電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

僕は先日死にました。 1巻

300pt/330円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「あなた達二人は、末永く幸せに暮らします」結婚を目前に控えていたある日、彼女のお供で訪れた占い屋で、僕たちは占い師からこんなお告げをいただいた。占いなんて元々信じていない方だったから、告げられた未来がどんなものであっても、きっと気にしないだろうと思っていた。だけど――…。結婚からわずか1か月後、僕は不慮の事故で死んだ。そして僕は、なぜか占い師さんのところに現れてしまって――?人気音楽クリエイター・テンツクの原曲『生命線』に、人気歌手・島爺が弾き語りを乗せた楽曲へのオマージュを下地に描かれた、人間の命と愛について綴る感動作!

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 僕は先日死にました。 1巻

    300pt/330円(税込)

    「あなた達二人は、末永く幸せに暮らします」結婚を目前に控えていたある日、彼女のお供で訪れた占い屋で、僕たちは占い師からこんなお告げをいただいた。占いなんて元々信じていない方だったから、告げられた未来がどんなものであっても、きっと気にしないだろうと思っていた。だけど――…。結婚からわずか1か月後、僕は不慮の事故で死んだ。そして僕は、なぜか占い師さんのところに現れてしまって――?人気音楽クリエイター・テンツクの原曲『生命線』に、人気歌手・島爺が弾き語りを乗せた楽曲へのオマージュを下地に描かれた、人間の命と愛について綴る感動作!

レビュー

僕は先日死にました。のレビュー

平均評価:4.7 6件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 泣くわー
    ぴろみつさん 投稿日:2021/12/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者買いです。占い師にみてもらったカップルのお話し。末永く幸せになれると言われたのに、一月足らずで事故で亡くなった夫。しっかり者だったハズの妻は何もやる気がおきずに怠惰な日々を過ごしている。成仏出来ずにいる夫は再び占い師の元へ訪れる。妻に一言伝えて欲しくて…。妻は生きるために立ち直れるのか?夫は成仏出来るのか?そして、占い師は本当に未来を視ることが出来るのか?必ず泣けるので心して読んで下さいね。 続きを読む▼
  • (5.0) 再出発の一歩。
    華はなさん 投稿日:2022/6/1
    時計先生の作品には 先週割引クーポンがあって、それで 出会って、読み漁っています。時計先生は ありとあらゆる愛情を斜め上から描かれていて、ハピエンであっても、ちょっと 切なかったり、悲しかったりするんです。(この作品がそう。)ほんと、心を鷲 掴みにされます。 もっとみる▼
  • (5.0) 悲しいけど暖かい話。
    ナイスーさん 投稿日:2022/5/27
    霊が見える占い師と新婚なのに亡くなってしまった夫と残された妻の話。悲しいテーマの話だけど最後は暖かい気持ちで読み終われた作品。淡々と話は進むんだけど描写が上手で色々グッときた。
  • (5.0) なんか、、、
    キョロさん 投稿日:2022/5/27
    なんか読み終わったらじんわり胸が熱くなりました。 大切な人がなくなり亡霊になって出てきて、奥さんを心配する旦那さんと霊が見える占い師さんのお話です。
  • (4.0) 上を向いて歩こう
    みはるぴょんさん 投稿日:2022/5/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 6/2までセールです。同じタイトルでもう1作品あるようなんですが、そちらは他にも収録されてる作品があるようですね。純粋にこのタイトル作品を読みたいならこちらをどうぞ(^^インパクトあるタイトルですよね・・・コメディっぽくも見えるけど、何せ「死んで」から始まるお話しなので・・・悲しいけれど、ネガティブで終わらない。でもやっぱり泣けるお話です。 これ実は作家さんが「生命線」という歌から影響を受けて出来た作品・・なんだそうです。新婚で幸せな日々を送っていた夫婦の、旦那さんが不慮の事故で亡くなり・・・成仏出来てない旦那さん:智と、毎日を呆然と暮らすお嫁さん:夏菜子の・・・生前に見てもらった占い師を間に挟んで(巻き込んで?!(^^;)の「前を向いて生きていこう(生きていって(^^)」な温かい内容なんですが・・・読んで、泣いて、あとがき読んで速攻「生命線」で検索・・・動画で歌聞いて二度泣きました(^^; 割と歌詞そのままな感じなので、聴きながら漫画のほうを思い出してまた泣いて・・・な感じでしたね・・・・誰かの作品で感動して、そこでまた作品が生まれてそれを読んでまた感動する「誰か」が居て・・・・っていうステキな波紋が生まれてる・・・って思うと感慨深かったです(^^ 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ