漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

暁のイージス 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)
(5.0) 投稿数1件
暁のイージス(6巻完結)

作品内容

▼第1話/サンタナの彼方▼第2~8話/タランチュラの道(I~VII)●主な登場人物/楯雁人(たて・かりと。12年前に妻と息子をテロリストに殺された元警視庁SAT隊員。失った右手に鋼鉄の義手をつけ、闇の世界に生きる“護り屋”となる)、蝶(バタフライ。世界で最も危険なテロリスト・メイカーと呼ばれる男。雁人の家族と右手を奪った)●あらすじ/雁人と“蝶”が最後の決戦に臨む1年前、世界は“蝶”のシンパを名乗るテロが横行し、恐怖に覆い尽くされていた。その頃、メキシコの砂漠にいた雁人は、命を狙われていた老人・ガルシアを助ける。孫のかたきを討つために、国境地帯を牛耳る“メサ・コヨーテ”から追われるガルシア。「殺しただけでは復讐は終わらない」という彼の敵討ちに雁人も同行するが…(第1話)。●本巻の特徴/雁人が世界を彷徨っていた理由、それは“蝶”の過去を探るためだった。その手がかりを知る人物、シスター・イレーネとメキシコシティで接触した雁人は、情報と引き換えにレオンという少年の護衛を依頼される。要人暗殺事件を目撃し、メキシコ中から狙われているレオンを、無事国外に脱出させることはできるのか…!?●その他の登場人物/イレーネ・サルドーニ(かつて“蝶”と共に戦い“毒蜘蛛[タランチュラ]”と呼ばれた女)、レオン(イレーネに匿われていた少年。メキシコ政財界の要人暗殺事件を目撃し、命を狙われる身)、ロザ・アルベニス(大富豪アルベニス家の娘。国境地帯を牛耳る組織“メサ・コヨーテ”を束ねる)

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

暁のイージスのレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 最高のストーリー!
    ミス・ミントさん 投稿日:2010/2/19
    私は七月鏡一さん&藤原芳秀さんの作品が大好きで、楽しみに読んでいます。 物語が深く、キャラクターのセリフも世界も、一つ一つがとても惹かれます。 この『暁のイージス』は『闇のイージス』の続編であり、蝶が何者であったのかが明らかにな ります。 そして主人公、雁人も最後まで殺さなかった。 本当に良いシリーズに出会ったと思いました。 また何か違った物語を期待してしまいます。 感動をありがとうございました。 もっとみる▼
▲ページTOPへ