電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

悪魔さんとお歌

通常価格:
909pt/999円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数56件
悪魔さんとお歌(2巻完結)

作品内容

【あくまさん、僕のお歌を聞いてください!】
歌が下手で聖歌隊から追放された男の子「へたっぴ」とひょんなことから、その男の子の歌の先生になることになった「悪魔さん」。だがその“歌”は悪魔を殺すための歌で…!? 歪な関係の二人は、宵闇の中で今夜も無邪気に優しく笑い合う。Twtterとpixivにて大人気を博した悪魔と男の子の優しくて少しダークな物語がついに単行本化! 3編の新規描き下ろし(合計46ページ)も収録です。
(C)2019 Makoto Morishita

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 悪魔さんとお歌
    登録して購入
    通常価格:
    909pt/999円(税込)
    【あくまさん、僕のお歌を聞いてください!】
    歌が下手で聖歌隊から追放された男の子「へたっぴ」とひょんなことから、その男の子の歌の先生になることになった「悪魔さん」。だがその“歌”は悪魔を殺すための歌で…!? 歪な関係の二人は、宵闇の中で今夜も無邪気に優しく笑い合う。Twtterとpixivにて大人気を博した悪魔と男の子の優しくて少しダークな物語がついに単行本化! 3編の新規描き下ろし(合計46ページ)も収録です。
    (C)2019 Makoto Morishita
  • 悪魔さんとお歌 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    909pt/999円(税込)
    【あくまさん僕のお歌、また聞いてくれますか?】
    下手だけど歌うのが好きな男の子「へたっぴ」とその男の子に歌を教えている「悪魔さん」。日を増すごとに二人はお互いを必要としていくが、その関係は許されるものではなく…!? 悪魔と男の子の優しくて少しダークな物語がついに完結! 単行本でしか読めない、新規描き下ろしの最終話44ページも収録!!
    (C)2020 Makoto Morishita

レビュー

悪魔さんとお歌のレビュー

平均評価:4.8 56件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 感動
    たかさん 投稿日:2021/9/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 別アプリでほぼ読んでいたものの、番外編や最終回はコミックのみだったので買いました。値段が値段なのでやっと買えた! 悪魔さんもへたっぴもかわいいなぁってなごみからの和みからの2巻はヤバい。 2巻後半からずっと泣いた。 最終回も予想外で…… へたっぴくん頑張った(;ω;) 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ディストピア作品が好きならおすすめ
    ましろさん 投稿日:2020/12/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 悪魔さんと「へたっぴ」のとても歪で温かい関係にほっこりできます。 ぺたっぴの二面性が最高にゾクゾクしました。 あの赤目をそのままカラーで掲載してくれて嬉しい。 こういう闇チラ見えほっこりギャグテイストでずっといくのかと思っていたので、2巻の展開には動揺が隠せませんでした。 でも流石ですね、物語をまとめるのが上手い。 もちろん世界観(世界の謎)を完全に理解することはできませんが、数巻かけて描けそうな内容を上手く2巻で落とし込んでいます。素晴らしい。 こういうディストピア系の作品は、サクッとまとめてくれた方が私の精神的に嬉しいので個人的にはこの長さで丁度良かったです。 最終章は初手でボロボロ泣きました。その後は感情がジェットコースター状態。 最後は衝撃的すぎて一瞬頭が真っ白になりましたよ。 でも個人的にはふたりにとっての「幸福」なラストだったと思っています。 一般的にはメリバなんでしょうけどね。ハピエン厨の方にはきついと思われますので1巻で止めておくのも手かも。 願わくば、ああなってしまった彼をどこか安らかな場所へ連れて行って欲しいと思ってしまいます。 あのままだと吊し上げにされそうで…。あの助けた男の子が気づいてくれるなら尚良いですね(妄想)。 ひとつ我儘を言うなら、あのあと人間と悪魔の世界とその関係がどう変わったのかがわかれば良かったな〜と思います。 ちなみに1巻外伝は魔界のお話、へたっぴのダイエットの話、最終回を示唆する話(12.5話)が読めますよ。 2巻の報告書や日記はこの作品の世界観を拡げてくれるので必読。 この外伝3を読んで、出るかもわからない2巻を待ち続けたファンの皆さまには敬服致します。 正直ページ数の割にお値段は可愛くないですが、Webで読んでいたって方でも、描き下ろし外伝と最終章のために買う価値ありです。 【1巻】総P138 (キャラ紹介P2、おまけ漫画P1、あとがき漫画P1) 【2巻】総P156(おまけ漫画P1、「古い報告書」「とある若い教師の日記」「とある悪魔の独白」「成果報告書」各P1、あとがき・おまけ4コマP1) ※シーモアさんには電子特典は付きませんのでご注意下さい。 続きを読む▼
  • (5.0) とても感動しました
    neonさん 投稿日:2020/6/8
    某イラストコミュニケーションサービスの方で拝見していました!そちらの方でも絵がお上手だったのに、単行本になり線がさらに綺麗になり、へたっぴちゃんの可愛さと悪魔さんのかっこよさ・邪悪さが引き立っています。 純粋(?)で歌が下手なへたっぴちゃ んと、悪くて過保護で優しい(?)悪魔さんの物語です。 デフォルメ顔が程よく描かれているのが可愛らしくて読みやすく、テンポのいいギャグや、彼らの闇を感じさせる描写、そして泣ける感動するお話…起承転結や感情表現の描き方が非常に上手いと思いました。 そして描き下ろしも非常にボリュームたっぷりで満足しました!最後のお話は本当に感動しました。 初めはちょっと御本のお値段がお高めかなと思ったのですが、満足です。 もっとみる▼
  • (5.0) 泣いてしまった
    みそさん 投稿日:2019/11/7
    ぴく○ぶでまとめを読んでたのですが、書き下ろしが気になって購入してしまいました。結果、ボロ泣き。 悪魔さんもへたっぴちゃんもずっとこのまま、なんてわけにいかないのは薄々感じていましたが(お掃除回などから)、まさかあんなことになってしまうと は思わずしばらく呆然としてしまいました。でもあれが悪魔さんが望んだへたっぴちゃんの今後として一番いい未来だったのかな…とも思うのですが!ですが!出来れば二人で幸せになっている未来も見たかった…!! 書き下ろしまでの間に何があったのか、もし次巻が出るなら明らかになるといいなぁと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 後味ジャンヌダルク
    valletさん 投稿日:2021/5/15
    号泣したカナダのドラマ「バージン・ブレイド ジャンヌダルクの真実」と同様の読了感。「神の名の下に」を身勝手に解釈した大人が子供を犠牲にする作品です。中々の策士のへたっぴと、悪態付きながら甲斐甲斐しくへたっぴの世話する悪魔さんとの毎日はほのぼ のとしたものですが、描かれているバックボーンはかなり残虐。ラストがもうね・・・、涙無しでは・・・。※内容関係なく、1巻が138p、2巻が156p。各巻909円は確かに高い。中々値引きにもならなかった作品なので、クーポンあれば今が買い時! もっとみる▼
  • (5.0) 続編待ってます!!
    nicoさん 投稿日:2019/10/14
    twitterで投稿されているのを見て一目惚れ、pixivでまとめられているのを読み、書籍化されているのを知り、書き下ろしが気になりすぎて即購入。 へたっぴもかわいいし悪魔さんもかわいい。 へたっぴが時たま見せる悪魔も顔負けの感情がたま らない。 そして要所要所で泣きました。この未来しかないのでしょうか、続きが読みたいけどめっちゃ辛い・・・でも大好きですこういう展開・・・辛いけど・・・。 作者様の今後の活動に期待です!! もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ