マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガHykeComicHykeComic現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第69話 連合軍
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第69話 連合軍 NEW

64pt/70円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

「ようこそ 異世界の英雄よ」

脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

「あんた 何者だ?」
「ただの兵士だ」

神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  72巻まで配信中!

  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第61話 新たな転移者

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第62話 ホブゴブリン

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第63話 ダウド・ダーギル

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第64話 少年と傭兵

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第65話 コボルトの村攻防

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第66話 アーマースパイダー襲撃

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第67話 スピリット

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第68話 虜囚

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第69話 連合軍

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!
  • 現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】第70話 傭兵と王子

    64pt/70円(税込)

    数々の困難な作戦を成功させ、〈現代最強の兵士〉と呼ばれる蓮見隆司はある任務中に異世界のダンジョン奥深くへと転移した。

    「ようこそ 異世界の英雄よ」

    脳内に響く〈天の声〉の案内を受けた隆司はモンスターが冒険者を襲っている場面に遭遇するのだが、高い身体能力や洞察力、格闘能力を駆使して難なく撃破に成功する。この異世界では冒険者はモンスターより弱い存在であり、ナイフ一本でも目標を制圧できる隆司の優れた能力は異世界でも英雄と呼べるものだった。

    助けた冒険者達と協力することにした隆司はドラゴンに襲撃されて危機に陥るが、慌てる仲間を統率して連携させ、隙を作ることに成功する。さらに〈武器召喚〉のアイテムで現代の銃火器を召喚すると、一撃でドラゴンの弱点を狙撃し撃破してしまう。

    「あんた 何者だ?」
    「ただの兵士だ」

    神話級ダンジョンも、鍛えた肉体と頭脳の前には敵じゃない!? 
    元特殊部隊の兵士が異世界に挑む冒険譚、ここに開幕!

レビュー

現代の最強兵士、異世界ダンジョンを攻略する【タテヨミ】のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ