱いで素裸になり、思いがけない裸や顔を見せる、それを眺めるのが透は大好きだった。

    そんなだから性に溺れるはずがなかったし、誰かに執着することもなかった。

    だから透は、それが本気の恋だと自覚はしていたが、決して告げることはないと思っていた。「友達だよ」と嘘をつき続けることで、永遠に彼…矢代俊一…の側にいられる気がしたのだ。だがバーで隣に座った、俊一の愛人、金井恭平に詰め寄られ、逃げ場を失ってしまう。
  • 東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝30 タンゴ『碧空』(1)

    700pt/770円(税込)

    俊一と愛し合うようになって、ようやく透は悟ったような気がしていた。

    (俺は、巽さんに恋して自分から離れ、良と逃避行をして、そのあと捨てられ、島津さんと究極の愛を確かめたまま置いてきぼりにされて、島津さんに死なれてしまったジゴロだったのに……)

    どれほど傷つき、どれほど『ここにいる』『そこにある』、ただそれだけの愛を求めていたか――

レビュー

東京サーガ<矢代俊一シリーズ>外伝のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ