漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】 12 NEW

通常価格:
120pt/132円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数300件
うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】(12巻完結)

作品内容

【私は愛されるはずのない”第二妃”――。激動のヒストリカル・ロマン!!】
正妃のいる国王の元へ、「第二妃」として愛なき政略結婚をすることとなった辺境領主の娘ベルタ。しかし子のない国王夫妻をよそに、後継ぎとなる子を妊娠してしまったことからベルタは王宮の権力闘争に巻き込まれていく。そして次第に王ハロルドとの関係にも変化が…? 「小説家になろう」発、激動のヒストリカル・ロマン!!
※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。
※この商品は「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~」を1話ごとに分冊したものです。
(C)Himawari Nishino 2020 Licensed by KADOKAWA CORPORATION (C)2021 Aya Tanaka

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全12巻完結

  • うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】 11
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    【私は愛されるはずのない”第二妃”――。激動のヒストリカル・ロマン!!】
    正妃のいる国王の元へ、「第二妃」として愛なき政略結婚をすることとなった辺境領主の娘ベルタ。しかし子のない国王夫妻をよそに、後継ぎとなる子を妊娠してしまったことからベルタは王宮の権力闘争に巻き込まれていく。そして次第に王ハロルドとの関係にも変化が…? 「小説家になろう」発、激動のヒストリカル・ロマン!!※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。※この商品は「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~」を1話ごとに分冊したものです。
    (C)Himawari Nishino 2020 Licensed by KADOKAWA CORPORATION (C)2021 Aya Tanaka
  • うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】 12
    登録して購入
    通常価格:
    120pt/132円(税込)
    【私は愛されるはずのない”第二妃”――。激動のヒストリカル・ロマン!!】
    正妃のいる国王の元へ、「第二妃」として愛なき政略結婚をすることとなった辺境領主の娘ベルタ。しかし子のない国王夫妻をよそに、後継ぎとなる子を妊娠してしまったことからベルタは王宮の権力闘争に巻き込まれていく。そして次第に王ハロルドとの関係にも変化が…? 「小説家になろう」発、激動のヒストリカル・ロマン!!
    ※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。
    ※この商品は「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~」を1話ごとに分冊したものです。
    (C)Himawari Nishino 2020 Licensed by KADOKAWA CORPORATION (C)2021 Aya Tanaka

レビュー

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~【分冊版】のレビュー

平均評価:4.3 300件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) タイトルが良くない!
    Mikkiさん 投稿日:2021/5/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 流転の王妃ベルタ。確かに予想だにせず王の子どもを身ごもってしまうけど、うっかり妊娠って…。政治的な背景から第二夫人となったベルタ。第二夫人ながら王の第一子を授かったことによりその運命が大きく変わっていくという大河のようなお話です。 最初はベルタに何の関心もなかった王が次第に心を寄せていき、王の良き理解者、正妻となり王妃となっていく運命に心震えます。しかしながらベルタの妊娠により第一夫人の運命も変わっていく様子は逆に切ないです。120円にしてはページ数も多くお得感もありお勧めです! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 主人公が凄く格好いいです
    ちいこさん 投稿日:2020/7/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 後宮入りをする前から、味方のいない、敵陣の中に 一人はいる事をわかっていた主人公。後宮入りして直ぐに誰もが予想していなかった、子を授かり。また、正妃と主人公の間にも派閥はできてしまい。本当なら1番主人公を守るべき人である、殿下はどちらかと言えば、正妃の方の肩を持ち…と、普通なら病んで当たり前の状況の中。主人公は折れることが無く。一人でも必死に戦い。そして自分よりも最優先は大事な我が子。そして自分と子の世話をしてくれる侍従たちの身の安全や。どんな状況下の中でも物事を冷静に判断しより最善の処置を取る頭脳。だれよりもきっと懐は深く。愛のない殿下に対しても細かな気配りができる主人公が、格好いいし、憧れます!…きっとこれからもたくさんの困難に見舞われるとわかっていても、最後は主人公に誰よりも幸せになって欲しいと切実に思いました! 続きを読む▼
  • (5.0) タイトルは
    kinkaさん 投稿日:2020/7/2
    うっかり〜→肖像 にネット連載完結に合わせて改題された経緯があったと思います。 本当のところは原作者さんにしかわかりませんが、おそらく最初の1ページを読んでもらうためにあえて今風ラノベ風にして、成功して読者がついて完結してから、本来付けた かったタイトルにされたのではと思っています。とても上手なやり方だなと思いました。 内容はしっかりしたよい作品なので、確かにタイトルの軽さとの齟齬は感じますが、はじめから肖像のほうだと読者幅を狭めたような気がします。 小説よりとっつきやすい漫画とはいえ、コミカライズもこちらのタイトルで正解だったのではと。 今風ラノベ期待して読んで、そうじゃなかったけど面白かったから続きを読んでしまう。そういう良作だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 凛とした王妃様かっこいい!
    ぺきさん 投稿日:2020/10/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供が出来なかった陛下と第一王妃との間に 新たに主人公の王女がやってきて、あっという間に子供が出来てしまう…。 陛下と第一王妃の間に長く連れ添った愛があるからこそ重めのストーリーで 主人公である王妃も微妙な立場という悩ましいシチュエーションです。 そんな中でも自分の役割を俯瞰して冷静に立ち振る舞う王妃ベルタがカッコよく 陛下もそんなベルタに対してパートナーとしての頼もしさを感じて気を許していく。 そんな中、一番悲しい立場なのは第一王妃なのかもしれない… 王族の役割を割り切るベルタ、王としての血縁や立場を考えながらも 第一王妃を大切にしたい陛下、感情で動いてしまう第一王妃 みんなに感情移入して読めて楽しいです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ