We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

叶わぬ恋の結び方

通常価格:
676pt/743円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数582件
叶わぬ恋の結び方(1巻配信中)

作品内容

縁切り屋を営む薫の元に、一件の依頼が舞い込む。それは、ストーカーに困っているサラリーマン・原からのものだった。はじめは薫の話を信じきれない様子の原だったが、気づけば好意を寄せてくるようになっていた。しかし、縁を切る能力と引き換えに自身の赤い糸が存在しない薫は、原と結ばれることはないと彼の告白を拒絶するが――…。 【運命じゃなくたってかまわない――…】

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 叶わぬ恋の結び方
    登録して購入
    通常価格:
    676pt/743円(税込)
    縁切り屋を営む薫の元に、一件の依頼が舞い込む。それは、ストーカーに困っているサラリーマン・原からのものだった。はじめは薫の話を信じきれない様子の原だったが、気づけば好意を寄せてくるようになっていた。しかし、縁を切る能力と引き換えに自身の赤い糸が存在しない薫は、原と結ばれることはないと彼の告白を拒絶するが――…。 【運命じゃなくたってかまわない――…】

レビュー

叶わぬ恋の結び方のレビュー

平均評価:4.7 582件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 良いです
    けろさん 投稿日:2021/12/1
    読み返す程の作品って本当に少ない(私は)ですが、これは定期的に読み返してます。読み返す度に泣けます。そんなに好みの絵ではないのですが、ストーリーがとても良い。スピンオフ元読んでないですが全然問題無く読めます。機会があれば元も読んでみたい。

高評価レビュー

  • (5.0) 臆病と一途、赤い糸が繋がっていなくても
    うめさん 投稿日:2021/9/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 赤い糸の執行猶予で、繁司さんの背中を押した、赤い糸を切れる力を持った薫くんのスピンオフ。執行猶予も良かったですが、あちらが薫くんの物語の序章だった、と言っていいくらい素敵な作品です。 縁を切る事を生業にしているを薫くんは、赤い糸が見えるが故に、翻弄されてました。見えなければただの失恋、見えるから運命の力を感じてしまう虚しさ。自分には、赤い糸は決して結ばれないから、なおの事。諦めていた薫くんが出会ったのが、年上のお客さん、原さん。 原さんはまだ赤い糸が繋がってない、自分を好きだと真っ直ぐに愛情を向けてくれる。身体から始まっても、薫くんもすぐに惹かれてしまいます。けれど、いつか、原さんの赤い糸が誰かと繋がった時に、捨てられてしまうのが怖くて仕方ない。好きなのに、原さんに飛び込む事が出来ずに、苦しむ薫くんが切ないです。何度か好きな人を、赤い糸に持って行かれた経験が、とても臆病にさせてます。でもそれは、どれだけ原さんが好きかの裏返しなので。一途な原さんが、薫くんを好きになってくれて、良かったなぁと思います。作者さん初の年上攻だそうですが、ワンコ臭もさせつつ大人の色気や包容力もあって、素敵な攻さんです。 続きを読む▼
  • (5.0) 赤い糸シリーズ(2)原さんに甘やかされたい
    M2さん 投稿日:2021/9/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 何となくピンとこなかったシリーズ第1作。第2作目、薫&原さんcpに舞台を変えて、はじまりはじまり‥。え、こっちがスピンオフってホントですか?1作目はオードブルでこちらがメインですよね?と確認したくなるほどに、作家様の本領が発揮されておりました。 1作目ではなんだかぽやんとしていた「運命の赤い糸」設定。何で好きになったのかという過程を重視したい私としては少々物足りなかったのですが、原さんの一目惚れには、矛盾していますがすごく納得がいってしまったのです。どちらかというと体の関係から入った2人が、ズブズブと恋に溺れていく様子を、運命の相手がいないという薫の孤独も相まって、ドキドキして読みました。これならお互いハマっちゃうよね‥と。薫にとっては呪縛とも言える「運命」とやらを、熱〜〜い甘〜〜い愛で包み、溶かしてくれる原さん。そうか、本作は薫と一緒に原さんを愛でるお話なのだな!と気付きました笑。原さんが薫に首をコショッとされて、胸元にドキッとして(◯首描いてる作家様エロいです‥)、ズキューン(古)となったフワッとした始まりでも、もう許します許します!原さんのとろけそうな愛に免じて、全て許します‥! 続きを読む▼
  • (5.0) 縁切り屋
    きよさん 投稿日:2021/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 赤い糸が見える主人公の薫くん。でもその糸を結ぶ側ではなく、切る側の人だった。そんな薫くんの元に、その力を信じてはいないけれど、ストーカー被害に遭っている原さんが、藁にもすがる思いで依頼をして来た。それが始まりだった。それだけの関係で終わるはずだったけれど・・・。薫くんに惹かれた原さんが、運命の赤い糸なんてクソ喰らえ!って薫くんに猛アプローチ。薫くんが姿を消してもずっと忘れずに想っている、深い愛で。赤い糸の縁切りという宿命の為、自分には赤い糸が繋がらないと1人で孤独に耐え、フェイクでチャラく明るく振る舞っていた姿を、原さんが大きな愛で包んでくれて、薫くんの頑なな心をほどいてくれて良かった。この作品には前作があって、こちらがスピンオフだと聞いているけど、前作を知らなくても、こっちがメインでも全然違和感なく入り込める作品です。とことん甘やかす原さんとずっと幸せでいて欲しいと思います。後書きで作者さんがエロが描ききれていないと言っていたので、この作品の続きが出でいるようなので、楽しみに購入されてもらおうと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 受けだけじゃなく、攻めも
    たまに三歳ですさん 投稿日:2020/2/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 男女関係なくいけるんじゃね?って、思える言動が、攻の原さんの言動に見えかくれしてたような。 糸切って貰う時に、神沢さんの胸元が見えて、なぜか照れて急いで視線を外すわ、ホテルでは、神沢さんに、男相手にするのは、まだ先の事だと思ってたから、ちゃんとは調べてない。とか言うわ。 ノンケさんだったら、出ない言葉じゃ?とも思えたけど、私の思い違いだろうか? 吉尾先生も、あとがきで、エロはページの関係で減って、他の作品より少し多めくらいで終わった。とか、二人をくっつけるだけで1冊終わっちゃった。と、言ってはいたけれども、先生の同人誌、エロ増しされてるドラマCD、そして、題名の違う続編。続いてるし。先生も描き足りないようだし。 読み手のこちら側からの希望で、神沢さんの恋愛話になり、続編になり。何で?の、気持ち的に辛いモノがあったけど、進んでいくと話が繋がって、思っていない状態で府に落ちます。ちょっと話が脱線しましたが、次の話も雑誌でよんでるけど、本で読めるのが、楽しみですよ。また、CDもあると良いなぁ。 続きを読む▼
  • (5.0) 表題作のみ。「赤い糸の執行猶予」スピンオフ
    nekoさん 投稿日:2018/9/4
    表題作+描き下ろし+カバー下収録。「赤い糸の執行猶予」スピンオフ作品。前作に登場した、運命の糸を処理できる神沢(薫)がメインのお話。前作未読でも、大丈夫かと。今作に繋司と小幡は登場しません。しっとり切ないファンタジーもの。 「叶わぬ恋 の結び方」全6話 ストーカーに悩み、縁切り屋の薫に解決してもらったリーマン・原は、気付けば薫を好きになり…。前作でチャラい感じで登場していた薫。自分には赤い糸がなく、運命の相手とは出逢えないと言う薫と、一途に気持ちを伝える原のお話は、前作の軽めなラブコメとはうってかわって、グッと切ないテイスト。いやぁ、すっごく良かった!臆病な薫と誠実な原に、胸がぎゅうぎゅう締め付けられました。エロは白抜きで程よく、想いをのせてしっとりいい感じな仕上がり。大満足だけど、まだまだお話を深められそうな設定なので、更なる続編かスピンオフを期待したいな。切ないタイトル通り、素敵な作品でした。 「その後のお話」描き下ろし15ページ 最終話、続き。 「あとがき」カバー下 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 別れがくるとしても
    「赤い糸」が誰ともつながらないせいで、好きになったひとは必ず別の人と結ばれる悲しい運命を持つ薫は誰にも恋をしないと決めたのに、セフレであるはずの原の深い愛情と執着に心を奪われてしまいます。その先に別れがあったとしても恋を続けていこうとする2人を丁寧に吉尾アキラ先生が描いています。
    分析:さーちゃん
▲ページTOPへ