We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

キスは番にひざまずく【単行本版】【電子限定描き下ろし漫画付き】

ポイント還元71pt還元!(12/7まで)
ポイント獲得 12/8
通常価格:
710pt/781円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.8) 投稿数226件
キスは番にひざまずく【単行本版】(1巻配信中)

作品内容

「俺は番を作らない たとえ“運命”だとしても」

“運命の番”を夢見るαの伊織(いおり)が出会った運命の相手――
それはΩ性を武器に学園のαを食い散らかす『α喰い』として有名な不良Ωのレオだった。
本能で惹かれた伊織は早速アタックしに行くものの、αを嫌うレオのフェロモンに挑発され意思とは裏腹にレオを抱き潰してしまう。
それでも諦めない伊織はひたむきな告白を続けるが…

運命の愛を信じる無垢で一途なαと愛を信じきれない業を背負った悲しきΩ
――その感情は、恋か運命か本能か?
心揺さぶられる至高のカタルシス・ラブ

◆単行本収録の描き下ろし後日談10P(その後の極甘H)付き
◇電子限定の描き下ろし漫画収録

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • キスは番にひざまずく【単行本版】【電子限定描き下ろし漫画付き】
    登録して購入
    ポイント還元71pt還元!(12/7まで)
    ポイント獲得12/8
    通常価格:
    710pt/781円(税込)
    「俺は番を作らない たとえ“運命”だとしても」

    “運命の番”を夢見るαの伊織(いおり)が出会った運命の相手――
    それはΩ性を武器に学園のαを食い散らかす『α喰い』として有名な不良Ωのレオだった。
    本能で惹かれた伊織は早速アタックしに行くものの、αを嫌うレオのフェロモンに挑発され意思とは裏腹にレオを抱き潰してしまう。
    それでも諦めない伊織はひたむきな告白を続けるが…

    運命の愛を信じる無垢で一途なαと愛を信じきれない業を背負った悲しきΩ
    ――その感情は、恋か運命か本能か?
    心揺さぶられる至高のカタルシス・ラブ

    ◆単行本収録の描き下ろし後日談10P(その後の極甘H)付き
    ◇電子限定の描き下ろし漫画収録

レビュー

キスは番にひざまずく【単行本版】のレビュー

平均評価:4.8 226件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 王道オメガバースだけど大満足!
    ダダさん 投稿日:2021/1/17
    初読み作家さんだったんですが、以前無料で1話目を読んでからずっと気になっていて、1冊に纏まるのを待って購入しました。本作は純情で真っ直ぐなαの伊織×α嫌いのΩレオのお話で、表題作のみ全5話+描き下ろしでボリュームたっぷり合計231ページ。絵 も綺麗でレオの色気が凄い!隅々までとても丁寧に描かれていた印象です。ストーリーは過去のトラウマからαを嫌悪しているΩのレオを、αの伊織がその真っ直ぐな愛情で救済するという、どちらかと言えば王道な展開です。確かに王道展開なんですが、描写がとても丁寧で、ある程度先が読めてもやっぱり感情移入してしまうんですよね。レオの過去がほんとに壮絶で、その辺りの描写はもう涙無しには読めないです。自分の運命や番との将来に絶望しても強く生きてきたレオが、ほんとに逞しくて綺麗で、伊織に出会って救われて良かった。全体的にシリアスめなんですが、子供たちがいい感じにストーリーを軽くしてくれていて、話に良い緩急が付いていたなと思います。レオの仲間もいい子たちばかりでした。そう言えばレオの仲間3人のうち二人は付き合ってる感じですよね?病院の息子はβらしいのでスピンオフはないかな?伊織×レオの続編やスピンオフが出たら絶対購入すると思います! もっとみる▼
  • (5.0) 運命は自分次第
    マサムネさん 投稿日:2021/11/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 他の方のレビューで泣けたという感想があったので気になり購入。まずは表紙の絵の美しさに惹かれました主役の2人がとっても美男子です 王道のオメガバースかと思いましたが、ストーリーもしっかりした構成で、読み応えのある作品で良かったです 幼少期の壮絶な過去から愛情そのものを信じられないΩのレオと、純粋なまでも運命を信じて突き進む心優しいαの伊織。 最初こそ暴言を吐かれ足蹴にされていた伊織ですが、辛抱強く時間をかけてレオの心を徐々に溶かしていきます。その過程が、真っ直ぐで心を打ちます。 一方、心を閉ざしていたレオの、運命を頑なに拒絶する姿は凛としていて、格好よかった。本能では分かっていても、心がそうはいかない… この2人の葛藤が、後半はとにかく切ないです そして、レオの過去を知る親友たちも良かった一生懸命愛を伝える伊織にさり気なくアシストし、自ずとレオとの距離も近づいていきます。 体調を崩したレオに、覚悟をきめて伊織が告白する場面、そのあと、晴れて結ばれたレオが、登校するシーンには私も涙しました本当に良かったレオの涙も美しいし、伊織も諦めず手を離さないで良かった この作品を教えて下さった方に、感謝です 続きを読む▼
  • (5.0) 待望の単行本
    ベグさん 投稿日:2021/1/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 途中まで分冊で読んでいて、単行本を心待ちにしていました。展開としては、思っていたよりもスムーズでした。レオが、真っすぐで一途な、そして、おそらく運命の番の伊織に惹かれるのは時間の問題でしたから。でも、レオとお母さんの過去は辛すぎで、そのことがレオに伊織を選ばせない。頑なに番になることを拒否する裏に、番になることが「死ね」と言われていることと同じくらいの枷となってレオの中にあることが悲しすぎました。それでも諦めきれないとレオに向き合った伊織は、レオだけじゃなく、レオの周りの人も幸せにしてくれました。本当によかった。個人的には、千歳くんのことがすごく好きなので、スピンオフとか読みたいです! 本編はシリアスですが、所々クスッと笑えるエピソードがあって、書下ろしはプッ!って笑える。作者さんのセンスにバンザイ! 続きを読む▼
  • (5.0) 出会う前から一途ってものすっごく良い子
    MWさん 投稿日:2021/2/14
    初読み作者さん。新刊です。フォローしてる方のレビュー高評価で読みました。表紙からわからなかったけど作品中の絵が一コマ一コマ全て綺麗で描き込まれてるタイプであまりに好みでびっくり。オメガバースのなかではとても好きなお話でした。表紙のふたりがま だDKなのにここではせくしぃでかなり扇情的なんですけど、ほんとはαくんは出会う前から一途ないい子だし(やー、ああいう風に言われて迫られたら私までドキドキ)、Ωくんはビッ○かと思ったらそれには理由があって、コワモテなのに真の姿は面倒見よくて料理上手のギャップ萌え(αくん談)。辛い生い立ちと母親の哀しい姿をみてαと番うのを忌避していたΩくんが、αくんの真摯で一途な愛で救われる、オメガバースの良い所をたくさん詰め込んだ作品です。幸せな結末で読後感すごーく良かった! もっとみる▼
  • (5.0) オメガバースで一番好き!
    みみさん 投稿日:2021/1/28
    単行本発売されていたんですね! 分冊で最後まで読みましたが、書き下ろしがどうしても読みたくて単行本も買ってしまいました。 久しぶりに最初から読みなおして、やっぱりめちゃくちゃ良い!好き!ってなりました。 レオの過去や抱えているものが悲 しすぎて辛すぎて何回読んでも泣けます。 レオを想う千歳の涙もまた切ない… でも全部を包んで掬い上げる伊織の愛がすごくて、読後感最高です。 10ページの書き下ろしは後日談ではなく、分冊の最後にあるページの続き、帰宅後のお話でした。 照れ照れなレオ、甘えるレオの姿がめちゃくちゃ可愛くて、それだけでも買った価値あり! だけど出来ることなら番になった2人のこれからの物語ももっと読ませてほしい! これまで読んだオメガバースの中で断トツ一番好きです。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 浄化オメガバース
    辛い過去があって「α」「運命」に嫌悪感を持つΩの零王。αの伊織からどれだけ愛情を伝えられてもはねのけて心を守ろうとする姿が痛々しくて切ないんですよ…。しかし何度折れても諦めない伊織のストレートで誠実な愛情がグッときます!!エヌオカヨチ先生の美麗な絵で彩られた浄化ラブ、見応えアリです…!
    制作:八福神
▲ページTOPへ