漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

五百年目のマリオン 1

通常価格:
540pt/594円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.3) 投稿数4件
五百年目のマリオン(2巻完結)

作品内容

1940年パリ。子供たちを率いて窃盗団まがいのことをして日々を食いつないでいたマリオン。そんな時、マリオンの唄声を聞いたひとりの男に「ジャンヌ・ダルクの役で舞台に立ってみないか」と誘われる。近づいてくる大戦の足音。激動の時代に少女の運命は飲み込まれていく。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 五百年目のマリオン 1
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    1940年パリ。子供たちを率いて窃盗団まがいのことをして日々を食いつないでいたマリオン。そんな時、マリオンの唄声を聞いたひとりの男に「ジャンヌ・ダルクの役で舞台に立ってみないか」と誘われる。近づいてくる大戦の足音。激動の時代に少女の運命は飲み込まれていく。
  • 五百年目のマリオン 2
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    第二次世界大戦のさなか、軍靴の音が近づく1940年のパリ。歌手になるという夢をかなえるため「ジャンヌ・ダルク」の舞台を目指す15歳の少女・マリオンはある日、自分とそっくりな少女と出会う。ジャンヌに思いを馳せるもう一人の少女、そして舞台の裏に張り巡らされた、麻薬取引の陰謀。マリオンは、民衆に希望の歌声を届けられるか!?ひたむきに生きる少女の物語、完結!

レビュー

五百年目のマリオンのレビュー

平均評価:3.3 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 良かった!
    豆太さん 投稿日:2020/4/5
    人は環境や周りの人によって進むべき道が決まる。抗えないこともわかっていても変えられないこともある。そんな漫画でした。思ったよりずっと良かった。長編かと思いきや2巻で終わり。かなりキツキツな内容だけど、テンポよく終わったと思います。人生につい て考えさせられる部分もありオススメ。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 意外と面白かった
    もんたちさん 投稿日:2019/3/23
    時代背景と、少女漫画っぽいというか青年誌っぽく無い絵のため、チープな話になるかと最初思った。 でも無料一巻読み進めると意外と応援出来るというか、良いキャラ。 ただ、最後まで読むと、もっと広げられたんだろうな、構想ではもっとじっくり行く予 定だったんだろうなという感じが強い。 続編を書けないでもないので、続きを読みたい。 こなれてくれば、巴里の屋根の下のように、巴里っ子達の幻想と悲哀が見られる気がする。 ただ、一応話は完結しますね。細かいところをしょっ引いてメインだけを進め終わる感じです。 何を求めるかで変わりますが、この作品は2時間映画でそれぞれの巻が1時間という感じで読めば有りかなと思います。 もっとみる▼
  • (4.0) 好きだったのに…
    anさん 投稿日:2019/3/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 まず絵が好き。ドイツ侵攻を匂わせる時代背景も好き。不遇な人生に夢を持って頑張る女の子ってゆうのも良かったのに…。 何故こんなにも足早に畳み掛けたのか。 ここから広げていくんだろうなってポイントもあり、想像しながら読んでたのに。残念でなりません。 初レビューだし、次回作に期待を込めて☆よっつ。 続きを読む▼
  • (1.0) 随分と浅い内容です。
    khitkhitさん 投稿日:2019/8/2
    第二次大戦下のパリで、孤児の少女が歌を武器に舞台に立ちます。とは言え、主人公のキャラクターを作りすぎて如何にもマンガですという内容になってしまっています。又ドイツに宣戦したのはフランスからであり、スウェーデンからドイツへのの鉱石積み出しを担 う中立国ノルウェーへの侵攻を先に決めたのはイギリスであったことを知らずに描いているのか、何とも底の浅い作品でした。 もっとみる▼
▲ページTOPへ