漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

後ハッピーマニア【単話】(12) NEW

通常価格:
180pt/198円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数724件
後ハッピーマニア【単話】(12巻配信中)

作品内容

ハッピーを追い求める女・カヨコは、すったもんだのすえ高橋と結婚。さらば恋よ…と心を決め(?)、気づけば結婚生活も十数年。しかし!カヨコにぞっこんだったはずの夫から突然の離婚懇願!カヨコ45歳、大ピンチ! 伝説の恋愛活劇「ハッピー・マニア」待望の新シリーズ第12話!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  12巻まで配信中!

  • 後ハッピーマニア【単話】(11)
    登録して購入
    通常価格:
    180pt/198円(税込)
    ハッピーを追い求める女・カヨコは、すったもんだのすえ高橋と結婚。さらば恋よ…と心を決め(?)、気づけば結婚生活も十数年。しかし!カヨコにぞっこんだったはずの夫から突然の離婚懇願!カヨコ45歳、大ピンチ! 伝説の恋愛活劇「ハッピー・マニア」待望の新シリーズ第11話!
  • 後ハッピーマニア【単話】(12)
    登録して購入
    通常価格:
    180pt/198円(税込)
    ハッピーを追い求める女・カヨコは、すったもんだのすえ高橋と結婚。さらば恋よ…と心を決め(?)、気づけば結婚生活も十数年。しかし!カヨコにぞっこんだったはずの夫から突然の離婚懇願!カヨコ45歳、大ピンチ! 伝説の恋愛活劇「ハッピー・マニア」待望の新シリーズ第12話!

レビュー

後ハッピーマニア【単話】のレビュー

平均評価:4.6 724件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 最後はハッピーになってほしいー
    菜花さん 投稿日:2021/5/8
    GWに昔のハッピーマニアを一気読み。昔はラブラブだった秀樹とフクちゃん、佳代子ひとすじだった高橋をみると、今の状況は本当に切ないー。 田嶋のこれまでの恋愛遍歴ストーリーも見てみたいです。

高評価レビュー

  • (5.0) 安野モヨコ様に一生ついていきます
    たまえセカンドさん 投稿日:2020/12/12
    子供のときの朝読書の時間に美人画報を読んでいたちょっと、いやかなりマセガキだったあの頃から13年ほどたち、25になりましたが変わらずモヨコ先生の作品が大好きでこの「後ハッピー・マニア」を執筆されると知ったときも大喜びで、毎話毎話楽しみにして います。 ハッピー・マニアの前作を初めて読んだときは、まだわからないオトナの恋愛事情がたくさんあってどうしてシゲカヨはここでこんなことして…周りくどい恋愛するの…ってすごく不思議に思っていたこともこの年になるとああ、わかるわその行動…うんうん…って自分自身をシゲカヨに投影させながら読むようになっていました。 他の作品の悪口になってしまいそうなんですけど た〇〇ばとか、凪の〇〇〇〇とか"こじらせ系女子"が主人公の漫画昨今むちゃくちゃ流行ってるけど、展開がものすごい暗い上に、主人公たちの心の中もどんどん暗くなってくるから、主人公の駄目な部分に自分を自己投影させてしまって、そしてその主人公たちが更に傷つくのをみると自分もその痛みを追体験してしまうのが嫌でした。 対してシゲカヨはダメ人間ではあるけど、基本なんとかなると思っていてフットワークが軽くて、どん底の状況にいるはずなのにめちゃくちゃ楽しそうに見える。だからシゲカヨのだめな部分に自己投影しても、他人から見たら悲劇も喜劇なんだから明るく考えようって気持ちになれるっていう…モヨコ先生からのメッセージがこのシリーズの根底にはあるのかもしれないとこの年になって、改めて思うところがあります。 後ハッピー・マニアも、今の私の年齢と比べるとちょっと上の話だからどうしてシゲカヨ素直にならないの?!、どうしてそんな冷たいことまた言って…ってハラハラするところがたくさんあるんですけどきっとこの行動も数年後にはわかるわーって自己投影して読んでると思うけど、その時もシゲカヨみてこんなに辛い状況なのにそれなりにこの場を楽しめてるから私もなんとか頑張ろって勇気を貰えるのかなって思ってます。 そして、後シリーズでもそれぐらい毎話毎話シゲカヨが酷い目にあってるのがウケますw ハッピー・マニアシリーズが好きだった方、モヨコ先生の主人公の強さに憧れて大人になった女子たちにぜひ読んでほしいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 働きマン以来の面白さ
    わたさん 投稿日:2020/5/18
    ハッピーマニア、当時はシゲタさんの自由奔放で危ない道を走り回っては傷付いたり、まっすぐかと思いきやナヨナヨと女の子に流されちゃう高橋君に頼ってみたり、そうかと思うとまた逃げ出したりとやる事がぐちゃぐちゃな所にイライラしてあまり好きじゃなかっ たなぁと思ってました。今思うと同族嫌悪みたいなところがあったなぁと思います。 あれから現実も15年以上経ち、元シゲタさん現高橋さんのぐるぐるドタバタとしたのをまさか見られるとは思いませんでした。当時若かった自分も結婚し生活を送っていますが、かつて同棲した恋人に浮気されかけたり尾行しかけた事があるので、当時の氷水をかけられたような辛さを思い出してジリジリした気持ちになったり手に汗かきながら読みました。 心の繊細な部分とざっくばらんな絵でサラリと描く、安野モヨコさんの今描けるものが描かれていると思います。また背景などが写真をデジタル処理になり、作画のコストの低下による作品作成のスピードアップ、技術の進歩を感じます。 彼女のフィクション作品を雑誌で読むのではなく単独で買ったのは働きマン以来です。あの作品大好きでしたが社会情勢の変化で描けなくなった事が非常に残念でした。その後の作品はややファンタジーに傾倒しているように見えたのですがまた現代の話を描いてくれて嬉しいです。しかし疫病の発生、大不況の到来の様相とまた社会情勢が変わってきてしまい、フィクションに現実をどこまで反映するべきなのか等お話を作る事が難しいかと思いますが、是非このままテンポ良く連載を続けていただき、お話の最後まで描ききってほしいなぁと願っています。 もっとみる▼
  • (5.0) リアルすぎ
    chiyogamiさん 投稿日:2020/4/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作同様、女性にとって痛いところを突っ込んでくるなと。安野先生の鬼才っぷりにただただ関心するばかりです。 シゲタは、恋愛や結婚の一般的なルールを無視して自分ルールで恋愛至上主義で挑みます。一方のタカハシは一般路線で生きてるんですよね。人の価値観の中で、正しいとされる道を踏み外さず生きてきた故、自分が本当は何者なのかを知らない。自由に生きてるシゲタを羨ましい、と思ったんじゃないでしょうか。 でも結婚してから、シゲタは変わってしまった。三食昼寝付きのぐうたら人生を手放したくなくて、結婚したら浮気はしないものという、タカハシのような人生を生きることになった。 一方のタカハシも、シゲタ同様、ハッピー・マニアだったんですよね。自分のことなんか好きじゃなさそうなシゲタが幸せをもたらしてくれると思っていたし。でもタカハシは、シゲタを尊敬したり信じたり育てることを生活の中で放棄したんだと思います。苔しか育てられないと思ったから、理想の子育てをしてくれなそうだから、子供を作らなかったんでしょうし。タカハシもきついことしてきたなと思います。で、最後に自分かわいさで、歳を取ったシゲタを裏切ったし。 シゲタもタカハシも、本質的な部分が似ているんですよね。でも月日が重なれば、いつかお互いを尊敬し、大切にできるようになる日が来るのではないかと思います。それが再び結婚という形に落ち着くのかどうかはわからないんですが。 続きを読む▼
▲ページTOPへ