電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

はじめてのひと 1

通常価格:
398pt/437円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数38件
はじめてのひと(6巻配信中)

作品内容

おとなになっても、たくさんの“はじめて”がある。 はじめて好きになったひと はじめて憎んだひと はじめて執着したひと はじめて私を傷つけたひと はじめて私を愛してくれたひと みずみずしい気持ちを描いた読みきりシリーズ、刊行開始!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • はじめてのひと 1
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    おとなになっても、たくさんの“はじめて”がある。 はじめて好きになったひと はじめて憎んだひと はじめて執着したひと はじめて私を傷つけたひと はじめて私を愛してくれたひと みずみずしい気持ちを描いた読みきりシリーズ、刊行開始!!
  • はじめてのひと 2
    登録して購入
    通常価格:
    398pt/437円(税込)
    こんな風に人を好きになったの、はじめて── 恋の始まりを思い出させてくれた16歳上のあのひと 大きな手で素敵なチェロを弾いて 朗らかで笑った顔が少年みたいで 人懐っこくて、でも時々ちょっと淋しそうで いつだってやさしく頭を撫でてくれる 好きだといったら俺もだよ、と返してくれたのにごめんねって言ったのは、どうして…?
  • はじめてのひと 3
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    はじめて愛したひとは好きになってはいけないひと―― わかっていたけれど離れられなかった 誰にも内緒で好きでいれたら うちのめされ逡巡しながら 16才年上のチェリスト・諏訪内(すわない)と絵画修復士・与(くみ)の過ごした季節―。 叔母の残した缶に秘められた想い。仕事に生きるさとこのこれから。“はじめて”をめぐる珠玉の連作集第3巻!
  • はじめてのひと 4
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    はじめてもっと一緒にいたいと願ってしまったひと―― 大学時代に出会ってから10年間 同じひとにときめき続けてきた だけど気持ちは秘密。 しかし、そのままではいられない出来事が―。 博物館で働き、趣味はランニング。北別府美登利(きたべっぷみどり)(35)は ひたすら結婚式に招待され続けている。その結婚式でであった花房一陽(はなぶさかずあき)と ランニングの趣味で意気投合し いっしょに走るようになるが 花房には彼女がいて―。 “はじめて”をめぐるシリーズ連載 秘めた想いが積もる第4巻!
  • はじめてのひと 5
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    こんなふうにドキドキするのも 嬉しいのも不安なのも全部、はじめて――。 博物館で働き、ランニングが趣味の北別府美登利(きたべっぷみどり)(35)は ひょんなことから会社員・花房一陽(はなぶさかずあき)と出会い、ランニングで意気投合。彼の明るい性格に、次第に惹かれていくけれど、花房には彼女がいた。美登利は花房と距離を置くことを決めたけれど、つのる想いに心を焦がす。一方、花房の気持ちは――。 “はじめて”をめぐるシリーズ連載、《北別府編》クライマックス!
  • はじめてのひと【期間限定試し読み増量】 6
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    ※2021年10月19日までの期間限定お試し版です。2021年10月20日以降はご利用できなくなります。【買い逃してない? 集英社準新刊一挙試し読みキャンペーン!!!】一緒に暮らしていても、大事なことを黙っていたあの人。 ちょっとしたことで知り合っただけの、でもとても気になるあの人。 これから生涯を共に過ごすだろう、あの人――。 “はじめて”をめぐるシリーズ連載、切なくも美しい第6巻。

レビュー

はじめてのひとのレビュー

平均評価:4.4 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) はじめてをテーマにしたオムニバス連作集
    MWさん 投稿日:2021/9/29
    この作品、大事にしたくてずっと紙書籍買ってましたが、電子書籍の便利さから離れられなくなり新刊から電子に移行しました。永遠の少女漫画を描いてくださる谷川先生が、いろんなはじめてをテーマにしたオムニバス連作集。もちろん全て谷川先生らしいふんわり した筆致なのですが、オムニバスの中には人を想うずるい気持ち、ハッピーエンドだけでない痛みやたぶんリアルに近い関係も描かれてます。 ただいま1巻無料。1巻は短編3本+2巻に続くチェリストのお話収録です。1巻だけ読んでも大丈夫なので、ぜひ谷川先生の世界をのぞいてみてください。(ほんとうはチェリストの話が3巻まで続くのでそこまで読んでもらいたい。あー、あと、4巻以降の北別府さんのお話もぜひ。谷川作品には珍しく私はこのひとたち好きではないのだけど、それでも落ちてしまうのが恋なのか。ひとに出会う順番が違っただけっていう言葉を思い出す。。) もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) イイです。とても。
    青い月さん 投稿日:2020/7/25
    試し読みですっかりハマり、谷川ワールドの虜になってしまいました。 人間のずるい部分とか汚い部分(はそんなにないですが)から目をそらさずに向かい合う登場人物達がとても愛おしく思えます。 一番最初の話の久緒さんの勤める博物館・美術館の周りの人達 の物語が描かれていて、どんどん登場人物達がリンクしていく構成になっています。 与ちゃんの話では胸が痛くなったし、べっさんの話では心底ぽかぽかした気持ちになりました(*´`*) 個人的には、花房さんの同期の吉田さんがすごくイラッ□としたけど、彼の後押しのお陰でべっさんの未来がぱあっと明るくなったのでヨシとします… もっとみる▼
  • (5.0) 今までのなかで一番共感しました。
    しおみんさん 投稿日:2019/8/10
    1巻を読んだときも、ああせつないねと思ったものですが、4巻#16からの、北別府さんがほんとにせつないです。 北別府さんは、外見は特別かわいいわけではありませんが、自分を精一杯律して生きている、わかる人にはわかる素敵な人なんだと思い ます。こういう人好きです。 この漫画、いいところで次の巻を待たなきゃいけなくなるので(今回ももれなく!)、コミックス派にはツライですが、北別府さんどうか幸せになってください もっとみる▼
  • (5.0) 素敵すぎます
    ありぼんぬさん 投稿日:2016/9/4
    谷川先生の作品はどれも大好きです。こちらも短編を集めた物(続きものもあります)ですが、小さなエピソードや何気ない所とか胸を鷲掴みされます。自分に置き換えたりなんかして、きゅんとしたり、わかるわかる!と思ったり、あーそうか、そう言う気持ちだっ たのか。と気づかされる事がたくさん。 続き、気になります。落ち込んだとき、迷ったとき読みたくなる。 大切にしたいお話しです。 もっとみる▼
  • (5.0) 谷川先生のオムニバスがとても好きです…
    ぽたさん 投稿日:2020/5/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 谷川先生のオムニバス作品は、ひとつのテーマに対していろんな視点からアプローチされていて、とてもおもしろいし、出てくるキャラクターのつながりなどもあって、ぐんぐん引き込まれます。 北別府さんと花房さんのお話、すてきだなあ、すきだなあ、と思いました。 どのお話もどのキャラクターも魅力的。この子やだ!て人が出てこないのが谷川先生の凄いところだと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 谷川先生…好きだなぁ…
    piaさん 投稿日:2018/9/25
    谷川先生の描くストーリーは自分にとっては どれも好ましいものが本当に多いのだけど、 今作は不覚にも鷲掴まれたお話が描かれてて 泣けて仕方なかったです。 どんな話にも 多分『これは私の話だ』と思う読者さんがいるんじゃないかな… 静か に染み入る、温かなストーリーが多い 素敵な作品です。読後感、とても良しです。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 色んなはじめて
    はじめて好きになった人、はじめて憎んだ人、はじめて私を愛してくれた人、人それぞれ持っている"はじめて"にまつわる短編集です。谷川史子先生の描く柔らかくて芯のある女性たちに、共感できる部分がきっとあるはず。
    編集:鋼女
▲ページTOPへ