電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛 (2) 【かきおろし漫画&電子限定かきおろし漫画&コミックシーモア限定特典付】

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数295件
黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛(2巻配信中)

作品内容

「ずっと同じではいられないから…伝えなきゃ。」

ついに宗一と恋人同士になった結。
彼が秘めていた想いの裏側を知り、
愛しさが増していくばかり。
だけどその傍ら、宗一と佑志郎の
兄弟仲がさらに険悪になっていることが
気にかかっていた。

ふたりの仲を取り持ちたいと考えるけど
なかなかうまくいかなくて……!?

幼なじみの形、兄弟の絆が変わっていく。
ぞくぞくするほど重い、純愛ラブストーリー第2巻!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

レビュー

黒弁護士の痴情 世界でいちばん重い純愛のレビュー

平均評価:4.7 295件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) えろきゅんです
    みーこさん 投稿日:2021/9/22
    ハイスペック弁護士が一途に幼馴染みを溺愛するストーリにドキドキキュンキュンがとまりません。ライバル女子との戦いやトラブルはあんまり全面に出てこず、むしろ宗一の嫉妬で振り回される感じがこれまたドキドキキュンキュンです(笑)そして、宗一の言動は 一歩間違えたらただの変態なのに、顔、スタイル、頭脳、職業がハイスペック過ぎて「気持ち悪くない」のです!とってもはまります! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 美しい
    あいかさん 投稿日:2021/7/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 単話でも毎話買っていますが、描き下ろしめあてでコミック版も購入しました。全部つなげて改めて読むと、本当に美しい!と、すばらしい!が口から漏れ出ますね。2巻は想いが通じ合った後の2人が描かれており、ステップアップした関係性や物語が楽しめました。そして何と言ってもすみ先生が描く本作のエロさと美しさはピカイチだと思います。バリエーションに富んでいるだけでなく、2人の想いに呼応するようにつながりも深くなり、新しさと貪欲さに目を奪われます。さらに圧倒的画力の高さで美しさは増すばかり…。眼福です。宗一と結カプが大好きすぎていつまでもイチャイチャしていてほしい。とはいえ、これから宗一の闇の部分が曝け出され、物語が大きく動いていくのも楽しみです。2人らしく、エロさと希望と愛をもって乗り越えていってほしいな…。描き下ろしは宗一視点でこちらもおいしくいただきました笑。やっぱり私は完全なる宗一推しなんだなと確信しました。 続きを読む▼
  • (5.0) 綺麗なえっち
    たわしさん 投稿日:2021/8/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 とにかく絵が綺麗! エッチシーンも胸がとても柔らかそうに描かれています。 幼馴染2人の兄弟は母親違いで現在は主人公の事もありギクシャクしていますが、2巻ラストで少しだけお互いに近づけた感じなのが良かったかな。 兄の心に引っかかっている幼い頃の思い出を、主人公がどうほぐして行くのか楽しみです。 主人公の同僚の進藤さんは仕事を頑張っている女の子で、主人公に対して最初当たりが強いけど、確かに主人公の目的もなく転職という感じにはイラッとするのもわかる。 たださっぱりとしていてとても素直ないい子だったので、頑張っている仕事で報われる日が来るといいな。 主人公を始め、登場人物の感情が割とあっさりとしているので読みやすいとは思います。 ただ結構淡々進んでいく感じなので、絵>話なのは否めないかと思います。(それを補ってきれいな絵ですが) 続きを読む▼
  • (5.0) 重い純愛、最高です。
    ひめさん 投稿日:2021/4/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 子供の頃からヒロインはヒーローにとってひだまりの存在で彼女に言われたことで肩の力が抜けたのかなぁと同時に彼女の為に相応しい男になろうと意志を強くする幼めのヒーローもかっこいいですし、それから会わなくなってからもずっと怖いくらいのヒーローの執着溺愛が良いです。会えるはずの時も生ヒロインに会わずにいたヒーローのヒロイン愛のあたため方が長過ぎなのに腐らせずに熟成発酵具合がヤバイくらい良い頃合いに彼女のもとへ戻ってくる彼がたまらないと思いました。彼女を徹底的に守り抜く覚悟のヒーローと、どこか危なっかしいヒロインがお似合いです。そしてヒロインが可愛くて仕方ないヒーローの脳内が彼女のことでいっぱいなっている姿が可愛くて、ヒーローもたった一人の人を一途に愛するただの男の人というのが分かるので、そういう所も好きだと思いました。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ