We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

白鳥麗子でございます!(1)

無 料【期間限定】7/29まで
通常価格:
500pt/550円(税込)
価格:
0pt/0円(税込)
(4.2) 投稿数156件
白鳥麗子でございます!(7巻完結)

作品内容

容姿端麗で社長令嬢、まさに日本一のお嬢様!? 白鳥麗子サマ、ご登場!! 幼い頃から一途に恋する哲也を追いかけ、下田から上京した麗子さん。せっかく再会できたのに、エベレスト級のプライドが邪魔をして、哲也には誤解されてばかり……。ホントは純情可憐な乙女なのにッ! でも、そこでめげる麗子さんではありません。超美人ですもの、好きな男をゲットできないはずがない!? 麗子さんの勘違い大暴走が始まります!!

1~7巻パック 7/29まで
お得パック 3,500pt/3,850円(税込)
2,000pt/2,200円(税込)

レビュー

白鳥麗子でございます!のレビュー

平均評価:4.2 156件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) まんまと
    はなさん 投稿日:2021/7/18
    2冊無料になっていたので懐かしくて軽い気持ちで読んでみたら続きが読みたくなりました。若い頃紙で持っていましたが余りに増えた本棚に漫喫やレンタルにありそうな本は全て処分したんですよね。これもその一つでしたが、探してみたけど近辺には無かったです 。時の流れ感じるなぁ。結局全巻ポチリ。この後『新』の方も買ってしまいそうです。ヒロインの白鳥麗子様は超お嬢様でとてつもなく面倒くさい女です。とにかくプライドが高い!国宝級に高い!!そんな麗子様は庶民の哲也君が大好きで、でも意地っ張りなせいで全然素直になれない。ついつい哲也にツンな態度しちゃう。そのくせ思い込みが激しくて自分は愛されてるって心から信じてる。本当に面倒で、でも一途でとびっきり可愛く見える時があるから不思議です。振り回される哲也君には申し訳ないけど、麗子様についていけるのは世界で君一人だから、どうかうんと幸せにしてあげて下さい♪ もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 元祖お嬢さま
    大黒屋さん 投稿日:2008/9/28
    15年くらい前に読んで、懐かしくてまた読みたくなりました当時このマンガで高飛車という言葉を知ったほか、エッチなこともいろいろ学んだマンガです。やっぱり麗子さまはおもしろいですプライドは富士山のように高いけど、哲也くんを想う気持ちはほん とに一途で可愛いですセリフの枠以外に書いてある言葉(小さい字だけど)もおもしろいので見逃さないで読んでみてくださいね もっとみる▼
  • (5.0) 懐かしいです!
    ねぎまさん 投稿日:2015/9/10
    以前コミックスを集めてました。 麗子さんは一見美人でわがままで、女性から嫌われそうな人です。が!本当に真っ直ぐで純粋で可愛い。 周りもそんな麗子に振り回されつつ、麗子のことが可愛いんだろうなーと思います。 鈴木由美子先生の漫画はどれも 面白いですが、周りのキャラクターも含めて、一番おすすめしたいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 文句なしに面白い
    カンガルさん 投稿日:2008/9/26
    お嬢様麗子と恋人の哲也が常にどたばたしていで面白いです。だいたいは麗子の勘違いなのですが、その勘違いをきっかけにささいなことが大事件になってしまって、いつも麗子が暴走してます。でもすごく一途で憎めないキャラ必ず素敵なオチがあって1つずつの 話が短編なのでちょこちょこ読めていいと思います もっとみる▼
  • (5.0) 30年経っても色褪せないラブコメ
    邪神さん 投稿日:2014/11/7
    白鳥麗子さんは、2014年になっても色褪せてない。今とは異なるファッションとか、高飛車な女性とか、逆に新鮮で面白いです。家柄も美貌もすべて完璧なのに、哲也に対してだけは不器用な彼女。そんな麗子さんの一挙一動から目が離せない。後半の巻 はコメディ色の強い作画になって少し残念かな〜 もっとみる▼
  • (5.0) 実はカワイイ
    苺姫さん 投稿日:2007/12/11
    高飛車なお嬢様だけど、好きな人の言葉と行動に一喜一憂するのは、恋する乙女そのもの しかも一途で哲也のことになると、自らを犠牲にしても捧げるところに愛を感じました。 ちょっと泣けるシーンもあれば、笑えるシーンもいっぱいあるのがい いです。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 鈴木由美子の代表作
    講談社漫画賞少女部門受賞をし、テレビドラマ、映画化もされた鈴木由美子の代表作です。プライドが高いがゆえに想いと反対の言葉を発してしまう、不器用な容姿端麗の白鳥麗子。お高くとまってそうにも見えるが、想いを寄せる秋元哲也に近づくため、不器用ながらも懸命に行動する麗子にキュンとしてしまいます。
    広報:熊五郎
▲ページTOPへ