漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

まだ、生きてる… 1巻

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数25件
まだ、生きてる…(2巻完結)

作品内容

定年を迎えたサラリーマン・岡田憲三。家に帰ると家族は消えていた。妻が全財産を持ち逃げし、息子や娘は音信不通に・・・。生きる事に疲れた希望も無くした憲三は、60年の人生の幕を閉じようと、故郷・房総の山奥に入り首吊り自殺を図るが・・・。現代人に生きる事の意味を問いかける意欲作、第一巻。

作品ラインナップ  全2巻完結

レビュー

まだ、生きてる…のレビュー

平均評価:4.4 25件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ひたすら心にささる作品
    abcさん 投稿日:2021/3/31
    本宮先生の作品はいくつか読みましたが、先生の作品としてはかなり異色です。しかし一番好きな作品です。本宮作品の多くは、もともと高いポテンシャルや出自の主人公が周囲をひきつけて世間でのし上がっていく、という一昔前の少年漫画パターンですが(それは それで面白い作品もありますが)、この作品はごく普通の人間、どちらかというと弱者が、本当に自分が納得のいく自分が選んだ道を歩む姿を見ることができます。弱いはずの人間の中で育まれる強さ、感動しました。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ものすごい名作だと思う。
    アルケイさん 投稿日:2021/3/30
    この作者のマンガは他にも読んでますが、これは他の作品とは哲学を共有しながらも一線を画した作品です。 決して特別なヒーローではない、どこにでもいるような定年近い年齢の平凡なサラリーマンの、内に秘めた情熱と魂の輝き。 心からすごい、と思うの が、客観的には社会的な敗者としか語れない主人公が、ひと欠片もみじめではない、一個の充実した人生として描かれていることです。一度しかない人生をこんなふうに送れるならそれもいい。読者にそう思わせてしまう説得力は、この作家の力量でしょうか。現実の社会を否定せず戦わず、静かに真っ向から向き合って、「うん、そうだね。でも、こんな生き方もいいと俺は思うよ」と作者が返した言葉のような作品でした。 今こそ現代の若者に読んでもらいたいです。 もっとみる▼
  • (5.0) ただただ面白い
    岡本 勲さん 投稿日:2021/3/26
    人間て色んな生き方ができるんですね。自分が決めた道を信じて正直に生きる…そんな人生なら悔いはないですね。
  • (5.0) すごいね。
    神谷勝伸さん 投稿日:2021/1/29
    本宮先生、どちらかというと少々苦手な漫画家だったけど、タイトルに惹かれて読みました。 他の人も書いてるけど、現在の地位になっても新境地を拓けるなんてすごい!の一言です。 何で2巻で終了なの?「俺の空」と同じくらい続けて欲しい力作 です。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白い
    カーテンさん 投稿日:2021/1/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 決して救いがある訳でもない。また一方的に別れた奥さんも決して悪人ではない。感情を抑え娘息子に語る口調には揺るぎない決意があって責めれない。題の通りそれぞれがまだ生きてるし生きていくという事かな。主役も日記に恨み事一つ書いていないし奥さんも決して元旦那の生死に頓着しない。完全に夫婦として袂を分かつも別々に人生を全うしたしするのだろう。 息子の方も親父が紡いだ縁と努力により前途洋々に見えるが果たしてどうなるかは誰にもわからない。 自分は読んで良かったと思える作品でした。 続きを読む▼
  • (5.0) もったいない…
    トレーズ閣下さん 投稿日:2020/10/23
    本宮ひろ志と言えば、主人公が圧倒的に強く、周囲にも猛者揃いで権力者たちを打ち倒していく。 そんなお決まりのパターンばかりだが、この作品はまるで違い、弱者が主人公。 しかも社会なんて完全無視という内容。 しかし深い! これは新境地 を開いたのでは。 主人公が、じいさん→派遣の息子 個人的には面白かったが、おそらく打ち切りだったのでしょう。 もう少し読みたい作品でした。 もっとみる▼
▲ページTOPへ