We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

瑠璃色で君を飾って【SS付き電子限定版】

通常価格:
640pt/704円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.1) 投稿数10件
瑠璃色で君を飾って(1巻配信中)

作品内容

【電子限定版】描き下ろし番外編収録。●美大日本画科に通いながらも、描きたいものが見つからず、やる気をなくしていた勇輝(ゆうき)。そんなある日、学内で「教授の愛人」と噂されているヌードモデルの青年と出会う。美しい体のラインに、見惚れるほど綺麗な顔、俺、頭の中でこの人のこと描いてる――モデルを頼んでも冷たく拒否され名前を聞いても教えてくれなかったのに、「有名な先生とコネがあるなら描いてもいいよ」と突然モデルを引き受けてくれることになり…!? スランプ中の美大生と名無しのモデルが彩る青春ラブv

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 瑠璃色で君を飾って【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    【電子限定版】描き下ろし番外編収録。●美大日本画科に通いながらも、描きたいものが見つからず、やる気をなくしていた勇輝(ゆうき)。そんなある日、学内で「教授の愛人」と噂されているヌードモデルの青年と出会う。美しい体のラインに、見惚れるほど綺麗な顔、俺、頭の中でこの人のこと描いてる――モデルを頼んでも冷たく拒否され名前を聞いても教えてくれなかったのに、「有名な先生とコネがあるなら描いてもいいよ」と突然モデルを引き受けてくれることになり…!? スランプ中の美大生と名無しのモデルが彩る青春ラブv

レビュー

瑠璃色で君を飾ってのレビュー

平均評価:4.1 10件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 絵が艶っぽい
    あきこっぴさん 投稿日:2022/3/26
    お話は美大独特の世界があって楽しめました。絵も艶っぽくて素敵です。ただふたりの関係が、お互い好きなのはわかるけど本当にアッサリしたまま終ってしまったのでものたりなかったかな。後日談でいいのでもうちょっとだけイチャLOVEを見たかったです。

高評価レビュー

  • (5.0) 綺麗な作品
    かかおさん 投稿日:2021/4/25
    スッキリとした絵柄で、青年誌のようなコマ割りが新鮮でした。 美大の日本画科に進んでなかなか自分の思い通りに絵を描けなかった主人公が一人のヌードモデルの青年と出会って、本当に描きたいものに気づいていくストーリーが自然と綺麗につづられており、 読後感が凄く良かったです! 瑠璃色で…というタイトルも作品にぴったりでとても好きです。たくさんの人に読んでほしい作品だな、と思いました(欲を言えばもう少しページ数がほしかったです もっとみる▼
  • (5.0) モチーフに負けない輝きを持つストーリー
    Erikaさん 投稿日:2021/4/24
    読後の清涼感たるや! 嗚呼、美しいものに触れたなあ… 素晴らしくいい話だなあ…と噛みしめる一冊です! BLである事を忘れるのに、BLだからこその展開にも惹かれて、とにかく多くの人に読んで欲しくなります。
  • (5.0) 絵がきれい
    EMさん 投稿日:2021/6/7
    個人的に美大ものの話しが好きなので楽しく読めました。エロシーンは無いけど男の子たちに色気があります。絵も背景も丁寧で、ストーリーに読み応えがあります。
  • (5.0) すてき
    srさん 投稿日:2021/8/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 なんか知らない世界観だからか、すごく惹きこまれたし、すごく好きな2人になりました これからも幸せに過ごしていくんだなって想像しちゃうぐらい 続きを読む▼
  • (4.0) 日本画科の学生と美しいヌードモデル
    ねねさん 投稿日:2021/9/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 魔女と呼ばれる先生の研究室を訪れたスランプ中の日本画科の学生・勇輝が出会った、美しいヌードモデル。描きたいものを描けず、周りの雑音に心乱されていた勇輝は彼に強烈に惹きつけられる。日本画の具材や描き方、美大の学生達の個性が面白い。勇輝にも彼にもそれぞれ思うようにできないフラストレーションがあって、狭いアパートでデッサンする中で突破口を見つけたり拗れたり。BL色はあまりないけど、独特の色気や雰囲気があります。二人が心を通わせたところで終わるので細かい諸々や勇輝の今後とかは分からないのはいいとして、完成した絵は見たかったな。キスのみなので受け攻めは分からず。タイトルにもかかっている、絵を宝石にするという表現が素敵だなあ。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ