漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

春駒 ~吉原花魁残酷日記~ 1

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数2件
春駒 ~吉原花魁残酷日記~(2巻配信中)

作品内容

これが花魁のリアル

大正13年---
親の借金のため何も知らぬまま
吉原に売られた19歳の光子。

花魁・春駒として遊廓で
働くことになったが……

実在した花魁の手記
『光明に芽ぐむ日』『春駒日記』を基にした
大正花魁残酷物語。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 春駒 ~吉原花魁残酷日記~ 1
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    これが花魁のリアル

    大正13年---
    親の借金のため何も知らぬまま
    吉原に売られた19歳の光子。

    花魁・春駒として遊廓で
    働くことになったが……

    実在した花魁の手記
    『光明に芽ぐむ日』『春駒日記』を基にした
    大正花魁残酷物語。
  • 春駒 ~吉原花魁残酷日記~ 2
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    リアルな花魁を描く、大正裏ロマン

    大正14年1月、光子が長金花楼に来て丁度ひと月が経った。

    「初見世」の札も取れ苦界での生活にも少しずつ慣れてきた。
    だが、突然の腹痛が光子を襲い…

    実在した花魁・春駒が書いた『光明に芽ぐむ日』
    『春駒日記』を基にした大正花魁残酷日記。

レビュー

春駒 ~吉原花魁残酷日記~のレビュー

平均評価:4.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 人間の卑劣さと強さ
    ko Ruさん 投稿日:2020/11/17
    女とて最大級に辛い経験をしながら、強く生きた花魁のリアルな実体験を読める貴重な漫画。人間の持つ卑劣さと、弱い立場の遊女達の強さや優しさが複雑な気分になる。同じ女性として辛い気持ちになるが、同時にこういう女性もいたんだから、どんな時でも乗り越 えていけるという勇気ももらえる作品。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 現実の花魁の過酷さ
    まつおさん 投稿日:2020/2/16
    原作が、大正期の元花魁の自伝(というか日記を元にした文章)をなので、過剰とも言える漫画表現がかえってそうでもしないと伝わらない逼迫した悲惨さを伝えてくる。 主人公の春駒は、当時の女性としてはかなり高い教養を持っていたが、女衒の口は本人 や家族を簡単に騙してしまう。吉原に花魁として売られるのがどういうことであるか、地方の男なら知っていたかもしれない。しかし売られる娘は知らない。これがどういうことか、想像するだに恐ろしい。 漫画はあまり今風の絵ではないが、起伏に富んだ内容で難しい廓用語も出て来ず、初心者にも易しい構成だ。 ただ、『青楼オペラ』や『花宵道中』しか知らない読み手にはあまり向かないかもしれない。現段階で、花魁たちには恋をする余地がない。 個人的に何とかしてほしかったのは、清川さんのサイドだけ垂らした前髪。原作がノンフィクションだというのに、有り得なさすぎる描写はちょっと残念がすぎる。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • リアルすぎる
    望月帝先生の時代を彷彿とさせる作品。大正時代の貧困を理由に身売りされてしまった光子は壮絶な人生を送りながらも強く生きていこうと頑張っている姿に涙がでてしまう作品。実家のために我慢する光子には幸せになってほしい。
    制作:のぞ
▲ページTOPへ