マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPTL(ティーンズラブ)・レディコミマンガTL(ティーンズラブ)コミックアイプロダクション黒ひめコミック甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】【電子限定おまけ付き】~駿ちゃん、大好きです…~ 5
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
TLコミック
甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】【電子限定おまけ付き】~駿ちゃん、大好きです…~ 5
5巻配信中

甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】【電子限定おまけ付き】~駿ちゃん、大好きです…~ 5

780pt/858円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【電子限定おまけ付き】おまけが収録されているのは電子版だけ!
【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第25巻~30巻を収録した単行本版第5巻です。重複購入にご注意ください。】

「バカだな、俺。やっとわかった。ずっと瑠璃が好きだったんだ」

駿(しゅん)の彼女だと間違われたことをきっかけに、とうとう瑠璃(るり)は野水(のみず)が彼女だとわかっていたと駿に伝える。何かをあきらめたようにさらに距離をとる瑠璃に、駿は苛立ち、大喧嘩に発展してしまう。するとだんだん瑠璃の体調が悪化!とっさに介抱する駿は、かつて同じように瑠璃が倒れた出来事を思い出す──…。瑠璃への気持ちを自覚した駿は、野水との付き合いにピリオドを打つため、大胆な行動に打って出るが…?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】1~駿ちゃん、大好きです…~

    680pt/748円(税込)

    【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第1巻~6巻を収録した単行本版第1巻です。重複購入にご注意ください。】
    「…昨日、部屋でできなかったこと、していい?」一つ同じ屋根の下、大好きな人と暮らしている幸せ。ただし”兄妹”として――幼い頃、両親の再婚で義兄妹になった瑠璃と駿。今では同じ大学に通う二人は、誰にも言えない秘密の関係を築いていた。大人しく地味なタイプの瑠璃にくらべ、義兄の駿は、昔から何でもできて、男女ともにモテる人気者。その爽やかさゆえに、駿はセックスに淡泊でクリーンなイメージで通っていたが、瑠璃に対してだけ、所かまわず激しい独占欲と欲情をあらわにする。話は過去にさかのぼり、瑠璃に手厳しい義母や、駿の自称・彼女“野水さん”、瑠璃を想う親友 “あおちゃん” …個性的な登場人物たちが、瑠璃と駿の仲をかき回していく。それぞれの思惑が交差する、禁断純愛+群像劇TL!
  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘2~駿ちゃん、大好きです…~【単行本版】

    680pt/748円(税込)

    【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第7巻~12巻を収録した単行本版第2巻です。重複購入にご注意ください。】
    「瑠璃、もう濡れちゃった? じゃ、もっと気持ちよくなろっか」幼い頃に両親の再婚で義兄妹になった、瑠璃(るり)と駿(しゅん)。二人はいつしか心を通わせ、秘密の恋愛関係を築いていた。そんなある日、二人はデートに出かけた先で、架線トラブルに遭ってしまい、急遽ホテルで一泊することに。瑠璃は、駿との初セックスを意識しすぎて、ギクシャクしてしまうが…?時を同じくして、駿の母親・翠(みどり)は、元夫・駿路(しゅんじ)と偶然再会し、現在、二人の幼なじみでもある隼人(はやと)と再婚していると伝える。それから4人目の幼なじみ、隼人の元妻であり、瑠璃の実母・珊瑚(さんご)が話題に上がるや否や、翠は激しい拒絶を示し――。過去編では、瑠璃の親友 “あおちゃん” こと、葵(あおい)視点で、瑠璃と葵の出会いが描かれる。禁断の愛をはぐくむ義兄妹を取り巻く、家族、友人、自称彼女…それぞれの純粋な《執着心》の行方とは――さらに加速度を増す群像劇TLの第2巻!
  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】~駿ちゃん、大好きです…~ 3

    680pt/748円(税込)

    【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第13巻~18巻を収録した単行本版第3巻です。重複購入にご注意ください。】
    「私…ずっと、男の人に襲われたあの日から駿ちゃんとこうなりたいって思ってた」駿(しゅん)と瑠璃(るり)が家族になって2年。瑠璃はいつしか駿の前で何かをはぐらかすように、いつもヘラヘラと笑っていた。そんな瑠璃の心情に踏み込めないまま時が過ぎ、駿は、瑠璃の同級生・野水晶(のみずあきら)と付き合うことに。一方その頃、受験の迫る瑠璃は、駿と同じ「北学」に進学しようと勉強していた。駿に勉強を見てもらううちに二人の距離は近づいて……。『もし駿ちゃんと同じ北学行けたら……』放課後にデートをする妄想が止まらない瑠璃だったが、偶然、駿のカバンの中に野水の学生証を見つけてしまう。さらに、独占欲をむき出した野水のいやらしい罠が、瑠璃を待ち受ける。「駿ちゃんと私は特別な存在で、なんでも知ってるんだからって……そう思っていた。」なのに――…
    駿の本当の気持ち、瑠璃の駿への想いの行方は……!?繊細でセンセーショナルな過去が明かされる群像劇TL第3巻!
  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】~駿ちゃん、大好きです…~ 4

    720pt/792円(税込)

    【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第19巻~24巻を収録した単行本版第4巻です。重複購入にご注意ください。】
    「ビリビリするくらいの、独占欲。ヤキモチ妬いてるんだよ、いろいろとね」

    瑠璃(るり)は女子校に進学し、喫茶店のバイトも始めていた。義兄の駿(しゅん)に対しては、どこか心を閉ざしたような、よそよそしい態度をとるようになっていて……。駿は、そんな瑠璃の態度に違和感を感じつつも、友人たちの前では無意識に、「彼女」の野水(のみず)よりも「義妹」の瑠璃への執着を示す。それが一体どういう心情なのかわからない駿だったが、うっかり着替え中の半裸の瑠璃を見てしまってから、体に異変が……? さらに、瑠璃がバイト先の店長と付き合っているという噂を聞いてから、無意識に独占欲がほとばしる――!
  • 甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】【電子限定おまけ付き】~駿ちゃん、大好きです…~ 5

    780pt/858円(税込)

    【電子限定おまけ付き】おまけが収録されているのは電子版だけ!
    【※この作品は話売り「甘く痺れて抜けない、義兄の棘~駿ちゃん、大好きです…~」の第25巻~30巻を収録した単行本版第5巻です。重複購入にご注意ください。】

    「バカだな、俺。やっとわかった。ずっと瑠璃が好きだったんだ」

    駿(しゅん)の彼女だと間違われたことをきっかけに、とうとう瑠璃(るり)は野水(のみず)が彼女だとわかっていたと駿に伝える。何かをあきらめたようにさらに距離をとる瑠璃に、駿は苛立ち、大喧嘩に発展してしまう。するとだんだん瑠璃の体調が悪化!とっさに介抱する駿は、かつて同じように瑠璃が倒れた出来事を思い出す──…。瑠璃への気持ちを自覚した駿は、野水との付き合いにピリオドを打つため、大胆な行動に打って出るが…?

レビュー

甘く痺れて抜けない、義兄の棘【単行本版】のレビュー

平均評価:3.8 170件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) これはなかなか、、、
    Chiyoさん 投稿日:2024/6/22
    男が最低なのかと思ってたけど、女もなかなか最低で面白い! 家庭も複雑ながら今後の展開も気になります!

高評価レビュー

  • (5.0) 重い恋愛漫画
    meeさん 投稿日:2023/10/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 とにかく重いです。兄妹の禁断の恋愛を描いた作品です。 ただとにかく回想シーンが多すぎます。3,4巻はほぼ回想シーンでマジかよという感想。 野水という当て馬キャラが最高に性格が悪く通常の恋愛漫画ではさっさと退場するはずですが、この漫画は今の所全ての巻に登場してヒロインに嫌がらせをしてきます。 話が全く進みません。1巻では高校卒業し、家を出たヒロインと主人公の描写が多く描かれていますが、その後の回想シーンでは高校時の2人のうぶな関係性、義母からのヒロインへのしつこい嫌がらせ。がずっと続く感じです。 恐らくこの漫画を読むほとんどの方が「また回想シーン?!」と思うほど回想シーンが多いです。(2回目) それからエッチシーンのときの体の動きや表情がたまに、?となるシーンがあります。寛容な方は気にならないと思いますが、私はかなり気になりました。 野水や義母との結末がどうなるのか気になるので購入は続けますが、野水の登場率の高さと回想シーンの多さには少しダルさも感じます。 続きを読む▼
  • (5.0) ありそうでなかったTL作品
    miyokoさん 投稿日:2023/10/31
    とてもよく練られたストーリーと丁寧な感情描写で読み応えがあります。エロもキュンもしっかりあってTLとしての満足度も高いです。あとがきに作者様のこの作品に対する熱い思いが書かれていましたが、それが読んでいると良く伝わってきます。 野水さんや 義母の翠が不穏な動きをするので最初はハラハラさせられますが、駿のこの二人に対する態度と瑠璃への態度の違いなどで、つかみどころのない駿の内面を説明するのに一役買っていて良かったです。どれほど瑠璃が特別で大事なのかよくわかりました。駿と瑠璃にとっては危険人物達ではありますが、読者的にはせっせと物語を引っ掻き回して楽しませてほしいところです。各キャラの回想のような形で過去と現在をいったりきたりするので分かりづらいところもありましたが、1回読み直せば理解できる程度なので問題ありませんでした。逆にこの分かりづらさが「早く全体像が知りたい!」という欲求を煽ってきて先が気になって仕方ないです。早く5巻読みたいです! もっとみる▼
  • (5.0) 2人の馴れ初め気になる
    月曜日さん 投稿日:2022/5/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 3巻まで買ってしまった!面白い。 2人が付き合った馴れ初めが書かれていないので気になる。 1巻の始めのあたりに濃厚なキス、下を舐…描写がある。そして続く初デートで初めて胸を見られて色々される所が。駿ちゃん胸触ってなかったんかい?!駿ちゃんよ…胸→下の方がハードル低くね?と思った。読み進めてなるほど!中学生であれほどの濡れ場の経験があるなら納得! 駿ちゃんの触り方好きだな。作者さん描写がじょうず。 野水、義母好きよ。2人には幸せになって欲しい。瑠璃父がヘタレそう…義母のフォローして!野水の過去や家族関係を、簡単に教えて欲しい。性依存気味なのなぜ? もちろん、瑠璃、駿ちゃん、あおちゃんも幸せになって。瑠璃と駿ちゃんのラブラブな所を多めにそしてメインにみたい。 4巻!読みました〜野水、可哀想すぎる……。原稿つかれたリップwww作者さん続き気になるのでまた買いますね!! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

義兄妹の美しくて儚い禁断の愛
制作:パーマ(シーモアスタッフ)
小学生の時に親の再婚で義兄が出来た瑠璃(るり)。女子大生となった今でも義兄に出会ったことを思い出す。緊張してうまく話せなかったが、思えばその頃からずっと「好き」だった。学校では人気の瑠璃。同様に彼女的な存在もいる義兄。一見、爽やかで幸せそうな家族の構図。その義兄とひとつ屋根の下で過ごす時間。親に隠れて、二人の時間では唇を重ねて愛し合う。いつの間にかそんな関係になっていた。誰にも言えない二人の秘密…。八重代七瑚先生(やえしろななこ)先生が背徳の愛を描いた儚くて美しい作品。継母との関係や心情描写が繊細で義兄妹感での愛という禁断テーマに踏み込みつつ、画力と構成がまた読み手を世界観に没頭させてくれるおすすめ作品です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ