漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む

愛と復讐の挽歌3 Vol.1

通常価格:
400pt/440円(税込)
(4.3) 投稿数3件
愛と復讐の挽歌(6巻完結)

作品内容

滝沢は恭平を白陵会の上部組織・虎風会会長・石峰と、東西相互銀行副頭取の細川に引き合わせる。バブル到来の前に土地と株を買い漁る資金を調達してもらうためだ。恭平は仲尾のスポンサーである武王グループをターゲットに決め、不動産スペシャリストの末田と株のスペシャリスト・中江を迎えた。しかし山口が恭平の店を探り始める。恭平の身を案じたマリアが山口に接近するが、却って山口に捕らわれ、覚醒剤中毒に。正体がばれないうちにと、恭平は潤を使って山口をおびき出し、その隙にマリアを救出した。マリアから覚醒剤を抜いた後、恭平は再会した香織を呼び出し、抱く。しかしもう、かつてのような情熱は失われていた。

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

愛と復讐の挽歌のレビュー

平均評価:4.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 復讐劇
    M.Iさん 投稿日:2019/5/29
    見応えあります!きっといい終わり方はしないだろうな・・・とか思いながら 読んでいましたが、(切ない部分もありますが)結構男前な終わり方です!

高評価レビュー

  • (5.0) 凄いです、のめり込みました。
    かやりん〜♪さん 投稿日:2015/3/15
    壮絶な復習劇ですね、かなりストーリーがこっていてあっと言う間読み終りました。最後がハッピーエンドで感動しました。
  • (4.0) 読み応えアリ。
    六月更紗さん 投稿日:2016/12/7
    最近、倉科遼作品を重点的に読んでいます。 今回の一番の立役者は、やっぱりヤクザの滝沢さんでしょう。 面白かったです。
▲ページTOPへ