漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

愛と復讐の挽歌 4巻

通常価格:
400pt/440円(税込)
(4.3) 投稿数3件
愛と復讐の挽歌(6巻完結)

作品内容

山口の手から逃れる為に、新宿に店を移した恭平。マリアとカティをママに据え、末田の土地買収のため地主を招待させる。佐伯修造についての捜査が、マニラに及んでいることを知った恭平は滝沢と共にマニラに飛び、佐伯が恭平だと知った福山と侠真会の男に、麻薬密売の罪を被せて消した。武王グループが計画している新宿黄金街の地上げを妨害し、併せて武王電鉄の株を買い漁っていく末田と中江。恭平は自分の子どもを身ごもった香織に、産ませる決心をした。警察の捜査が入り、地上げの遅れで窮地に追い込まれていく邪道連合。プラザ合意で円安ドル高が容認され、日本経済はバブル突入! 狂乱の好景気が到来した。

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

愛と復讐の挽歌のレビュー

平均評価:4.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 復讐劇
    M.Iさん 投稿日:2019/5/29
    見応えあります!きっといい終わり方はしないだろうな・・・とか思いながら 読んでいましたが、(切ない部分もありますが)結構男前な終わり方です!

高評価レビュー

  • (5.0) 凄いです、のめり込みました。
    かやりん〜♪さん 投稿日:2015/3/15
    壮絶な復習劇ですね、かなりストーリーがこっていてあっと言う間読み終りました。最後がハッピーエンドで感動しました。
  • (4.0) 読み応えアリ。
    六月更紗さん 投稿日:2016/12/7
    最近、倉科遼作品を重点的に読んでいます。 今回の一番の立役者は、やっぱりヤクザの滝沢さんでしょう。 面白かったです。
▲ページTOPへ