漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
アシガール【期間限定無料】 1
少女マンガ
アシガール【期間限定無料】 1
この巻を買う/読む

アシガール【期間限定無料】 1

【期間限定無料あり】2019/7/23 0:00まで
通常価格:
398pt/398円(税抜)
(4.8) 投稿数567件
アシガール(12巻配信中)
作品内容

※2019年7月22日までの期間限定無料お試し版です。2019年7月23日以降はご利用できなくなります。【ちゅき♪ちゅき 運命の恋人 特集 最大3巻無料!】速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!

作品ラインナップ  12巻まで配信中!
レビュー
アシガールのレビュー

平均評価:4.8 567件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) はまります〜
    momoyoさん 投稿日:2019/7/11
    試し読みの二巻だけですっかりハマってしまいました。主人公の可愛さと戦国時代の人たちの楽しさ、若君のかっこよさ・・・ぐいぐいひきつけられました。 こんなにうまくいっていいの?という感じですが、漫画ならではのストーリー展開と楽しさが感じられま す! 女子高生の家族も暖かで、特に弟の姉愛にやられました。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) もう止まらない
    はっちさん 投稿日:2019/7/8
    2巻まで無料なときに、読み始めたのがきっかけでしたが、読んだら気になって気になってしょうがない。私の手も止まらない、 そして、主人公の唯も止まらない笑 本当にそれほど、のめり込んでしまう作品。歴史好きにもうってつけ! ドキドキ、ハラハ ラするけど、最後は尊と唯がどうにかしてしまうんだろうなと思いつつ、毎回期待を裏切らないストーリー。買って損なし! もっとみる▼
  • (5.0) 3巻まで読んだら虜に
    ななさん 投稿日:2019/6/29
    無料2巻を読んだ段階では、主人公のことが身の程知らずに思えて、続きを読むか迷ったのですが、読み進めていくうちに、何て一途でたくましい子なのだろうと応援したくなりました。若君が唯のことを好きになるのも納得です。ストーリーがしっかりしている上に ギャグも面白く、何度も読み返しています。お話としては12巻で一段落ついていますが、13巻以降も楽しみです。 もっとみる▼
  • (5.0) 人生最高の漫画に出会えました
    ももさん 投稿日:2019/6/25
    みなさんのおっしゃる通り、出会えて良かったと思える本当に素晴らしい作品です! 若君はめちゃくちゃカッコ良く素敵で、唯のキャラクターは面白くて一生懸命でこちらも元気になれます。 ギャグセンスも良く、初めて漫画で声を出して笑いました! ス トーリーも読者心をよく分かっている展開で、最初は通勤中に読んでいたのですが、読み進めるうちにこの漫画を読むために全力で時間を作るようになり、最終的には何も手につかず読みふけるほどどハマリしてしまいました。 そーゆー意味では危険な漫画です(笑) 完結はしていませんが、納得の一区切りなので安心してお読みください! もっとみる▼
  • (5.0) どハマり!読み出したら止まらない!
    はなさん 投稿日:2019/6/21
    コミカルでテンポの良い作品でありながら甘く切ない恋模様もしっかり描かれていて、言うことなしです! 戦国時代が舞台ではありますが、面食らうような戦闘シーンもなく、あくまで少女マンガ!といった感じ。若君がひたすら素敵です。 私史上最高の作品 !読んで損なしです! もっとみる▼
  • (5.0) ほんとに面白い!
    桜子さん 投稿日:2019/6/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 基本BLしか読まないんですが、たまたま目にとまったアシガール、まさかこんなにはまるとは!若君がかっこいい! 続きを読む▼
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 女子高生が足軽
    主人公の速川 唯は遅刻、忘れ物、居眠りの常習犯で、恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生で、なんの目標もなくなんとなく過ごしていましたが、弟の尊がつくったタイムマシンをうっかり起動させてしまい、戦国の世へいってしまいます。戦国時代に行ってしまった唯は最初は訳も分からずに戸惑っているものの、唯之助として自慢の足の速さを生かして足軽として戦争に参加します。唯は戦国時代でどうなってしまうのでしょうか?現代に戻ることはできるのでしょうか?著者の代表作には、「高台家の人々」、「デカワンコ 」などがあります。
    制作担当:むりむり仮面
▲ページTOPへ