We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 5【電子限定かきおろし付】

通常価格:
629pt/691円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数2,444件
抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】(8巻配信中)

作品内容

今はその手で他の女を抱いているのか人気急上昇中俳優・東谷との熱愛写真を撮られてしまった演技派俳優・西條高人。高人は東谷を守るために一方的に別れを告げるものの、忘れることができずにいた。そんな高人の元に東谷とベテラン女優・黒川百合江の“熱愛スクープ”が届いて…!? パパラッチ編、ついに決着! 単行本描き下ろしはマシマシ手錠プレイ。ヤンキーの抗争が激化! ネトラレトライアングルも収録。電子限定描き下ろしマンガも収録した特別版!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  8巻まで配信中!

  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった…! 敵意ムンムンの高人に対し、東谷は邪気のないキラキラ笑顔で懐いてくる。警戒心MAXの高人だったが、酔った勢いで東谷に醜態をさらしてしまってから立場が逆転! にぎられた弱みの交換条件として「抱かせて下さい」と迫られて……? 「抱かれたい男1位だった俺を抱く?  何言ってんだコイツ!」な表題作と、ほかハイテンションドエロ読みきりを大量収録!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 2
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    新人俳優の東谷に、「抱かれたい男1位」の座と同時にカラダまで奪われてしまった高人! 東谷のキラキラ笑顔&ド直球な愛情表現に慣らされ始めた頃、高人が後輩の綾木にホテルへと連れこまれてしまって…? 大量重版の超ヒット作、続編がついに登場! 激エロ3Pネトラレトライアングルも同時収録です! コミックス描き下ろしも有!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 3【電子限定おまけ付】
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    俺に触られるの嫌でしょうけど我慢して下さい。それはまだ西條高人が抱かれたい男1位だった頃。「欲しいもの」なんて何も無く、空虚な目をしていた東谷の世界を変えたのは、圧倒的オーラを放つ超人気俳優・西條高人との出会いだった。“なぜ東谷君が高人さんを好きになったのか”原点”0”を描く、2人の出会い編がついに登場! 単行本描き下ろしはイくまでやめない粘着H。ネトラレトライアングルも同時収録★ 電子限定だけのスペシャルかきおろしイラストも収録!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 4【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    キラキラ笑顔で天使と呼ばれる新人俳優・東谷と、お付き合いを始めた実力派俳優・高人。「俺は流されただけ」と心の中で言い訳しつつも、東谷との関係を心地よく感じていたある日、高人は東谷とのキスシーンをパパラッチに撮られてしまう。カメラマンとの「取り引き」に応じることを決めた高人は、東谷に別れを切り出して――? 単行本描き下ろしは●●えっち。俳優たちのオフを描くハワイ回と、お騒がせ3P★ネトラレトライアングルも収録! 電子だけの特別かきおろしマンガ1Pも収録!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 5【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    629pt/691円(税込)
    今はその手で他の女を抱いているのか人気急上昇中俳優・東谷との熱愛写真を撮られてしまった演技派俳優・西條高人。高人は東谷を守るために一方的に別れを告げるものの、忘れることができずにいた。そんな高人の元に東谷とベテラン女優・黒川百合江の“熱愛スクープ”が届いて…!? パパラッチ編、ついに決着! 単行本描き下ろしはマシマシ手錠プレイ。ヤンキーの抗争が激化! ネトラレトライアングルも収録。電子限定描き下ろしマンガも収録した特別版!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 6【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    659pt/724円(税込)
    あなたは、オレンジの片割れ 「俺にあなたを監禁でもさせたいんですか?」 二人舞台「血の婚礼」で共演が決まった東谷と高人。フラメンコの練習中に東谷との才能の差を実感した高人は、“情熱”を学ぶべく東谷の故郷であるスペインに飛ぶ! 一方、東谷はパパラッチ騒動の際に、高人から一方的に別れを告げられたことが心から離れなくて――。 東谷のルーツが明かされるスペイン編。コミックス描き下ろしはセクシー下着H! 電子限定描き下ろしマンガ1ページも収録した特別版!
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 7【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    659pt/724円(税込)
    欲求不満なのか、俺は
    「なんで抱かないんだよ…」
    二人舞台『血の婚礼』の稽古が順調に進む中、どこか様子がおかしい東谷。
    Hを寸前で止めてしまう東谷に、高人はとうとうしびれを切らし!?
    一方、卯坂は大学時代の先輩・在須との再会を果たす。封じ込めた過去の苦い記憶がふたたび蘇り――…
    謎の加工ジェンダーレス男子も登場で、大波乱の芸能界“黒い繋がり”編が幕を開ける!
    単行本描き下ろしは裸エプロンH! 電子限定で描き下ろしマンガ1ページも収録。
  • 抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】 8【電子限定かきおろし付】
    登録して購入
    通常価格:
    659pt/724円(税込)
    俺を獣にするのはこの世でたった一人

    ドラマ“clear”の撮影をきっかけに牛頭原組から目をつけられた高人。
    撮影終了後、組員達によって廃工場に連れ去られ何故かカメラを向けられて…。
    一方、羽柴は“騎士を抱かせるため”東谷に催淫剤を飲むよう強要し――…?
    レス期で我慢を重ねてきた東谷のタガが外れる!
    舞台「血の婚礼」も完全収録。“黒い繋がり編”完結編!
    単行本描き下ろしはレス明け媚薬フィーバー4P!!
    電子限定描き下ろしマンガ1Pも収録!

レビュー

抱かれたい男1位に脅されています。【電子版】のレビュー

最新のレビュー

  • (5.0) 最高です
    ここさん 投稿日:2021/12/2
    最高です!!!!ずっと見てられる!溺愛加減も最高だしニヤニヤしっぱなしになります!ずっと見てられる!

高評価レビュー

  • (5.0) 映画がきっかけで
    ラテさん 投稿日:2021/10/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 もともとリアルタイムでアニメを楽しんでいたのですが、劇場版のPVを見て、主題歌が映像とマッチしていてとても素晴らしいな…と感動し、改めてアニメを見直し、そこからズブズブと世界観に没頭してしまいました。 アニメを最終話まで見返した翌日、原作未読のまま劇場版を観に行き、主役2人があまりにも大好きな関係性であることを思い知らされ、いつの間にか原作を買っていました。 スペイン編は映画を先に見たためシナリオのあらすじを知っているにも関わらず、自分の人生をジオラマだと解釈し、何にも感動できずに生きてきたチュン太が高人さんとの出会いをきっかけに世界の見え方を帰ることが出来たシーン、そして帰国する飛行機の中で指輪に刻まれた文字を見つけて『世界はこんなにも綺麗だ』と実感するシーンでボロボロと泣いてしまいました。ともすれば狂気的な行動を起こしてまで高人さんという存在を自分の側に縛り付けようとしてしまいがちなチュン太の根底にある感情が、本当にただ純粋な本能としての『欲』であり、それは見方によっては美しくも恐ろしくも良くも悪くも…という具合に変化するものなんだろうな、と感じ、そういう不安定な屈折を改めて愛おしく思いました。 映像化されていない7巻8巻は、まだ知らないだかいちの世界を見ることが出来るワクワクで、ページを進む手が止まりませんでした。そして、これは個人的な趣向になってしまうのでしょうが、これまで以上に大好きな展開で、原作を読んで本当に良かった……と、しみじみ実感しました。 いわゆる、受けが何者かに危害を与えられそうになった時、何もかもを壊してでもそれを取り戻そうとする攻め、という関係性が本当に本当に大好きなので、だかいちでそれを見られたこと、嬉しすぎて大興奮してしまいました。新キャラクター達も、それぞれの軸がしっかりしていて、何を大切にしているのかがはっきりしているため、対立構造のような展開で進んでいるにも関わらず、見ていて気持ちが良かったです。主要キャラも脇キャラも、すべてのキャラクターが大好きです。 新刊が出たばかりですが、既に次の巻が待ち遠しくて仕方ないです。楽しみにしています!! 続きを読む▼
  • (5.0) こんなに好きになってすみません
    ピンポンさん 投稿日:2018/12/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 評判通り、今まで読んだなかでNo.1です♪ストーリーもしっかりしているし、絵もいいし、出てくる主要キャラが全員魅力的ですね皆好きだけど、個人的には綾木君が一番好きかも…根っからの悪じゃないし、高人に片思い?しているのも好きな要素かな〜♪後々はお芝居でチュン太の善きライバルになるんじゃないかなと思っています。1000円の件等、笑える所や感動的な台詞はもう数え切れないほどあるけど、チュン太が 高人に言った「こんなに好きになってすみません」という台詞が一番好きです。男っぽい強引な言動だけじゃなく、年下の後輩らしい態度や台詞が相まっているのがキュンとします とにかく最高の二人なのでずーっとずーっと続いて欲しいです。どれだけ時間がかかってもいいので是非是非続編をお待ちしております(→その後7巻を読んで…)最新刊を読みましたら、キャラが増えていて驚きました。チュン太に憧れていると言う騎士とそのバックにいる極道の面々…騎士はポッチャリしすぎていて、思っていた当て馬?とは違いましたが、波乱を起こさせるような予感…また私が個人的にお気に入りの綾木君もなんだか大人っぽくなっていて驚きました。アリス先輩は魅力的でウサちゃんとの関係も気になるし…そして何よりチュン太が何だか我慢しているようで様子がおかしすぎる!以前風邪をうつしたくない為に高人を避けていたことがあったけど…今回のはそういうのとも違う気がするし…とにかく7巻では色々気になる事がありすぎて、既に8巻が待ち遠しいです。先生、早めの続編を宜しくお願いします。(→その後、待望の8巻を読んで…)黒い繋がり編が思っていたより、すんなり解決して後腐れなく終わって良かったです。ナイト君も見た目&演技等はイマイチだけど、演技にかける情熱みたいなものは確かだったので、私の中では好感度が上がりました。またチュン太はやっぱり高人さんのことが好きすぎて色々我慢してたのかな〜?もう一度読んでみて確認しようっと。とにかく8巻も面白くて読み応えがありました。アリス先輩の出番も今後もっと増えたら嬉しいです。 続きを読む▼
  • (5.0) なんで今まで読んでなかったの…!
    momoさん 投稿日:2021/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 無料公開されていたのをきっかけにハマり、一気に8巻まで読んでしまいました。もう、何故これまでスルーしてたのか本当にワカラナイ。 強引に結ばれてしまう展開や攻の深すぎる闇が苦手で、正直に言うと最初のほうはあまり好みではなかったのですが(すみません)、荒削りながらも勢いのある作品の力に惹き込まれてどんどんハマっていった感じです。芸能界を舞台にした作品ならではの“表現”にまつわるセリフ、たとえば最新8巻の「ない引き出しひたすら全開って感じだな」。刺さる。 受の高人さんが美しくてえろくて可愛いのに漢気たっぷりなのがすごくよい。6巻のスペイン編は特に秀逸だと思います。突如現れたライバルの前で、まだ掴めてないフラメンコをそれでも一所懸命踊る描写は一瞬だけどちゃんと「まだまだ」なのが伝わってくる。作品を通してまだ見ぬスペインの太陽を浴びたような読後感。チュン太の祖父セレスさんのどこか昏いラテンキャラもすごく魅力的です。 芸能ものということで、彼らが出る舞台やドラマの内容も深く考えないといけない……その苦労は計り知れません。けど、細かいキャラデザや設定をすごく拘って作られているから、それが確かに「視える」からこそ、こんなに夢中になれるんだろうな。ああ、今すごく舞台が観たい。生の芸術に飢えて渇いているのがわかる。 私にとって不幸なのは、この壮大な物語に出会ったタイミングが「新刊が出たばかり」だったということ。早く続きが読みたくてギリギリしながら、アンソロの『性格悪い受がぐずぐずに泣かされる本』まで買ってしまいました(ネコになっちゃう高人さんが、にゃんにゃん鳴かされるトーニャカがヤバすぎて!高い買い物だったけど後悔はありません!!)笑 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ