マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ幻冬舎コミックスバーズコミックスcomicブーストネバーエンディング・ウィークエンドネバーエンディング・ウィークエンド (1) 【電子限定カラー収録&おまけ付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青年マンガ
ネバーエンディング・ウィークエンド (1) 【電子限定カラー収録&おまけ付き】
3巻完結

ネバーエンディング・ウィークエンド (1) 【電子限定カラー収録&おまけ付き】

680pt/748円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

ドイツで暮らす写真家、塁。同居人であるオスカーの提案で、突然の旅行が決まったある日。とある事件をきっかけに、二人は謎多き少年に出会う。「母親のもとに連れて行ってほしい」と言う少年。最初はまったく取り合わないオスカーだったが、少年の必死な様子に結局連れて行くことに。生意気な少年と、怒りっぽいオスカー、そしてお人好しの塁。見事に性格がバラバラの三人だったが、実は塁にも、オスカーにも、誰も知らない暗い過去があった。それぞれ「家族」に傷を抱えた、不器用な男たちを乗せて、一台のトラバントが走り出す――。ドイツを舞台に巻き起こる、切なくひたむきなヒューマンドラマ。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全3巻完結

  • ネバーエンディング・ウィークエンド (1) 【電子限定カラー収録&おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    ドイツで暮らす写真家、塁。同居人であるオスカーの提案で、突然の旅行が決まったある日。とある事件をきっかけに、二人は謎多き少年に出会う。「母親のもとに連れて行ってほしい」と言う少年。最初はまったく取り合わないオスカーだったが、少年の必死な様子に結局連れて行くことに。生意気な少年と、怒りっぽいオスカー、そしてお人好しの塁。見事に性格がバラバラの三人だったが、実は塁にも、オスカーにも、誰も知らない暗い過去があった。それぞれ「家族」に傷を抱えた、不器用な男たちを乗せて、一台のトラバントが走り出す――。ドイツを舞台に巻き起こる、切なくひたむきなヒューマンドラマ。
  • ネバーエンディング・ウィークエンド (2) 【電子限定おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    ドイツで暮らす写真家、塁。同居人であるオスカーの提案で、突然の旅行が決まったある日。とある事件をきっかけに、二人は謎多き少年、エルに出会う。「母親のもとに連れて行ってほしい」と言うエル。最初はまったく取り合わないオスカーだったが、エルの必死な様子に結局連れて行くことに。
    行き先での聞き込みを繰り返し、わずかな手がかりを頼りに、次の目的地を決める旅。そこで出会う人々との交流を経て、エルは自分の過去を深く顧みる。「俺は本当に母さんに愛されていたのだろうか」「母さんに会えたら、俺は、俺は――」暗い気持ちが渦を巻き、ある朝、エルは二人の前から忽然と姿を消してしまう――!
    ドイツを駆けるロードムービーコミック、それぞれの過去が明かされる第2巻!
  • ネバーエンディング・ウィークエンド (3) 【電子限定おまけ付き】

    680pt/748円(税込)

    ドイツで暮らす写真家、塁。同居人であるオスカーの提案で、突然の旅行が決まったある日。とある事件をきっかけに、二人は謎多き少年、エルに出会う。「母親のもとに連れて行ってほしい」と言うエル。最初はまったく取り合わないオスカーだったが、エルの必死な様子に結局連れて行くことに。
    エルの母親の居場所を突き止めた三人の、当てのない旅路は続いていた。オスカーと塁の出会いの話をきっかけに、初めてのケンカに発展したりと、相変わらず不器用な二人。旅路を振り返り、出会った人々、塁の優しさ、オスカーの言葉に背中を押され、エルはついに母親のもとへ向かう決意を固める――! ドイツを駆けるロードムービーコミック、【目的地】を目指す完結巻!

レビュー

ネバーエンディング・ウィークエンドのレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 作者さん買いでしたが、
    もものんさん 投稿日:2024/7/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 うーーーーん。 3人が、 ちょっとずつ前に向かって歩いていく未来がみえたので、 いいエンディングだったのですが、 エルくんのお母さん。。 けっきょく、 ハッキリと、何でエルくん捨てたのか〜といった話を、 本人の口から聞かされることも無かったので、 今まで出てきた話の中から推察して、 読者さんが想像して下さいって感じでした。 母親が住んでる家に着いて、 ドキドキしながら期待と不安でいっぱいで、 でも会おうと決めて一歩踏み出したエルくんの精神を ボッコボコに殴るように、 家から出てきたお母さんの後から、 小さな女の子が出てきて、幸せそうな母娘〜って見えたので、、、 お母さんは女の子が欲しかった & エルくんの父親とは合わなかった ので、 全部捨てて、 今の生活を選んだのかな。 と、 想像しました。。。 エルくん可哀想すぎるんだが。。。。 連れて行けるほど余裕が無かったとしても、 母親が無責任すぎに見えてしまうなぁ…。。。 あんな薬と酒浸りの父親のもとにエルくん置いてって幸せになるわけないって理解して置いてったんだと思うし。。。 3人とも、 まだ旅を続ける選択をしたので、 暗い終わり方をしなかったのですが、、、 これからはたくさん楽しい事や良い事が起きて めちゃめちゃ幸せになってくれ〜と強く思いました。 作者さんの旅(取材)日記みたいなのも、面白かったです。 写真部分はフルカラーで見てみたかったです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ