漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

春に孵る

通常価格:
600pt/660円(税込)
(3.6) 投稿数8件
春に孵る(1巻完結)

作品内容

物心がつく前に両親を事故で亡くし、厳格な父方の祖父母のもとで育てられた佳苗は祖父母の体調がすぐれないため、その春を父方の叔父・輔(たすく)と初めて会う母の弟・閑也(しずや)と3人で過ごすことになった。人里離れた森の中の一軒家で過ごす夢のような日々…しかしそれは、その後に訪れる或る出来事の序章に過ぎなかった…。血の業と輪廻について描いた表題作他、それぞれの物語が独自の世界観で読者を魅了する全6作品を収録。著者渾身の最新作品集!!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

春に孵るのレビュー

平均評価:3.6 8件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 病み系猟奇系短編5作+耳たぶCP
    わっきゃさん 投稿日:2019/7/8
    最後の耳たぶCPの番外編目当てに読むと後悔する程、ガッツリと病み系のこれぞダーク国枝さんな一冊(笑)表紙の美しさまで怖い(笑) 1話目は少女視点で展開される点が背徳感や怖さをより助長。話の順番が良くてどんどんビビり4話目が特に怖い流れ 。「こうきましたか」的なオチはほんの前振りで更に突き落とされコ・怖い!!!ひぃ〜〜!!!悪夢を見そう。 ラストの耳たぶCPの番外編「手のひらの上」は、社会人同棲準備編。山口×石川CP。石川くんのチョロさ健在で(笑)キミは今頃そこに気付いたのかい?なお話〜( *´艸`)馴れ初め編は【耳たぶの理由】で「胸の鼓動」→「熱浸透率」と続きます(^^) 5作怖かったから最後のコレとあとがきで、ヒリヒリ凍り付いた心が解凍される気分^^; それにしてもBLって奥が深いです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 国枝先生っぽい
    ルイジさん 投稿日:2018/1/6
    私は好きでした。短編なのでもうちょっと長く読みたいなとはなりますが。ここで終わりー?感は否めませんが。。。独創的ですし他のお話も高得点でした。
  • (4.0) 思いのほかよかった
    なたさん 投稿日:2014/5/4
    ホラー+bl要素の作品が多い。 元々作者の作品はけったいな話(死者が多かったり、ハッピーエンドでなかったり)が多い。 最初の話はblなのに娘の目線から描かれている。珍しい。 最後の手のひらの上は耳たぶの理由の続きの小話で、やたらと主人 公を愛してる関係は変わらない。 怖いのが全くダメなら見ない方がいいけど、渾身の作品集と書いてある通り力作なのでは。 もっとみる▼
  • (4.0) 好き嫌い分かれそう
    めみんRさん 投稿日:2013/12/2
    表紙の優しい絵と無料お試し版の爽やかな魅力に惹かれて秘めた美しい恋を期待しつつパック買い。 ……しかし、 絵はとても素敵なのに、暗く重い展開が多く、爽やかとは程遠い印象です。 表題作、子どもがテーマでこの展開はキツいなぁ… ストーリー は決して悪くないです。出来の良いサイコ小説のようで読み応えはありました。 好き嫌いの分かれる作品集だと思います。 もっとみる▼
  • (3.0) ちょっと病んでる
    Rosieさん 投稿日:2015/10/17
    全くの予備知識なしで読んだので、最初はちょっとひきました。ダークなお話は嫌いではないですが、小さな子どもが絡むのはちょっと勘弁かな。。 でも、絵は本当に美しいです!
  • (3.0) 怖かった…(T_T)
    ののんがのんさん 投稿日:2015/8/2
    他の方のレビューにもありましたが、ホラーと言ってもいいような、背筋がぞわっとする感じが随所に散りばめられているので、夏の夜に読むものじゃなかったと少しだけ、いや、大分後悔しました(ノД`) 絵がきれいなだけに怖さも増幅です…(o_ _)o 表題作はみんなが病んでいる感じが個人的には好みでした。 最後にほのぼのがあっても、全体的にざらりとした何かが残る感じなので、読み返すには時間がかかりそうです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ