電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

鉄界の戦士(4) NEW

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数1件
鉄界の戦士(4巻完結)

作品内容

新種のオオムカデ、そして元八部衆のヤクシャの襲撃により、
瀕死のゲジの治療と拠点の修復に追われる解体軍。
一方、ハクタイの調査から、
「赤鬼」を含む残りのオオムカデが、
クローンを産む準備のため、一斉に動き出したことが判明……!!

オオムカデの産卵=世界の破滅を阻止すべく、
アシダカ達はかつての八部衆が遺したアームを背負い、
最後の戦いへと向かう――!!

4言語・全世界180ヵ国以上で話題騒然配信中!
『人馬』墨佳遼が描く超次元・バトルファンタジー、いよいよ完結!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全4巻完結

  • 鉄界の戦士(1)
    登録して購入
    無 料【期間限定】9/30まで
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    価格:
    0pt/0円(税込)
    『人馬』墨佳遼が挑む新・王道バトルファンタジー!忌み畏れられた鉄の腕で、少年は世界の破滅と戦う!!
    生き物が生身の腕に加えて、鉄の腕を持つ世界。
    二対以上の鉄の腕を持つ者は【多腕】(たわん)と呼ばれ迫害される。
    差別を正義と言い替え平和は保たれていた。
    だがある日、世界を破滅へと誘う百対の腕を持つ悪魔が復活‥‥!
    多腕の少年・アシダカは運命に導かれるように悪魔と対峙する。
  • 鉄界の戦士(2)【電子限定特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    世界を破壊するオオムカデーー通称“百対の悪魔”を倒す組織「悪魔解体軍」との対立・戦闘の末、
    瀕死の重傷を負ってしまったアシダカ!
    ところが、驚異的な速度で再生するアームが、
    アシダカの意識を呑み込み暴走を始めてしまう――!!

    後日、目覚めたアシダカに知らされたのは、
    新たなオオムカデ“青鬼”の襲来。
    解体軍の特攻隊長・ホンチとともに
    青鬼討伐へ向かうこととなったアシダカとゲジだったが、
    そこで二人が見た光景は……。

    『人馬』墨佳遼最新作! 超次元バトル・ファンタジー第2巻!!

    <電子版限定特典>
    電子書籍版限定! ここでしか見られない描きおろし美麗イラスト&設定ラフ画など計7枚を特別収録!
  • 鉄界の戦士(3)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    アームの改造・強化のできる「整備士」を探す旅の道中、
    多腕を憎む一対の整備士・ツチと知り合ったアシダカ達。
    『もう誰も悲しませず、傷つけない』と誓うアシダカは
    ツチからの攻撃を食らい重傷を負いながらも、決して自ら手を出さないアシダカ・・・!
    ツチを仲間にするために意外な行動に出るが――!?

    一方、アシダカ達の帰りを待つ解体軍メンバーも、
    本拠地でそれぞれの戦力増強を図っていた。
    ところがそこに、圧倒的機動力を持った新種のオオムカデが襲来し・・・!?

    4言語・全世界180ヵ国以上で話題騒然配信中!
    『人馬』墨佳遼最新作! 超次元バトル・ファンタジー第3巻!!
  • 鉄界の戦士(4)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    新種のオオムカデ、そして元八部衆のヤクシャの襲撃により、
    瀕死のゲジの治療と拠点の修復に追われる解体軍。
    一方、ハクタイの調査から、
    「赤鬼」を含む残りのオオムカデが、
    クローンを産む準備のため、一斉に動き出したことが判明……!!

    オオムカデの産卵=世界の破滅を阻止すべく、
    アシダカ達はかつての八部衆が遺したアームを背負い、
    最後の戦いへと向かう――!!

    4言語・全世界180ヵ国以上で話題騒然配信中!
    『人馬』墨佳遼が描く超次元・バトルファンタジー、いよいよ完結!!

レビュー

鉄界の戦士のレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白かった
    Mマミさん 投稿日:2021/9/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 終始力のこもった画力で、内容で、飽きさせなかったです。最後、若干駆け足で終わった感が残念かな。 でも、久々に好きな漫画に出会えました 作者様ありがとう。関係者の皆様ありがとう。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ