マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックコアマガジンdrap獅子は兄を狭愛する【電子限定描き下ろし付き】獅子は兄を狭愛する【電子限定描き下ろし付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
獅子は兄を狭愛する【電子限定描き下ろし付き】
1巻配信中

獅子は兄を狭愛する【電子限定描き下ろし付き】

755pt/830円(税込)

604pt/664円(税込)
7/10まで

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

若き実業家・アザードは、子供の頃に姿を消した義兄・アキハルをずっと求めていた────。

かつて親同士の再婚により、義理の兄弟となったアザードとアキハル。血の繋がりは無くとも、アキハルを慕い懐いていたアザード。
そんな幸せな日々も突然の事故で終わりを告げる。両親を亡くし孤独に苛まれる中、義兄の存在だけが心の支えとなっていくアザードを残し、アキハルが消息を絶ってしまったのだった。
取り残されたアザードは、アキハルに対する愛憎が膨らむ一方で…??

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細
  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

獅子は兄を狭愛する【電子限定描き下ろし付き】のレビュー

平均評価:4.2 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 褐色イケメン最高!!
    A2さん 投稿日:2024/5/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 アザード、イケメンすぎるし、秋晴は黒髪美人でお似合いなカップル!! 2人の気持ちのすれ違いでこんな物語になるとは読んでみて色々な人生があるんだなと思いました□ でも、最後には2人がハッピーエンドだったので良かったです! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 義弟の執着愛
    ゆきゆきをさん 投稿日:2023/10/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 年下攻めの執着愛が大好きなので、まさにドストライクのお話でした。作者さんの描く色気のあるキャラクターが好きなのですが、受けも攻めも魅力的でした。受けの立場や性格を考えると、気持ちが通じ合ってからもなかなか兄としての顔を崩せないのは仕方ないのかもしれませんが、もう少し甘いイチャイチャが見たかったです。いつか攻めが1mmの不安もなく、受けから愛されていることを信じられるようになってほしいと思いました。 続きを読む▼
  • (4.0) 失踪した義兄を追い求める執着愛
    ねねさん 投稿日:2023/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 急成長企業の若きトップ・アザード×娼館で働く男娼・アキハル。親同士の再婚で義兄弟になり、ずっと一緒だと約束したのに両親が事故で亡くなったあとに姿を消した兄・アキハルをずっと探していたアザード。やっと見つけた兄は男娼として働いていて、連れ戻そうとするが拒まれてしまう。言えない想いを抱えていた義兄弟の歪な再会もの。王道というかだいたい予想した通りの展開なので、意外性はないけど安心して美形兄弟のすれ違いを楽しめました。幸せな家族を失いそれぞれ一人きりになって、アザードは倒れかけた会社の再建に必死になって、アキハルはまさに自分を犠牲にして居場所を得て。再会しても穏便には行かなかったけど、結果的に一番いい形に落ち着いてよかった。叔父とシグがしっかりアザードを支えてくれていたのもよかったです。 続きを読む▼
  • (4.0) 生き別れた義弟の執着愛
    まろんさん 投稿日:2023/11/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 生き別れた義弟の執着愛もの。幼い頃に生きる世界を異にしたアザードと秋晴。男娼として娼館にいた秋晴は、義弟であるアザードに高額で買われ…。アザードの壮絶な執着愛に、絆されていく秋晴。2人が家族として幸せになれてよかった。 続きを読む▼
  • (4.0) ふむ
    よーぐるとさん 投稿日:2023/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公に借金がある訳じゃなく、望んで働いているのに身請け金が億かかるっていうのが腑に落ちず、、気になってしまった。 続きを読む▼
  • (3.0) 絵と…
    ゆんさん 投稿日:2023/12/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵と、恋愛系的には普通に良かった。でも普通。内容は義理の兄弟で、小さい頃から性的志向が男性である兄が、その時既に兄に執着しだした弟になってたので、家族で事故にあい、両親無くして病院から退院する時、弟のそばにいては、性的志向的に弟の邪魔になると思い、逃げ出し、大人になって弟が見つけた時には体を売ってた。基本のみで、単純過ぎてひとひねり欲しかった。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ