漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
のだめカンタービレ(22)

のだめカンタービレ(22)

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数688件
のだめカンタービレ(25巻完結)

作品内容

楽園か奈落か。のだめ、運命の舞台へ! Rui(ルイ)と千秋(ちあき)のコンチェルトに衝撃を受けたのだめ。絶望の淵で差し出されたシュトレーゼマンの手を取るが――。運命に導かれるかのようにデビューを飾ったのだめを待っているものは!? そして、のだめを見守るしかない千秋の胸に去来する思いは……?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全25巻完結

  • のだめカンタービレ(21)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    千秋(ちあき)とRui(ルイ)の共演にショックを受けたのだめは、焦るあまりに千秋にプロポーズをして見事に玉砕。ミルヒーに誘われるまま姿を消してしまうが……。いつの間にかすれ違って行った千秋とのだめ、運命の激流が二人を襲う!
  • のだめカンタービレ(22)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    楽園か奈落か。のだめ、運命の舞台へ! Rui(ルイ)と千秋(ちあき)のコンチェルトに衝撃を受けたのだめ。絶望の淵で差し出されたシュトレーゼマンの手を取るが――。運命に導かれるかのようにデビューを飾ったのだめを待っているものは!? そして、のだめを見守るしかない千秋の胸に去来する思いは……?
  • のだめカンタービレ(23)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    シュトレーゼマンとの共演で燃え尽きたのだめ。千秋(ちあき)を避け、ピアノから逃げ、のだめが迷い込んだ先は? そんなのだめを千秋は連れ戻すことができるのか? 離れすぎてしまった二人の未来が再び交わる瞬間、そこにはあの曲があった……。カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ、ついに感動の最終巻(グランド・フィナーレ)!!
  • のだめカンタービレ(24)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    R☆S(ライジング・スター)オケ&千秋(ちあき)がオペラ初挑戦! のだめと千秋が久々の帰国! 千秋がR☆Sオケで念願のオペラを指揮することになった。予算の少ない市民オペラといえど、団員は熱気ムンムン。菅沼(すがぬま)ブー子が主役で、峰(みね)が演出、真澄(ますみ)が衣装!? 濃キャラ集結で、どんな「魔笛」が生まれるのか!? 大人気♪青春クラシック音楽コメディが、番外編でカムバック!
  • のだめカンタービレ(25)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    のだめと千秋(ちあき)が初共演? 「のだめオペラ」のフィナーレとともに、ついに「のだめカンタービレ」完結! 菅沼(すがぬま)率いる市民オペラも、本番まで残りわずか。日に日に変貌を遂げるキャストとオケを合わせられない千秋は、オペラの難しさを痛感していた。焦る千秋に、峰(みね)が仕掛けた魔法とは!? 番外編ほか描き下ろしを多数ページ収録してシリーズ完結デス!

レビュー

のだめカンタービレのレビュー

平均評価:4.6 688件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 何度読み返しても面白い
    まめさん 投稿日:2021/6/17
    ドラマだけはみたことがあり好印象だったので、 入院中の空いた時間に漫画を読み始めたらどっぷりハマってしまいました。 のだめをきっかけに二宮先生の過去作品や連載中の作品も読み漁っているところです。のだめは読み返しても面白い!

高評価レビュー

  • (5.0) 簡単には語り尽くせぬ面白さ 引き込まれる
    romance2さん 投稿日:2017/1/11
    何度も読み返したが飽きない。あっさりとした絵なのに、その向こうに音楽の持つ深み、音楽の道を進むということのリアル、説明口調ではないのに何だかとても深く分かった気になる。もがいて苦しんでつかんでいくなにか。千秋を好きで好きで、というところから 、のだめは千秋と一緒にやりたいが為に道を進み、そして同じステージで、という夢が破れると、そのステージから抜けて、新たなステージへと独りで導かれていく。否、羽ばたいて行ってしまう。 極たまに、ガラかめ入るのも可笑しいが、全体がとぼけていて読者より、作品の中の音楽仲間を一杯食わしてひとり別ルートを辿る。孤高の天才?磨かれざる原石が、いち早くその才能を発見しその価値を放置できない千秋によって、刺激を有形無形に受けて、そして、偶然の出会いと三者三様の師たちの導きのお陰?で人生のターニングポイントを次の成長へと繋げて、一種気持ちのよいサクセスストーリー。 うまいのは、こうした音楽の道を最初は千秋についていきたい一心で、そのうちいつまでも先に進めていないという自分に焦り出すようになり、終には、演奏家としての成功へ、という各ステージで、相変わらずのだめぶりが貫かれ、キャラも絵も崩していないこと。長丁場のストーリーにも関わらず、急な変身はなくて、きちんと歩んだところが描かれていること。彼千秋の横にいたいと思った曲の世界に、自分のイメージを体現したのは、自分ではなかったことを認識してからの、凄みを増してくる展開のスピード感も良い。ミルヒーとのやり取り含めなにもかも、もはや、千秋の手には負えないのだ。 「花男」にも言えることと思うが、面白い作品とは、読み手の予想を必ず裏切る。 いつの間にか、当初全く相手にしなかったのだめを千秋は自分の女性として扱うようになるのだ。いつの間にかそういう存在になっていた、そんな静かな、進行の早くない二人の関係。連弾をするシーンがとてもよい。 アニメ化されており、そちらも見たが、アニメ化によっても、大きなギャップは感じなかった。TVドラマは見てないが、海外留学編を扱った映画は、実写の難しさの中でコメディを頑張る演出は記憶に残っている。 兎に角ストーリーにダレがなくてこれははまる。 時々千秋視点となって、ストーリー進行と共に千秋の心の中の、のだめの占める位置が大きくなっている描写で、千秋にとってののだめを感じるのも楽しい。 もっとみる▼
  • (5.0) 愛と音楽は奥が深い!
    清春さん 投稿日:2011/6/15
    私は再放送と映画を見てから原作を読みました。クラシック音楽は数えるほどしか知らなかったのですが(ロックかパンクが好きなので)これを読んでから、私の知っている音楽にも造るミュージシャンもそうなんだなぁと…意味があって、何故この音、この詞なのか を改めて聞いています。 クラシックは特にその曲にどんな意味があるのかが重要視されるのでしょうが、どのジャンルにもあるのですね!音楽がどれ程奥が深いと気付く事が解りました。 確かにラブコメの部分も強い作品ではありますが、これを読んでからは音楽の伝えたい事を改めて知りました。 ミルヒーが真剣に音楽に向かい合うと楽しいと言う事も解ってきました。 そして愛と音楽を分けて1つになる事も解ってきました。 ストーリーがしっかりしているからこそ楽しく読めて気付く事が出来る… 素晴らしい作品です!続編もかなりの期待をしています。 パック買いがオススメです! 絶対に損はありません。 この先、のだめちゃんと千秋君が音楽と愛をどう、育んで行くのか非常に楽しみです! 早く続きを読みたいです! もっとみる▼
  • (5.0) 奥が深い
    cにちさん 投稿日:2010/5/30
    ずっと気になっていたのだめカンタービレ。やっと読みました 奥が深くて何度も読み返しています 千秋とのだめの恋愛はもちろん読み応えありですが、すごいのは読んでいるうちにその曲を聞きたくなってくること。CDが発売されているのも頷けます(そし て購入してしまった一人です)。全般的に主に千秋の視点で描かれているので、特にのだめの気持ちがなかなか分かり難く、その多く語られないが故に、あれこれ考え、読み返すのが楽しかったです 千秋も淡々としているので、数少ないラブシーンにはドキドキです 音楽についても専門的な事が適度に描かれており、つい興味を持たされてしまう、そのバランスが絶妙でした また、登場するキャラも個性的でイキイキしており、どっぷりハマってしまいました のだめも千秋もスキですが、真澄ちゃんとターニャが可愛くってスキです 恋愛だけでなく、それぞれが苦しみながらも成長する姿も描かれており、見どころ満載 体育会系クラシック音楽ラブコメをどうぞ もっとみる▼
▲ページTOPへ