We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

冬の星座 第二話~性転換手術で妻にされて

通常価格:
200pt/220円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.0) 投稿数4件
冬の星座(4巻配信中)

作品内容

ボーイズラブ小説の巨匠・山藍紫姫子
伝説の書『冬の星座』を完全マンガ化!

「綺麗な蘭の花のような女性器を作ってやった」
敬虔なクリスチャンだった貴族アイシスは、
アラブの王子カルロスの罠にはまり、無理やり性転換手術で
女にさせられてしまう。
さらにカルロスは、莫大な富と権力によって、
アイシスを令嬢”サヴォウー・ド・マリエール”
として法的にも彼の妻に仕立てあげた。
「サヴォウー」と彼に呼ばれても、返事などしたくない。
だが、足を開けばそこには可憐な蘭の花のような
器官があり、カルロスの指を受け入れてしまう。
「初夜が楽しみだ。それまでは後孔をじっくりと可愛がってやる」
二人きりの夜は長くて――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • 冬の星座 第一話~性転換手術で妻にされて
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    ボーイズラブ小説の巨匠・山藍紫姫子
    伝説の書『冬の星座』を完全マンガ化!

    ...甘い花の香りがする。
    気がつくとアイシスは見覚えのないベッドにいた。
    身体が痺れ、下半身の感覚がない。ここは一体?
    ――傾いた一族の事業を救う融資の申し出を受け、
    アイシスは銀行家の屋敷に招かれたのだ。
    だが、まるで宮殿のようなその屋敷にいたのは
    獰猛な肉食獣の王を思わせる≪あの男≫。
    豊かな国の第3位の王位継承権を有するカルロスだった。
    彼は学生時代からアイシスに興味があったと告げ、
    異国の酒で朦朧とするアイシスに囁いたのだ。
    「もう帰れない。性転換手術で君は僕の妻になるのだ」と。
  • 冬の星座 第二話~性転換手術で妻にされて
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    ボーイズラブ小説の巨匠・山藍紫姫子
    伝説の書『冬の星座』を完全マンガ化!

    「綺麗な蘭の花のような女性器を作ってやった」
    敬虔なクリスチャンだった貴族アイシスは、
    アラブの王子カルロスの罠にはまり、無理やり性転換手術で
    女にさせられてしまう。
    さらにカルロスは、莫大な富と権力によって、
    アイシスを令嬢”サヴォウー・ド・マリエール”
    として法的にも彼の妻に仕立てあげた。
    「サヴォウー」と彼に呼ばれても、返事などしたくない。
    だが、足を開けばそこには可憐な蘭の花のような
    器官があり、カルロスの指を受け入れてしまう。
    「初夜が楽しみだ。それまでは後孔をじっくりと可愛がってやる」
    二人きりの夜は長くて――。
  • 冬の星座 第三話~性転換手術で妻にされて
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    ボーイズラブ小説の巨匠・山藍紫姫子
    伝説の書『冬の星座』を完全マンガ化!

    鏡の前で裸になり自らの股間にそっと指を這わせ、
    アイシスは絶望する。
    何度確認してもそこに男のモノはない。
    かわりになにかの花…蘭…に似たものが――。
    アラブの王子カルロスの罠にはまり、性転換手術で
    女にさせられた没落貴族アイシス。
    カルロスの秘書や召使たちはアイシスを
    女と疑わず、美しいと褒めたたえるが
    この身は不完全なものなのだ。
    なぜなら、嫉妬にかられたカルロスに、
    自分以外の誰とも寝られないようにと
    上半身は男、下半身は女にされてしまったのだから。
    もう、逃げられない。
    「前も後ろも僕のものだ」とささやくカルロスに、
    美しい花を浮かべた湯舟の中で処女を散らされて…。
  • 冬の星座 第四話~性転換手術で妻にされて
    登録して購入
    通常価格:
    200pt/220円(税込)
    ボーイズラブ小説の巨匠・山藍紫姫子
    伝説の書『冬の星座』を完全マンガ化!

    「記念すべき処女の血だ」
    誇り高き貴族アイシスの身に、無理やりの
    性転換手術で作られた女の器官。
    アイシスにとってその蕾は忌まわしきものだったが、
    ついにアラブの王子カルロスの楔を打ち込まれ、
    そこから破瓜の血と、悦びのしたたりが流された―――。
    そして、夫たるカルロスの望むまま、
    前も後ろも彼の形を覚えさせられる日々はつづく。
    逆らえば、罰が待っていた。
    「香油を丸めて作った球だ。後孔に何個か入れてやる」
    おそろしいことに、カルロスはそのまま一族の者もいる
    朝食の席に着けと言う。尻のなかが、溶けた香油でぬかるみ
    それとは違うものが女の部分を濡らす。
    それはまるで果てしなくつづく甘美なる地獄のようで…。

レビュー

冬の星座のレビュー

平均評価:4.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 小説を読みました
    よみみさん 投稿日:2022/6/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 受けが性転換するので、BLとは言い切れませんが、異常性だらけではあるけれど受けを心底愛している攻めに、ほだされちゃうところは、広い意味で、王道だと思います。 小説のイメージを壊さない綺麗な絵に、満足できました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 女体化好きにもおすすめです
    めぃみさん 投稿日:2022/5/9
    原作小説が大好きなので購入。 女体化二次創作が好きな方もハマる作品と思います。 繊細で耽美な絵柄なので、ハードな展開も良い意味で中和されてするする読めて、結末を知ってるのに次の更新が待ち遠しいです。
  • (4.0) オープニング
    ラブラドライトさん 投稿日:2022/3/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 まだまだ未知数。 ゾクッときたんで 疑問なのは性転換したら、BLになるのか、TLになるのか? ただ、そんな分野枠は取り除いて、どうなるのかわからないので、☆4つ 続きを読む▼
  • (4.0) 続ききになる!
    まぁさん 投稿日:2022/3/7
    色々気になる展開です!続き早く読みたい! 唐突な感じはしますがタイトルどおり波乱の幕開け。 突っ込みもあるのに気になりすぎてる自分がいる

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ