電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

密書でござる!-隠密好色奮闘記-

通常価格:
250pt/275円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数115件
密書でござる!-隠密好色奮闘記-(1巻配信中)

作品内容

隠密である沼助は、自身の仕える老中より若殿への密書を承る。決して奪われたり中身を読まれたりしないよう命じられ、肝に銘じる沼助だったが、突然、老中から“抱擁”され「これも、しかと伝えよ」と仰せつかる。沼助は「重要な暗号に違いない」と受け止め、若殿へ密書と共に“抱擁”を伝えるが、今度は若殿から“接吻”されてしまい…?次第に過激になっていく指令に、沼助の運命は―…!?老中×隠密×若殿の新感覚「三角関係」お江戸BL!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 密書でござる!-隠密好色奮闘記-
    登録して購入
    通常価格:
    250pt/275円(税込)
    隠密である沼助は、自身の仕える老中より若殿への密書を承る。決して奪われたり中身を読まれたりしないよう命じられ、肝に銘じる沼助だったが、突然、老中から“抱擁”され「これも、しかと伝えよ」と仰せつかる。沼助は「重要な暗号に違いない」と受け止め、若殿へ密書と共に“抱擁”を伝えるが、今度は若殿から“接吻”されてしまい…?次第に過激になっていく指令に、沼助の運命は―…!?老中×隠密×若殿の新感覚「三角関係」お江戸BL!!

レビュー

密書でござる!-隠密好色奮闘記-のレビュー

平均評価:4.6 115件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) なんだこれは!!!
    ななしさん 投稿日:2021/10/8
    なんだこれは!!!面白すぎるじゃないか!!! いや、もう、沼助のこの後の日々が気になって気になって。 御家老と若殿のツヤツヤっぷりと沼助のやつれっぷり最高。 とりあえず密書を狙う敵はひたすら不憫ですね。

高評価レビュー

  • (5.0) 斬新!エロと笑いのるつぼの36ページ
    vamさん 投稿日:2021/3/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 初読み作家様。フォローさせて頂いた方の最新レビューで、即決め、即購入です。(すご〜く良い情報をありがとうございます!) お江戸BLを読む事もなかなかない貴重な体験で、新しい世界を垣間見た気分で、超絶楽しかったぁーー。もぉ、面白いのなんのって…声出ました。 隠密・沼助のミッションは、家老と若殿様の間で交わされる密書を届ける事。だけではなく、暗号かもしれないサインも、寸分違わず確実に伝える事。えっ?ヤバイ、なんだこの濃密伝言ゲーム(笑)。面白い〜。斑月先生の発想とセンスに脱帽しちゃいます。もぉこれも、電車で読めな〜い。 沼助が、赤面しながら律儀で忠実だから、体毛濃いのにやたらと可愛く見えてしまう。家老も、若殿も期待してる感がいい(笑)笑ったわぁ。 もっと見たい!と思ったら、続編ありました。やったーーー。 続きを読む▼
  • (5.0) これぞ まさしく密書
    シルクマムさん 投稿日:2020/4/13
    32ページという短編ですが、これを高いとは思えない位笑わせて頂きました。最初は書簡を秘密の穴(ア○ル)に隠すから密書というオチかと思ってた。さすがに私も深読みが過ぎたか。藩のご家老から江戸のお殿様へ、江戸のお殿様から藩のご家老へと交互に頼ま れる密書を沼助は何度拝命したか・・!密書と共に身体へと託される行為は、これぞまさしく密書!と笑いしかない。最初は殿様とご家老との秘めたる思いと思っていたけど、後になると沼助してやられたりとしか思えない。最後の最後まで忠実な沼助がとにかく不憫です( ≧∀≦) もっとみる▼
  • (5.0) 成程相分かった
    ◉_◉さん 投稿日:2020/6/21
    全てのレビューが笑いに満ちており、一瞬、自分は今どこのジャンルにいるんだっけ?と心配になって見返したほどの皆様の好反応に、此れは買わずんば有る可からず!とて購入。 家老×髭忍、髭忍×若殿、髭忍を媒体にした家老×若殿、髭忍による成り行き下克 上?が次々と繰り出され息をも継がせぬスラップスティック時代劇BLです。沼助さん大変だけどちょっと棚ボタで羨ましいポジションでした。なんにも考えずに楽しみたい時にうってつけの短編です。買って損は無しかと もっとみる▼
  • (5.0) さくっと読めて面白い^o^
    あんさん 投稿日:2020/7/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙のインパクトで、躊躇しましたが、レビュー読んで好評だったので買いました。作者さんの発想力に脱帽です。密偵の沼助が任務を真面目にやっていくと、沼にはまったみたいな?密書が要らなくなって、自分が密書になる…って言うのが、面白い!攻めの家老、受けの美男の若殿、間に入るワイルドな沼助、この三角関係(?)も絶妙ですね。短いながら、起承転結しっかりしてて、オチもあって、落語みたいと思いました。笑えて明るい気持ちになります^o^ 続きを読む▼
  • (5.0) おもしろすぎっ!
    salmonさん 投稿日:2020/6/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 高評価だったので読みたかったのですが、まとまるまで待とうと思っていたら、読み放題で読めました。冒頭から何のことやらわからなかったのが沼助の「いいんだよな?」でドッカンときて、濁流に飲み込まれる如くハマりました。すごい、すごすぎる。もしもこんなのがいくつかまとまっちゃったらどうなるの?楽しみです!絵が真面目で内容と合ってないのが余計にクル〜。修正は、ほとんど見えない構図で1部白抜き。でもこの作品にはこんなの関係ないか〜。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 斬新すぎる三角関係!
    斑月先生によるお江戸BL!老中×隠密×若殿の斬新すぎる三角関係とは!?隠密の沼助は主人の老中から若殿への密書を承り、加えて抱擁され「これも伝えよ。」と仰せつかる。沼助は真面目に任務を遂行するが、今度は若殿から接吻されてしまう。エスカレートする行為と彼らの奇妙な関係に爆笑必至な作品です!
    広報:熊五郎
▲ページTOPへ