漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
アシガール 1
この巻を買う/読む

アシガール 1

通常価格:
418pt/459円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.9) 投稿数1,070件
アシガール(15巻配信中)

作品内容

速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  15巻まで配信中!

  • アシガール 1
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!
  • アシガール 2
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    弟がつくったタイムマシンでうっかり戦国時代に来てしまったぐうたら女子高生の唯は美形の若君、忠清に出会い恋に落ちる。のちに忠清が戦死することを知った唯は男装して足軽となり若君を守ることを決意。しかしはじめての戦は大変なことに──!?
  • アシガール 3
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    得意のかけっこで天野家の足軽となった唯は圧倒的な戦力の差が開く高山軍との戦を前に若君を救うため再び現代へ。弟の尊に助けを求め21世紀の知恵で戦に勝とうとする。そんな折、若君はとうとう唯の正体を──!?
  • アシガール 4
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    兄の陰謀で深傷を負った若君を唯は自分の代わりに現代に送る。唯からの手紙で事情を知った現代に生きる弟・尊は若君を病院へ。唯の家に居候しながら21世紀の世界で若君が見たものは? 一方、戦国時代に残された唯はおたずね者となり──!?
  • アシガール 5
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    若君が、現代から戦国時代に生還する。今まで以上に若君は唯に優しく、2人きりで馬の遠乗りにも誘われもしかしたら両思いの予感…!? ところが側室・鐘ケ江の姫のところにも行くという若君。唯は若君の気持ちがわからず、思わず本音をぶつけてしまい──!?
  • アシガール 6
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    現代に戻り、二度と若君に会えないと知った唯は絶望。しかし、歴史の先生が手に入れた史料から、若君に新たな縁組の話があるとわかり、絶対に戦国時代に戻ると決意!! 唯は、もう一度タイムマシンを使えるようにして欲しいと尊に泣きつくが…!? 一方、若君の元に、松丸家の美しい姫君・阿湖がやってきて…。
  • アシガール 7
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    阿湖姫の身代わりに、羽木家と敵対する高山の者にさらわれた唯。しかも嫡男の高山宗熊に気に入られてしまう。若君は、阿湖姫の兄と偽って、唯を助けに高山の城に向かうが…。そして、様々な危険に見舞われながら、唯と若君の仲がさらに深まる注目の第7巻!
  • アシガール 8
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    戦のさなか、唯は一部の家臣に女だとばれてしまう。女中たちの嫉妬を一身に受けた唯に、戦場と同じくらいのピンチが到来!? 一方、窮地を脱した若君が一番最初に向かった先は…? そして、若君と若君の腹違いの兄・成之との兄弟関係にも変化の兆しが…。恋も戦も急転直下、目が離せない第8巻!
  • アシガール 9
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    紆余曲折の末、やっとのことで若君の正式な許嫁になった唯。婚礼の日取りが決まって浮かれていたのもつかの間、和議を結んだはずの高山が挙兵するとのしらせが! 一方、若君の兄・成之と松丸家の阿湖姫の間に進展が!? 驚天動地の第9巻!!
  • アシガール 10
    登録して購入
    通常価格:
    418pt/459円(税込)
    織田家と手を結んだ宿敵・高山との戦で窮地に立つ若君を助けるために、若君の元へ向かった唯。ふたりは会えるの!? 絶体絶命の羽木家の命運は!? さらに本編で描かれなかった若君の現代での暮らしぶり、13歳の若君のエピソードを描いた番外編2本も収録!

レビュー

アシガールのレビュー

最新のレビュー

  • (4.0) 面白い!かわいい!
    あんこさん 投稿日:2021/6/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さんの表現がセンスよくて、プッて笑えるシーンがたくさんあります。それから主人公がいい。主人公があれやこれや悩んで結論だして進んでいく漫画をよく見かける中で、こちらは主人公の気持ちがぶれない。どんな状況でも若君第一!ってところから行動が始まるので、見ていてワクワクします。 ただ、2人の関係は収まるところに収まったし、お家存続も解決したから、個人的にはこれ以上はお腹いっぱいって思います。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 笑えて笑えてそれでいていじらしくて可愛い
    romance2さん 投稿日:2016/10/6
    この傑作を読むたび、評価の数がもっとあってもいいはずだと思ってきました。 なので、私はレビューアー入りしておきます。 この面白さ、今ひとに「なにか面白いのない?」と尋ねられたら、迷わずイチおしします。巧みに配されたユニークな存在感を放つ キャラ各人各様の濃さで、間違いなく男性も楽しく読めます。 あとをひくラブ要素あるし、キュンも来た来たってなるし。でもなにより爆笑必至。 唯をほんとに好きになってる若君を見ると、時を超越した恋愛のスケール以外にもなにかとスケールの大きさを感じさせる作品です。 ドラえもん(の手)入ってるのもなにげにいい味だしてそれもおかしみが何倍増です。 現代との微妙な接点が切なくて、そして、面白さの素になっています。 地元郷土史家の先生はじめ、挟まれて登場してくるスクールライフが話の展開を絶妙に方向調整してます。 家族が泣かせますし、そして、こんなあり得ない話をリアルな日常描写で現実感を引き寄せ、あり得るものにしてすごい人物たちです。近所に現世の「じい」も。 楽しくて笑い転げることのできる超一級の娯楽作品です。 追記) もう何度読んだかわかりませんが、読み返しても笑えるって凄いこと。12巻で一旦完結した感ありますが、ファンの声に押されて、続巻の可能性を残してくれました。やった! でもタイムトラベルものは、過去との関係でストーリーの辻褄をとやかく思う人が出てしまいがち。上手い煙幕を張ってとにかくいいエンディングに落ち着ける所まで速川唯のように駆け抜けて! 冒頭と、そもそもなぜ唯がそこに居るのだ、といういきさつとを、前後させて描かれているテクニックを理解してくれてない読者のレビューを見ました。悲しかった。巻き戻してまた、進んでるので、そういう手法(映画でもよくやる)であると受け止めてください。 もっとみる▼
  • (5.0) 超面白い!この漫画に出会えて良かった
    ボンボンさん 投稿日:2020/9/21
    戦をしたくないと泰平の世を望む、夢物語とも取れる近未来を思い描く戦国最中の若君と、戦はいかんと思う現代の唯。戦国時代では有り得ない女性が男性と「同じ目線で同じ方向を見据えてハッキリ物事を言う」のに、悲観的な部分は少なく笑いや和みをもたらす唯 の存在は、眠りが浅いほど常に緊張感と重圧の中で生きてきた若君にはとても新鮮で、最強に心強いパートナーなんだろうなぁと思う。唯の外見や振る舞いはそこら中にある少女マンガの主人公とはかけ離れているけど(笑)戦争を知らなJKが、一目惚れした若君を守るため450年もの時を超え、自由や平和で便利な現代を捨て、命がけで突き進むその姿は、若君にとって唯一無二の宝物なんだろう。私には無理だ…唯に脱帽。これぞ主人公。あっぱれ!そしてストーリー展開もさることながら、若君が超絶めっちゃめちゃカッコイイ!素敵!唯を心から大切に思い一途なところ、現代日本にタイムスリップしたりしても動じない、全てを受け入れ立ち向かう、しなやかで強い心!そして泰平の世を望み人の命を大切にする主君!男らしい!めっちゃいい!恋愛面においてまっさらな唯ゆえ、昔の男女の距離感を壊さないのがまた何とも言えず奥ゆかしさがあって素敵。唯が戦国時代にいても、若君が現代にいても、それぞれの時代にちゃんと溶け込んでいくキャラ設定と、その時々のストーリー展開が完璧に噛み合っている素晴らしい作品。少しだけご都合主義な所もあるけど、それもまた作品とマッチしていて、作者は恐らく天才。すごいの一言。個人的に成之と阿湖姫カップルも大好きです!全編何度も読み返してます。この漫画に出会えて本当に良かった。 もっとみる▼
  • (5.0) 読んで間違いなし、皆が若君に絶対惚れる。
    mkac さん 投稿日:2019/6/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 良い評価の多いレビューでも必ず悪いレビューを読んでみるタイプなんですが、こちらの作品は殆どのレビューが良くて気になっていました。が、何となく表紙から読まずにいたけど!!もったいなかった!! 無料で読んでみて納得、若君様のかっこよさと透明感にどハマりし一気読み。最後まで良かったです(まだ続くようですね) 戦国時代とコメディと恋愛とそれぞれがとてもバランスよく、ストーリーも複雑でなく構成されていて、読みやすかったです。絵もとても細かいですが戦国時代の着物や甲冑が綺麗で見やすく(絵は好き嫌いあるのでともかく)、何より若君様の凛とした姿勢、所作振る舞いが、もうとにかく最近の少女漫画に飽きていたところだったので清々しかったです。(少女漫画に多い、ヒロインは可愛くていい子、男はこんなこと言うわけないだろ〜って言うのが無くて良かったです) ヒロインの女の子は決して可愛いタイプではないのですが、だんだんと恋する女性になっていくのはとても応援できたし、笑えたし、続きがとても気になります。(あとは唯のセリフは親近感湧きます。) 弟の尊が個人的にはいいやつだなぁ、と感心してしまいました。 実写版ドラマにもなっているようですが、俳優陣と自分のイメージが違うので漫画だけでやめておこうと思いました(笑) 森本梢子先生の作品は映画化ドラマ化多数あるのが頷けるほど、とにかく面白い。 漫画作品はアシガールが初めてですが、本当に出会えてよかったです。 これは年齢問わず面白いと思います。読んで見てほしい! 続きを読む▼
  • (5.0) 幅広い年代、男女問わず
    もんたちさん 投稿日:2019/3/28
    少女漫画で前に無料立ち読みして若干気になってた。 歴史物好きだけど、好きだけに慶次に代表されるような濃いものが好きで、クドカンとか苦手。 それだけにどうかなーと読んだらハマりすぎでしょ、これ。 完徹時間切れまで読み、次の日マック買って 楽しみに残り読もうとしたら食わずに読み終わってたし。 テンポ良すぎだしガンガン行くしで一気読み不可避。 ジャンルが羅列されるように色んなものが詰まってる。 歴史物好きには、最初から歴史メインというよりネタものとして読めるから、その中に意外としっかりとした描写が出てきて、ほぅ、左様かとなる。 また、戦略も濃くは無いが一応あるのでどうしたら切り抜けられる、なんて官兵衛視点でも読める。 色んなところに散りばめられてる小ネタがこれまた秀逸で愉快。 そして何といっても唯之助が最高に愛されで、ほんと好き。 全然ブレないし修羅の如しw どの世代の人が見ても愛されだと思う。 メインの男性って男女で評価分かれることも多いけど、若は男性目線でもカッコいい、小性でいいからから雇って欲しい。 この作品は歴史とタイムスリップで男性でも入りやすくて無料2巻読んだらもう止まらん。 面白かった、恐悦至極に存じまする。 ドラマは全然見ないけど評判めちゃくちゃ良いから見てみようかなぁ。 番外編の天野の兵法、肝に銘じておきまする。 もっとみる▼
  • (5.0) 大好きです
    ルーさん 投稿日:2020/10/9
    若君。私も行きたい、、、。 主人公はキャラは面白いんですけど、そこでそんなセリフ言うかwってことが多いので私が変わってあげたいくらいですw若君が惹かれる要素が無いというか、よくわからないので、、、私が変わりますw でもそんな「なんで?」 って思わせるような主人公でも、逆にハラハラするのが読んでて面白いし、あり得ない設定でものめり込んじゃうくらい話のもっていきかたも凄いです。 歴史を変えたらいけないなんてレビューにあったような気がしますが、このストーリーではナンセンスです。そもそもタイムスリップ自体人間が作り上げた空想なので、その突っ込みは神話に突っ込みを入れるようなものですね。現実世界と混同させたら面白くないです。 最近いろんな漫画を読みあさってますが、私的ランキング上位です。 ぱっとしないような主人公だからこそ、夢があっていいですね。…主人公のポジション変わりたいw(しつこいw) レビューしたけど、さらに読んでて若君〜!!ってなったから再レビューw あぁぁぁぁ〜!!!若君カッコいいよぉぉぉぉ〜!!! 「マジか」って何!?マジだ!マジだよ!唯のポジまじで替わりたーい!(発狂) 7人産むわ…私。。。 もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • 女子高生が足軽
    主人公の速川 唯は遅刻、忘れ物、居眠りの常習犯で、恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生で、なんの目標もなくなんとなく過ごしていましたが、弟の尊がつくったタイムマシンをうっかり起動させてしまい、戦国の世へいってしまいます。戦国時代に行ってしまった唯は最初は訳も分からずに戸惑っているものの、唯之助として自慢の足の速さを生かして足軽として戦争に参加します。唯は戦国時代でどうなってしまうのでしょうか?現代に戻ることはできるのでしょうか?著者の代表作には、「高台家の人々」、「デカワンコ 」などがあります。
    制作:のぞ
▲ページTOPへ