漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
雪人 YUKITO 1巻

雪人 YUKITO 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数294件
雪人 YUKITO(5巻完結)

作品内容

「田代組を知らないか…?」。10年前に潰れた暴力団のことを聞き回る謎めいた青年の雪人。朴訥な秋田弁を話す田舎者の彼は、一体何を企んでいるのか。雪人の登場が欲望の街・新宿に波乱を巻き起こす…!『新宿鮫』シリーズのベストセラー作家・大沢在昌の傑作小説「北の狩人」を、実力派作家・もんでんあきこが完全漫画化!超強力タッグが描く本格ハードボイルドが、新宿に新たなヒーローを誕生させた!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全5巻完結

  • 雪人 YUKITO 1巻
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「田代組を知らないか…?」。10年前に潰れた暴力団のことを聞き回る謎めいた青年の雪人。朴訥な秋田弁を話す田舎者の彼は、一体何を企んでいるのか。雪人の登場が欲望の街・新宿に波乱を巻き起こす…!『新宿鮫』シリーズのベストセラー作家・大沢在昌の傑作小説「北の狩人」を、実力派作家・もんでんあきこが完全漫画化!超強力タッグが描く本格ハードボイルドが、新宿に新たなヒーローを誕生させた!!
  • 雪人 YUKITO 2巻
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    「なぜ父は殺された?」。12年前に起きた秋田県警の刑事殺人事件。父が殺害された事件の真相を知るために、上京した雪人。しかし彼が新宿に現れた直後、失踪した容疑者の苅部耕二が殺された…父親殺しの事件の裏にどんな「闇」が潜んでいるのか。マタギの末裔である雪人は動き始めた「闇」と、どう対峙していくのか。ベストセラー作家・大沢在昌と実力派作家・もんでんあきこのタッグによる、さらなる興奮を呼ぶ待望の第2集…!!
  • 雪人 YUKITO 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    父親殺しの真相を追って、故郷・秋田へ舞い戻った雪人。そこで彼が知るのは、父の死にまつわる「深い闇」だった…。一方、東京にも残された事件の「禍根」は雪人の登場をきっかけに予測不能の様相を見せていく。事件に関わるそれぞれの人生を巻き込みながら、純粋でまっすぐな狩人・雪人は真実を求め、ひたすら突き進む…!「今、一番続きが気になる漫画」と書店員から絶賛の声が殺到。『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ氏もファンを公言!刮目のハードボイルドサスペンス、第3集はさらにヒートアップ!!
  • 雪人 YUKITO 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    12年前の父親殺しの事件を仕組んだのは恩人・呉林だと知ってしまった雪人。なぜ父は殺されなければならなかったのか!? その真相を知らなければ父は浮かばれない…事件の背景を探るため、再び東京へ戻る雪人を待ち受ける衝撃とは!? そして複雑な様相を見せるそれぞれの人生模様が繰り広げられる!!手に汗握るドラマチックサスペンス、興奮の第4集、登場です!!
  • 雪人 YUKITO 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    事件の鍵を握る鴨下が殺され、事態は緊迫の一途を辿る!杏に狙いを定めた新島…近松とケリをつけることを決意した宮本…そして呉林に真相を問いただす雪人…12年前の事件が刻んだ過去の“深い傷”…雪人が現れ、隠されていた傷に男たちを対峙させた!!その決着は、彼らをどこへ導くのか!?長い旅の果てに雪人が見つけるものとは…必読の最終第5集、登場!!

レビュー

雪人 YUKITOのレビュー

平均評価:4.7 294件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) ファンタジー・ポリスストーリー
    パンサークローさん 投稿日:2020/6/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 あくまで、漫画、創作のものとして、わりきって読める人には、おすすめです。 現役の警察官が、別に、監きん強要されていたわけでもない、あくまで、自分の欲求を満たすための、こづかい稼ぎで「ぼったくりキャッチ」のバイトをしている、不良少女を、自分もそのキャッチに引っ掛かりながらも、その場から「助け出して」、未成年でありながら、キスもしながら、抱き合いながら、行動をともにするという、ハートフル・ラブ・ファンタジー・ポリスストーリーとでもいいますか。 序盤で、この少女に騙され(下心があったとしても)、とてもそれに見合わない、下手をすれば、後遺障害がのこりかねない、ヤ〇ザからの暴力を、一般市民が受ける、救いようのない場面があり、それを「クスクス」とみているような少女… まあ、(女子)少年院送致が妥当と思うのですが、 この作品は、主人公が警察官という身分をフル活用しながら、私怨を晴らす糸口を探す(一度、辞表を出しますが、上司の恩情で受理されず、警察権力を、県境まで越えてガンガン応援を受けて、核心にせまっていきます)、復讐を遂げるために向かっていくことに、キャーキャーするべきものであり、そこに「お惣菜」として必要な、娘の過去など問題ナシです。 まともな正義感を持って読むと、具合が悪くなりますので、とにかく主人公を信奉する気持ちで読み進めるのがおすすめです。 続きを読む▼
  • (5.0) 素晴らしかった!
    Ami✿さん 投稿日:2018/7/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 映像を観てるような臨場感と緊張感のある展開で、物語の中に引き摺り込まれて一気読みでした。 雪人との出逢いで様々な人間の運命や人生が変わって行きます。まさに宿命のように。 心が震えるようなやるせない気持ちと、僅かな救いがある事への安堵と…。裏社会や組織の闇が舞台でありながら、色んな感情が混ざり合う感動のクライマックスでした。 もんでん先生の美麗な絵とストーリー構成の上手さに惚れぼれ。登場人物も中身が濃くて魅力的。 原作と設定をガラッと変えたキャラや、もんでん先生オリジナルのサブキャラも、物語が展開して行く上で絶妙なスパイスになってた。凄い! 雪人の純真で濁りのない眼差しや人柄に、誰もがふと惹かれて惚れ込んで行く気持ちが本当によく解ります。あの人間性を育んだ背景が丁寧に描かれているのも魅力。 雪人は無論カッコイイですが、宮本さんも大好き。寡黙で漢気あって、でも女性には超奥手…素敵です。 続きを読む▼
  • (5.0) 何度も読み返してしまう
    ぴぴぴさん 投稿日:2019/10/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 正義と悪、信念とエゴ、嫉妬と尊敬、人の強さと弱さ、、、考えさせられる深いストーリーで、切なくて、でも希望のあるラストでした。テンポ良く進むので退屈せずに読めるし、なんと言っても宮本さんのイケオヤジぶりが最高で、堅気に戻り女将さんと家庭を築いてほしかった。。。と思ってしまいます。アキラの最後はただただ悲しい。雪人に手を引かれ目にうっすら涙を溜めていて何とも言えない気持ちになりました。自分は人間だって再認識出来ていたら良いなと思います。終盤の、用意周到な瀬尾さんがビルを見上げてるシーンと爆発後の現場を立ち去るシーン(目頭押さえてる)がなぜか印象強いです。登場人物全員が魅力的でそれぞれに事情があるのがよくわかりました。しかし雪人は色々な人に一目置かれすぎな気がしてしまいます(笑) 続きを読む▼
  • (5.0) 感動した!新宿鮫もコミカライズ希望〜
    わっきゃさん 投稿日:2017/12/27
    いろいろと衝撃的だったすごい作品。 絵が綺麗、台詞は流れる様に入ってくる、キレの良いテンポ、次々と情景が浮かんでくる…などなど一気に引き込まれてあっという間に読了。 ドラマティックなストーリーもブレのない力強い展開で人の愚かさや 弱さが切なくて怖い。キャラはどれも悪役でも魅力的だった。クライマックスはまさかのシーンに泣けた。最後は映画のラストシーンの様に緊迫した空気を変え、穏やかにホロリとさせる素敵なお話だった。 新宿に蠢く男性達がたくさん出てくるんだけど、その描き方が素晴らしい!中年も老人も味のある表情でタバコの臭いや加齢臭がしてきそうな、それでいて男の色気のある描写で参りました。新宿鮫もコミカライズしてくれないかなぁ。必ず読むので(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 真実は正義とは限らない
    f2020さん 投稿日:2020/9/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さん買いです。またぎの孫 雪人は刑事だった父の真相を探すため東京に出てくる。裏社会に生きる人でも向いている方向は同じ。父の死は裏社会と警察庁トップが関係していて何度も危険な目に遭いますが乗り越えていきます。実は雪人は秋田県警の刑事だった。辞職願も出して上京してきたのに上司の配慮で休暇扱い。真相が明らかになり大事な人が亡くなり東京を後にする。秋田に戻り杏と家族になり、小さな子供がいます。その子は大切な二人の忘れ形見。雪人は刑事を辞めていました。最終回まで飽きることなくすいすい読めます。ちょっとだけ杏ちゃんとの恋愛も挟みますがエロさもなくサッパリした描き方、余計な表現がないのがこの物語の本質を見せていると思います。 続きを読む▼
▲ページTOPへ