漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

Dr.NOGUCHI(1)

通常価格:
420pt/420円(税抜)
(4.4) 投稿数10件
Dr.NOGUCHI(17巻完結)

作品内容

1876年、福島県猪苗代に生まれた野口清作(のちの英世)は、幼いころに囲炉裏に落ちたときの手のヤケドがもとで、気の弱い少年時代を過ごしていた。ところが7歳になったある日、学校の作文で、清作は貧乏でも朝早くから夜遅くまで働く母親・シカのことを文章に書き、はじめて先生に褒められる。それをきっかけに、清作は学業に励み、ついには高等小学校に通うまでになるが……。偉人・野口英世の波乱万丈の半生を描く話題作!

作品ラインナップ  全17巻完結

レビュー

Dr.NOGUCHIのレビュー

平均評価:4.4 10件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大人にこそ読んでほしいっ!
    にゃんさん 投稿日:2018/6/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 偉人・野口英世の物語。ただ歴史上の人物というだけでなく、劣等感などを抱きながら生きてきた「生身の人間」だったことに気づかされます。 またお母さまとの関係に涙が止まらなくなりました。大人になった今だからこそ、読みたい作品だと思いました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 感動しました
    もあしょさん 投稿日:2017/1/17
    ハンカチ片手に泣きながら読みました。きっかけは子供がお年玉で貰ったお札を眺めて『この人誰?』『何した偉い人?』って聞かれて簡単に説明したけど気になってた所にこの本が目に飛び込んできて読みました。一気を読み進めて泣きました。前へ前へ…勇気を貰 いました。是非皆さんにも読んでもらいたいと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) あのシーン
    金庫目さん 投稿日:2017/1/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 終盤の「捨てるはずのトロを使い寿司パーティー」のシーンはかなり好きです。苦労人が笑える場はホッコリします。 続きを読む▼
  • (5.0) 為になるコミック
    ヤキイモさん 投稿日:2009/12/22
    以前、読んだことあるのですが、改めて読み返すと、野口英世がいかに偉大な人であるか実感しました。 肉眼では見えない細菌との戦いで、挫折しても決して諦めず戦い抜く姿に、感動しました
  • (5.0) ∞!!
    体育会系さん 投稿日:2009/1/31
    日本の偉人の代名詞、野口英世 彼の手の火傷や、登場人物、大まかなストーリーは実話にそってますが、個々のエピソードはあくまでフィクションなので、彼に詳しい人はえっ?って思うシーンもあるかもです しかし、私はこの漫画を涙なしで読んだこと はありません 先入観に囚われず、この作品の素晴らしさを感じてほしいと思います!! みなさんもハンカチを用意して読んで下さい もっとみる▼
  • (4.0) 切ない人間模様
    hazuyanさん 投稿日:2017/2/4
    今の日本人が忘れかけている でも大事なものを思い出させてくれるお話です。福島の自然豊かな描写も素敵です

広告掲載中タイトル

少年マンガランキング

▲ページTOPへ