マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ少女マンガPiccomicspiccomics暴君皇帝の初恋【タテヨミ】暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第1話
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全75巻完結

  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第1話

    0pt/0円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第2話

    0pt/0円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第3話

    0pt/0円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第4話

    0pt/0円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第5話

    0pt/0円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第6話

    61pt/67円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第7話

    61pt/67円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第8話

    61pt/67円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第9話

    61pt/67円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?
  • 暴君皇帝の初恋【タテヨミ】第10話

    61pt/67円(税込)

    記憶を失ってしまった少女「ディア」は、ノールズ男爵家のメイドとして過酷な毎日を送っていたある日、暴君皇帝「カイル」に拉致されることに。皇宮に着いたディアは、ひどい仕打ちをされるのではないかと恐怖に怯えていたのだが、カイルは自分の顔に見覚えはないかなど、変な質問をいくつかしては、その場を去ってしまった。それからのこと、ディアはまるで皇族のようなおもてなしを受けることに。ところがある満月の夜、熱い胸の高鳴りに目が覚めたディアは、何かに取り憑かれたように皇宮の外に出たのだが、そこで何者かを襲い、血だらけになっているカイルの姿を目にすることに…。ディアは一体なぜ皇宮に連れて来られたのか、カイルはなぜ「血に狂った皇帝」と呼ばれているのか…。果たしてディアは、失った記憶に隠された謎を解くことができるだろうか!?

レビュー

暴君皇帝の初恋【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 途中から・・・
    Urimuさん 投稿日:2023/10/23
    最初、主人公二人の謎めいたやり取りが、面白くて引き込まれていましたが、途中から内容がちょっと分からなくなってきてて、このまま進むか考え中です。所々でキャラクターみたいなカワイイ容姿に変わると、気分が下がり気味になります。

高評価レビュー

  • (5.0) 絵が綺麗、読み応えもあり
    minami0880さん 投稿日:2023/4/11
    タテヨミは雑なストーリーが多い気がしていましたがこの話は読み応えがあります。絵も綺麗なので、各人物が素敵で続きがとても気になります。長くても耐えられます。
  • (4.0) 長編のドラマのようなハラハラドキドキ感
    みきみきさん 投稿日:2023/3/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 過去から現在転生?吸血鬼なの??と思ってしまいましたが、とはまた違うもっと重たいお話。長編ドラマを観ているような感じ。一話一話が短くなかなか話が進まないので途中飽きてしまいそうになるけど、めっちゃいいところで終わってしまい、この先読まずにいられないので最後まで読みます! それと、絵が綺麗でとても好みです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ