We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ますむら・ひろし 宮沢賢治選集 1 グスコーブドリの伝記

通常価格:
714pt/785円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数2件
ますむら・ひろし 宮沢賢治選集(3巻配信中)

作品内容

天変地異による不作と飢饉に苦しむ農民達。飢饉により一家離散となったグスコーブドリは困難を乗り越え、火山局の技師となる。全ての人々の幸せを願い、飢饉を防ぐため彼が選んだ道とは?登場人物を猫に置き換えながらも宮沢賢治の世界を忠実に漫画で描き宮沢賢治学会よりイーハトーブ賞を授与された珠玉の作品をお届けします。◆収録作品◆・グスコーブドリの伝記・猫の事務所・どんぐりと山猫・カイロ団長

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • ますむら・ひろし 宮沢賢治選集 1 グスコーブドリの伝記
    登録して購入
    通常価格:
    714pt/785円(税込)
    天変地異による不作と飢饉に苦しむ農民達。飢饉により一家離散となったグスコーブドリは困難を乗り越え、火山局の技師となる。全ての人々の幸せを願い、飢饉を防ぐため彼が選んだ道とは?登場人物を猫に置き換えながらも宮沢賢治の世界を忠実に漫画で描き宮沢賢治学会よりイーハトーブ賞を授与された珠玉の作品をお届けします。◆収録作品◆・グスコーブドリの伝記・猫の事務所・どんぐりと山猫・カイロ団長
  • ますむら・ひろし 宮沢賢治選集 2 銀河鉄道の夜
    登録して購入
    通常価格:
    714pt/785円(税込)
    ケンタウルス祭の夜、病気の母に飲ませる牛乳を取りに街に出たジョバンニは、友人のカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗り星々を巡る旅に出る…。宮沢賢治の世界を深い考察により忠実に再現し、劇場アニメ『銀河鉄道の夜』の原案となった猫による漫画化作品と誰も作品化し得なかった『銀河鉄道の夜』の初期形などをお届けします。◆収録作品◆・銀河鉄道の夜 初期形「ブルカニロ博士篇」・銀河鉄道の夜 最終形 ・セロ弾きのゴーシュ
  • ますむら・ひろし 宮沢賢治選集 3 風の又三郎
    登録して購入
    通常価格:
    714pt/785円(税込)
    さわやかな九月一日の朝、谷川の岸にある小さな小学校に転校してきた不思議な少年、又三郎と村の少年たちとの十二日間の出会いと別れ。東北地方の自然、生活、その裏にある苦しみ、そして子供達の遊びの様子を描いた賢治の代表作を宮沢賢治研究家でもある漫画家ますむら・ひろしが擬人化された猫で描いた逸品をお届けします。◆収録作品◆・風の又三郎・雪渡り・十力の金剛石・洞熊学校を卒業した三人

レビュー

ますむら・ひろし 宮沢賢治選集のレビュー

平均評価:4.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) あの映画にもつながってます
    ハリマロン。さん 投稿日:2019/12/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 「グスコーブドリの伝記」を改めて読んで思った事。このお話の主人公は「天気の子」の主人公・森嶋帆高と真逆の事をしているんです!自分の身を犠牲にして人々の未来の幸せを願ったブドリと、自分の恋を叶える為に(自分と陽菜以外の)全てに犠牲を強いた帆高。しかもブドリは強制的に地球を温暖化させようとしている。自国以外の他者への影響も考えずに…。新海誠さんはこの作品から「天気の子」を作ったのではないかと思うと、別の感動を覚えます。「天気の子」の中で帆高は自分が世界の形を変えてしまったと、僕達がこの世界を選んだんだと、ある意味勝ち誇ったコメントを残しましたが、宮澤賢治さんも世界の形を変えようとして、自分の力で少しでも変えられると信じて生きていた事を感じます。「銀河鉄道の夜」も、この漫画では最終稿と校正前の稿の両方が載っていて、大変興味深く読ませて頂きました。賢治作品の入門編としても良い漫画だと思います。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (4.0) ますむら氏の原点
    青龍さん 投稿日:2011/5/1
    久しぶりに読み、ますむらひろし氏の原点にふれました。 宮沢賢治の作品を猫化した人物で表現する…。 作品発表の前後は定かではありませんが、アタゴールシリーズの原点は、宮沢賢治をこよなく愛した、ますむらひろし氏があればこそのオリジナルへ の大成なのだと私はおもいます。 人を猫にデフォルメしたら、こうなり、リアルな猫を人にデフォルメしたらこうなる…という、正論とも矛盾とも思える理屈がループする、ますむらひろしワールドの原点です。 そして、宮沢賢治文学作品を知らない人でも楽しんで読めるのではないでしょうか? 初期には、児童文学の挿絵などを画かれていた、ますむらひろし氏を30年以上も追い掛けている私からのオススメです。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ