電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
鬼滅の刃 1
この巻を買う/読む

鬼滅の刃 1

通常価格:
380pt/418円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数4,199件
鬼滅の刃(23巻完結)

シリーズ累計1億部を突破、2020年社会現象を巻き起こした話題作!!
心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した――。
人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の運命は!?

作品内容

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全23巻完結

  • 鬼滅の刃 11
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    上弦の陸の兄妹鬼、妓夫太郎と堕姫との花街での戦いは熾烈を極める。次第に柱の宇髄と連携がとれる炭治郎たちだが、宇随や伊之助、善逸は鬼の凶刃に倒れてしまう。仲間が倒れた今、炭治郎は二人の鬼を打ち破れるのか!?
  • 鬼滅の刃 12
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    113年振りに上弦の鬼が欠け、憤る無惨は残りの上弦の鬼たちへ更なる命を下す!! 一方、妓夫太郎との戦いで刀を刃毀れさせた炭治郎に鋼鐵塚は大激怒。新たな刀を求めて、炭治郎は鋼鐵塚のいる刀鍛冶の里へと訪れるが…!?
  • 鬼滅の刃 13
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    上弦の鬼・半天狗と玉壺が、隠れ里である刀鍛冶の里に襲来!? 攻撃するたび分裂して威力を増す半天狗に、炭治郎と玄弥は苦戦を強いられる。一方、他人への関心が薄い霞柱・時透は、鬼に襲われている小鉄を目撃して…!?
  • 鬼滅の刃 14
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    感情ごとに分裂していた鬼・半天狗の本体以外が合体し、炭治郎を襲う! 半天狗から「弱き者」をいたぶると言われ、苦戦中の炭治郎は憤慨し!? 一方、霞柱の時透は過去の記憶を取り戻し、玉壺と対峙する。すると時透に変化が?
  • 鬼滅の刃 15
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    遂に上弦の鬼・半天狗の本体を追い詰める炭治郎。しかし夜明けが近付き、鬼である禰豆子の身体に危機が!? 禰豆子の身を案じ、半天狗を倒しに行くことに躊躇する炭次郎。果たして半天狗を討てるのか!? そして禰豆子の安否は!?
  • 鬼滅の刃 16
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    柱稽古で岩柱・悲鳴嶼の元へ赴いた炭治郎。滝に打たれ、丸太を担ぎ、岩を動かすという厳しい修業を経て、炭治郎は悲鳴嶼に認めてもらうことができるのか!? その裏で、無惨は禰豆子と産屋敷の居場所を突き止めようとし――!?
  • 鬼滅の刃 17
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    無惨を討つため無限城に突入した鬼殺隊。上弦の弐・童磨と激闘を繰り広げるしのぶは、毒が効かない童磨に対し苦戦を強いられる。果たして姉の仇を討つことができるのか…!? 一方で、善逸の前にも鬼が立ちはだかり――!?
  • 鬼滅の刃 18
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    上弦の参・猗窩座と対峙する炭治郎と冨岡。その圧倒的な力に対し防戦一方の二人だが、熾烈を極める戦いの中、炭治郎は父親から教えられた「透き通る世界」の境地に到達する! 炭治郎の剣は果たして猗窩座に届くのか…!?
  • 鬼滅の刃 19
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    カナヲと伊之助 対 上弦の弐・童磨の戦いは極限へ――!! 身内を殺した鬼を前にして怒りに震える二人だが、強力な血鬼術の数々に押され悪戦苦闘する。近づくこともできぬ劣勢を覆し、二人は仇討ちを遂げられるのか…!?
  • 鬼滅の刃 20
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    上弦の壱と交戦する岩柱・悲鳴嶼と風柱・不死川。激しさを増す戦いの中、二人の柱は痣を出現させ連携して戦うも、驚異的な強さに圧倒され続ける。そして、上弦の壱の一部を取り込み回復する玄弥だが…。激闘の行方は――!?

レビュー

鬼滅の刃のレビュー

最新のレビュー

  • (5.0) 心を燃やせ
    knmさん 投稿日:2021/9/26
    12月からアニメ遊郭編が始まるので読み直しました。 本当に最終話まで一貫して面白いですね。 たくさんの魅力的なキャラがいますが、やっぱり主人公は炭治郎。ひたすら前を向いて生き抜く姿に心打たれる作品です。

高評価レビュー

  • (5.0) 日本に生まれてよかった!!
    しーちゃんさん 投稿日:2021/9/26
    アニメから入り漫画を購入しました。買って損なし、文句なしの作品でした!リアルタイムでこの作品の感動を味わえたこと、本当に良かった!と、思える作品です。完結した今も繰り返し繰り返し読む度に色々な感情が引き出されます。 オススメする理由の ひとつにテンポの良さが挙げられます。1話1話がくどくない、ズルズルと話を引き伸ばすようなこともないからストレスフリーでした。 そして世界観とキャラがしっかりとしている。どんなに悲しい展開が待っていても、そこに至るまでの過程がしっかりと言葉でも行動でも描写されているから凄く納得出来ます。矛盾を感じない、というのは読者として、なにより作品としても大切なことだと思います。 そしてここが1番なのですが、何も難しいことを考えなくても面白い!と、思える魅力があります。作品によっては変に言葉が難しかったり、描写もよく見なければ気が付かなかったり、そもそも設定が練りすぎて読者に伝わらなかったり。 ですがこの作品に関してはありませんでした。読めば読むほど理解出来る、というのは序盤からしっかりとその作品の設定が読者にも伝わっているからだと思います。下手すると学生の頃の国語の教科書よりも分かるかもしれない。テストに出たら絶対に高得点取れる。そう思うくらい、分かりやすいです。だから小さい子供にも好かれているのかな、と思っています。 オススメする理由を3つ上げましたが、買って損はまずないです。ジャンプが好きな人は好きになるのではないでしょうか。流行に乗っかるのもな〜って二の足を踏む気持ちはわからなく無いですが、純粋に作品として楽しむのに流行もなにもないです。いい作品はどんな時に読んでも面白いです。今じゃなくても、何年後でもいいので、読んでみてください。日本人に生まれて良かった!!と思うはず!! もっとみる▼
  • (5.0) 日本一慈しい鬼退治
    Leviさん 投稿日:2019/12/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんとなくアニメから入ったら最後でした。どっぷりハマってしまい、たまらず漫画も購入。巻を増す毎に面白くなります。炭治郎の優しさに癒されます。登場人物みんないい人です。鬼にも悲しい過去があったりと、憎めないキャラばかりです。特に十二鬼月戦は号泣必須です。ハンカチ用意。 私は特に累くん、堕姫&妓夫太郎、猗窩座の過去が好きです。辛い。 善逸や伊之助、柱などを始めとした個性溢れる魅力的なキャラクターばかりで引き込まれます。柱の頼もしさが凄いです。戦闘を重ねる毎に強くなっていく炭治郎達が素敵。こんなに優しい主人公見たことありません。 「呼吸」という方法を使い、戦闘を行います。水の呼吸、雷の呼吸など、色々あり、呼吸ごとにエフェクトが違ってかっこよく、見ていて楽しい! 私は音柱の宇髄さんが大好きです!派手派手!!!遊郭編での宇髄さんが素敵すぎて.........。 柱を引退した後もとにかくかっこいい。 柱の方々の最初の印象はあまり良くないと思いますが、後からそう思ったことを後悔するぐらい活躍を見せてくれます。柱大好き。 本当に良いキャラクターばかりなので、是非とも読んで頂きたいです。義勇さん、しのぶさん、 無限列車編の煉獄さん、遊郭編の宇髄さん、刀鍛冶の里編の時透くん、蜜璃ちゃん.........。 伊黒さん、不死川さん、悲鳴嶼さん。どなたも最っ高にかっこいいです。 今、無限城戦の真っ最中です。面白いなんて言葉じゃ済まされない。 私の人生を大きく変えてくれた最高の作品です。 読まなきゃ人生損ですよ!!! 続きを読む▼
  • (5.0) 涙なしでは読めない、ヒューマンドラマ
    vamさん 投稿日:2020/11/16
    流行に乗り遅れたまま、特に興味も涌かずにスルーしてましたが、これは乗らなきゃ損。知らない事が不幸なくらい、絶対読むべし! これは子供だけでなく、大人がハマる理由がわかります。素晴らしく壮大なドラマです。ただの悪者退治ではなくて、不条理な殺 戮の裏に潜む、悲しい過去や辛い思い出、幸せだったあの頃。もう涙、涙、で胸が痛い。泣いて頭が痛い…人を喰らう鬼。ほんとに悪いヤツもいますが、なりたくて鬼になった訳じゃない鬼もいて…人の心を忘れて、殺戮を繰り返す鬼。だけど人間だった頃、悲しい事情が辛すぎて、家族の絆だったり、兄弟姉妹の絆があった事が見えて来る。鬼なのに哀しいんです。あっ、思い出しても泣きそうにヤバイ。もちろん主役は人殺しの鬼を滅亡させる鬼滅のメンバーで、彼等にもそれぞれ背負う過去があって、それぞれのエピソードにも号泣してしまいます。辛すぎて、先に進めないほどに心がエグられます。みんな、みんな幸せになって欲しい。 最終巻。これまでの彼等の生き様が、走馬灯のように思い出され、ずっと涙が止まらず読んでました。自分の命をかえりみず、ただ仲間のため、世の中の平和のために戦った戦士たち。亡くなってしまった人たちの肉体は滅びても、きっとみんなの心の中で生き続ける事でしょう。亡くなった人の分まで、共に精一杯生きて欲しいと思いました。感動巨編です。 ちなみに、私はげんや君が好きです。やっとお兄ちゃんとわかり合えたのに…消えて逝く弟を前に慟哭の叫びは、さねみ君も身を切られるように辛かった事でしょう。号泣しました。 もっとみる▼
  • (5.0) 一生懸命な主人公!
    Ruruさん 投稿日:2019/10/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 とファンタジーが大好きなので、一気に読んでしまいました。主人公の成長、仲間、バトル、圧倒的な悪役、かわいいヒロイン、魅力的なキャラクター、色々な要素が詰まったThe王道作品です。楽しく読みました。 人を喰らう鬼と鬼を殺す鬼殺隊に入った竈門炭治郎のバトル、人喰い鬼に家族を襲われ1人残った妹の禰豆子は鬼になってしまったが、人を喰わずに炭治郎と鬼から人を守り戦いながら暮らしている、そんな禰豆子を人に戻すため、壮絶な鬼とのバトルに挑む!というお話。 鬼殺隊と鬼とのバトルがどうなるのか気になって、めくる手がとまらなかった!あとはキャラクターがすごく魅力的。主人公炭治郎はもちろん、仲間の伊之助や善逸、柱もすごく魅力的。私は胡蝶さま素敵すぎて激推してます。そして悪役や十二鬼月さえも魅力的!無惨の圧倒的悪役感、残酷さ、いっそカッコいい。 炭治郎がとてもいい子で最初は俺頑張れ、頑張れって言ってて大丈夫か、この子って思ったけど、すごく頑張るし、妹想いで優しいし読み進めるうちにもう涙なくして読めない、いい子すぎて絶対幸せになってほしい!あとは禰豆子が可愛すぎて、ほんっとかわいい、かわいいのに強いなんて、応援してしまう! 試し読みをみて気に入った方は是非読んでみてほしいです。私はアニメから入ってるので、あまり絵は気にならなかったです。アニメもすごく雰囲気出てて面白いので、原作気に入った方はおすすめです!! 続きがとても気になる〜! 続きを読む▼
  • (5.0) 完結おめでとうございます
    緒花さん 投稿日:2020/12/6
    私はアニメから入ったうちの一人です。鬼滅の刃はキャラクター一人ひとりがみんな一本の真っ直ぐな芯が通っていました。現実では奇跡なんてそうそう起きるものではないし、都合の良い展開なんてタイミング良く起きてはくれないものです。助けて欲しい時に助け はこなくて、もしかしたら助けられたかもしれなかった人を助けることができなくて、大切な人が今まさに目の前で殺されそうになっているところに運良くスーパーヒーローなんて来てくれる保証はなくて。 鬼滅の刃の世界ではそういう経験をした人がたくさんいて、辛い思いも悲しい思いも張り裂ける程に感じて、だからこそ他の人に同じ思いをして欲しくないと、大切な人を失って欲しくないと、悲劇が繰り返してしまうことがないようにと、みんなその一心で戦っていたのだと思います。 あの世界には鬼という凶悪な存在がいて、理不尽な死は起きるし、大切な人は殺される。だから誰かが鬼を倒さなければ平穏はなくて。走り続けなければならないし、止まってはいけない。止まると誰かが死ぬ。それが確約されていたような世界で希望を失わず生き続けることかできるのは並大抵の覚悟でできることではないです。 炭治郎たちはとても強いと思います。本当に強い人はただ力が強いだけではなく、誰かのためにその力を最大限に使える人のことだと思います。 鬼滅の刃に出会えたことに最大限の感謝を。 素敵な作品をありがとうございました。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 鬼と刀
    大正時代、炭を売って生活する炭次郎。いつものように仕事から戻ると、家族は鬼に襲われ無残な姿に…。生き残った妹と共に、鬼を討つため炭次郎の長い旅が始まる…ッ切なくも独特の台詞回しにくすりとさせられます。骨太な新しいジャンプ作品!括目せよ!
    設計:うーちゃん
  • どんなに打ちのめされても、守るものがある。試される兄妹の絆「鬼滅の刃」
    時は大正時代、家族を鬼に皆殺しにされた心優しき少年・炭治郎が唯一の生き残りとなったものの鬼へと変貌してしまった妹を元に戻すため、家族の敵を討つため修羅の道へと足を踏み込む冒険ストーリー。絶望に追い込まれても傷つけられても何度も立ち上がり、自分が討った敵には慈悲をかけ、共に戦った仲間にはいつ何時心からの優しい言葉を投げかける“人に優しく自分に厳しく”を嘘偽りなく進む炭治郎の生き様は読む人の心を震わせます。窮地に陥った仲間たちが走馬灯のように炭治郎の言葉や振る舞いを思い出し、起死回生の一手を打ち出す友情シーンや、鬼との凄まじい戦いの合間に「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」といったクスリと笑えるワードチョイスにホッとさせられるのもこの作品の大きな魅力。壁となって立ちはだかる敵にさえも“ならざるを得なかった”哀愁の背景が描かれており、そこにまた救いがあるという少年漫画特有の読み応えの厚さもしっかりと兼ね揃えられています。人気声優を起用したアニメの展開もまだまだこの先見逃せない。先取りしたい人にもぜひとも手に取っていただきたい作品です。
    制作:そのめろ
▲ページTOPへ