漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ふれるときこえる 1巻

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数15件
ふれるときこえる(4巻完結)

作品内容

肌と肌で触れると、相手の”心の声”が聞こえる──
バスケに打ち込む高校生・噪を突如 襲った異常、
その原因は不思議な転校生の少女・さとりだった…!!

触れたい、聞きたい──だけど真実を知りたくない。
じれったさと切なさが胸を打つラブ・ストーリー、開幕!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全4巻完結

  • ふれるときこえる 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    肌と肌で触れると、相手の”心の声”が聞こえる──
    バスケに打ち込む高校生・噪を突如 襲った異常、
    その原因は不思議な転校生の少女・さとりだった…!!

    触れたい、聞きたい──だけど真実を知りたくない。
    じれったさと切なさが胸を打つラブ・ストーリー、開幕!!
  • ふれるときこえる 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    肌と肌で触れると、相手の“心の声”が聞こえるようになってしまった高校生・噪。
    同じ体質の少女・さとりと協力し、片思い相手・結川を振り向かせようとするが・・・!?
    聞きたい、だけど聞こえない――奥底には「秘密」が眠る・・・
    ジレンマはさらに加熱、読めば胸を打つラブ・ストーリー!!
  • ふれるときこえる 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    相手に触れることで“心の声”が
    聞こえるようになった高校生・噪。
    片想いの相手・唯川をフッた
    親友の拓海がひた隠しにする「秘密」を
    聞き出そうと手を差し出す――
    が、その行動は三角関係すら壊してしまう。
    こじれた関係を修復するため
    海への小旅行を計画するが・・・
    触れて聞いても、相手の心が掴めない
    もどかしさが加速するラブ・ストーリー!!
  • ふれるときこえる 4
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    さとりにとって噪たちと過ごす残り少ない日々…
    だが、結川にうつしてしまったチカラ、
    拓海の抱く誤解、そしてチカラを欲しがる司。
    様々な困難に正面から立ち向かう時が来た。

レビュー

ふれるときこえるのレビュー

平均評価:4.0 15件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 続き読みたい。
    にゃあさん 投稿日:2019/9/15
    無料分だけ読み。特殊な能力がテーマって事で、最終的にどうなるのか知りたい。絵は幼い感じ。全体的に年齢が幼いしね。青春って感じか。懐かしい感じがする。 笑

高評価レビュー

  • (5.0) 切ない
    はしまきさん 投稿日:2016/12/10
    無料版を読みましたが、 面白いと思いました。 ノゾキアナを読んだことがあったので まさか同じ作者さんの作品とは思いませんでした。 絵は前からうまいと思っていたので、 全然違う作風ですが、これはこれで 良い作品だと思います。 こ れからもっと切なくなって行くんだろうなって思いましたが、続きが気になります。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白いと思います。
    はるにゃにゃんさん 投稿日:2019/3/30
    純粋な恋愛模様が描かれています。 エッチなシーンはありません! 触れると心が読める設定なのでもっと複雑な内容になるのかな?と思いましたが、そうでもありませんでした。 成長していく姿がかっこいいです。
  • (5.0) 悟りだね
    こみみさん 投稿日:2018/6/12
    悟りの能力を手に入れたら人間不信になりそう。 だけど物語は、すごく面白かったです。おすすめ。 主人公はマスクの子と一緒になってほしいと痛烈に思うよ。 この作家さんの書く作品はどれも好きです。
  • (5.0) 無料版を試し読み!
    なっちゃん♪さん 投稿日:2016/12/10
    一冊試し読み出来たので読んで見ました。 最初はビミョーかなって思ったけど、読み進めると面白い!続きが気になります。金欠なので今は買いませんが、今度続き買おうと思います(**)
  • (5.0) 良かった
    たまごさん 投稿日:2017/1/1
    主人公が良いヤツで応援したくなりました。最終回後のmiraiwo読んでみたいと思いました。
▲ページTOPへ