漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

花音 6巻

通常価格:
420pt/462円(税込)
(3.8) 投稿数32件
花音(6巻完結)

作品内容

やっとめぐり会えた父、指揮者のケント・グレゴリーが死去。花音(かのん)は葬儀のため、三神(みかみ)とともに米国へ。式を終え、グレゴリー邸に戻った花音と三神は、そこで互いの気持ちを確かめ合い、ついに結ばれた。ふたりは幸せをかみしめながら、帰途につく。その頃日本では、音楽学校の講師・天童が偶然、グレゴリーの遺書を発見。そこには、花音の父親についての驚くべき真実が書かれてあった。花音の本当の父は、ケント・グレゴリーではなく、なんと三神だったのだ! 三神はその事実に気づき、花音の前から姿を消す。花音も天童から真実を告げられる。あまりのショックに花音は生きる力さえなくしてしまうが!?

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

花音のレビュー

平均評価:3.8 32件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 絵が素敵
    Pinky-Babyさん 投稿日:2019/8/16
    音楽ものの話。マンガだけどどこからか音楽が聴こえてきそうな世界観のある作品です。登場人物が魅力的。花音のバイオリン聴いてみたい。

高評価レビュー

  • (5.0) ドラマチック!
    こばやまとさん 投稿日:2019/2/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 花音の音楽へのひたむきさ、情熱が素敵です。花音を見守り支える天童も素敵です。 最終話のシンフォニーで、花音と三神の愛は、ただの恋愛ではなく、芸術(音楽)へと昇華されたことを現すのに、画家クリムトの「接吻」という絵画をモチーフに描いているところが、さいとう先生の素晴らしいところと思いました。 この作品に出逢えて良かったー! 続きを読む▼
  • (5.0) ドロドロの中に爽やか
    リリィさん 投稿日:2014/8/17
    三神さんはとってもドロドロした人生を歩んでますが主人公は純粋無垢な女の子です。お互い自分にないところに惹かれるのはわかりますね。ともに天才肌だし音楽をしてた者からするとうらやましいかぎりです。
  • (5.0) 死んだはずの父探し
    【このレビューはネタバレを含みます】 モンゴル生まれのモンゴル育ち 綺麗で野性的な魅力的なレディ日本へ父親探しを始める巡り会う人達は彼女にむちゅうそんななか 反発しあいながら も惹かれあい 愛し合うがその彼こそが父親だった話の展開の意外性 綺麗なストーリーで楽しかったです 続きを読む▼
▲ページTOPへ