マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
明治メランコリア(1)

明治メランコリア(1)

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.2) 投稿数514件
明治メランコリア(11巻完結)

作品内容

変わってしまったのは津軽(つがる)? それとも――!? 女学生・鈴(すず)と青年・津軽の年の差LOVE、本格スタート! 時は明治、少女時代に遊郭から身請けされた鈴も15歳。ひとまわり以上、歳の離れた津軽を想う鈴だが、近づこうとすればするほど、津軽が解らなくなってきて――!? 明治時代を生きる女学生・鈴の、愛と波乱の物語。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全11巻完結

  • 明治メランコリア(1)
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    変わってしまったのは津軽(つがる)? それとも――!? 女学生・鈴(すず)と青年・津軽の年の差LOVE、本格スタート! 時は明治、少女時代に遊郭から身請けされた鈴も15歳。ひとまわり以上、歳の離れた津軽を想う鈴だが、近づこうとすればするほど、津軽が解らなくなってきて――!? 明治時代を生きる女学生・鈴の、愛と波乱の物語。
  • 明治メランコリア(2)
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    女学生鈴(すず)と青年津軽(つがる)、二人の想いは引き離され──!? 津軽が何かを隠していると知り、突きとめようとする鈴だが、突然の口づけに動揺し、その場を立ち去ってしまう。その直後、何も告げずに津軽は行方をくらませる。そんな時、血の繋がらない兄・春時(はるとき)が帰ってきて!?
  • 明治メランコリア(3)
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    露西亜密偵として追われる想い人・津軽。尉官候補生・平賀の言葉。少女はこの恋で、さらに女性へと成長する……!? 行方をくらました津軽を捜す鈴。旧知の間柄である海軍大尉・半次郎から、津軽が日本の密偵である、ある女性と共にいると知らされる。動揺を隠しながら、津軽を追いかけ、ついに異国の地へ旅立つことを決めるが、その裏で、半次郎とその部下・平賀の思惑もうごめいて──!?
  • 明治メランコリア(4)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    津軽(つがる)を追いかけ、仏蘭西へ渡った鈴(すず)は、津軽と再会を果たす。抱えてきた疑問をぶつける鈴。だが、津軽から返ってきた答えは…。それぞれの思いが交錯する仏蘭西編。謎を解く鍵は、津軽の元恋人・ひなが持つ!?
  • 明治メランコリア(5)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    ひなに連れ去られた津軽(つがる)を捜し、愛染(あいぜん)の別荘にたどり着いた鈴(すず)。そこで見たのは地下に繋がれた津軽の姿だった。疲弊した津軽の口から、初めて聞く言葉。少女と青年の恋、新たなる局面へ―――!!
  • 明治メランコリア(6)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    津軽と両想いになったあの仏蘭西での出来事から2年、鈴は17歳となっていた。津軽と交わした約束を日本で待っていた鈴だったが、鈴のもとを訪れたのは、鈴の祖父を名乗る秋山篤治郎だった。篤治郎は秋山の血を引く鈴に対し、婿を取り、跡継ぎを産めと言い放つ。突然の暴言に唖然とする鈴。そして、鈴の前に婿候補が現れて!?
  • 明治メランコリア(7)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    すべての記憶を失い、津軽(つがる)、春時(はるとき)の顔も覚えていない鈴(すず)。一方、2年ぶりに鈴と再会した津軽は、鈴であり、鈴でない彼女に焦りを感じ、彼女を傷つける行動に出てしまう。以後、鈴は津軽を避け、傍にいてくれる春時に心を寄せるようになり…。
  • 明治メランコリア(8)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    記憶をなくし、未だ大切な人たちとの過去を思い出せない鈴(すず)。一方、愛染(あいぜん)は自らの野望を叶えるための駒として鈴を手にいれようとしていた。愛染が危険な人物と知らぬまま、鈴は愛染と二人きりとなり――!?
  • 明治メランコリア(9)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    春時と口づけを交わした鈴。だが、春時が一瞬見せた苦悩の表情に鈴の心は沈んでいく。一方、津軽は鈴との距離を縮めようと贈り物をしたり、照れてみたりと、らしくもない行動を取ってしまう。しかし、それが鈴の心を動かすきっかけとなり――!?
  • 明治メランコリア(10)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    津軽の記憶とともに、ひなの呪いの言葉を思い出した鈴。胸をえぐる記憶に涙するが、ひなとの決着をつけるため対峙する。物語は最終局面へ。想いの果てに見つけたそれぞれの愛の形とは――?

レビュー

明治メランコリアのレビュー

平均評価:4.2 514件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) また面白くなった!
    リンゴミカンさん 投稿日:2015/12/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作からのファンです。 …やはり良いな! こちらから読み始めても充分楽しめますから 前作を知らなくてもオススメです。 前作を知ってる人には 途中、津軽にガッカリしかけるかも… でも今は楽しいですよ! 前作緋色の方は、子供の鈴からみた津軽なんですね。 だから何でも出来て、教えてくれて、大事な時には必ず助けてくれて …とても素敵ででもちょっとダメな大人を、 子供の鈴がしっかりと掴んでる…みたいなストーリーは、子供だった鈴目線のお話。 でも大人に近づいた鈴に見える津軽は、 矛盾してたり、ごまかしたり、狡かったり… なんだかちゃんと向き合えてる気がしない。 それは鈴が成長したから、起こっている事だったり、見えてきた事だったり。 津軽は、もともとこういう事情を抱えたまま 生きてた訳ですね。作者さんからすると。 最新刊 やっと!津軽を見直しました。 ここまで見直せるとは正直思えなかった位 なんかスーッと入ってきました。 やっぱり津軽は津軽だな、と。 強烈にまた続きが楽しみになりました。 ガッカリしてた皆さん、最新刊は読んでみましたか? まあ…これから波乱な展開になりそうですけど………津軽が鈴のためにがんばるなら見てやろうじゃないか! って思いますよ^ ^ 続きを読む▼
  • (5.0) 更なる試練と愛情と。
    華はなさん 投稿日:2020/11/8
    明治緋色。。。を先に読んで、この作品を読みました。鈴ちゃんが 成長していて 美人さんになっていました。そして、相も変わらず、津軽一筋だし、他の男性共もおばちゃんも健在で、こちらでは、より 一層、キャラクターの切ない体験やその体験がもたらした キャラの人生などなどに焦点を当てていて、特に、ひなは、性格の悪い津軽の元カノなんだけれど、彼女には彼女なりの悲しい出来事があって、それを乗り越えきれなくて、まぁ、色々とね、嫉妬や妬みは ほんとに怖いなと思いました。特に、その嫉妬や妬みを 津軽が愛でてる鈴ちゃんが 一心に受ける事になったのですから、そりゃぁ、読んでても 辛かったです。最終巻、めちゃくちゃ 上手くまとまっていました。もう少し、欲を言えば、せっかく、鈴ちゃんと津軽の心が一つに繋がったのだし、もうちょい、ラブラブイチャイチャを観たかったけれど、あの時代に 外で チュッとかやってるので、まぁ、それで 良しとします、微笑。鈴ちゃんのお兄さんには幸せになって欲しいけれど、彼の幸せは きっと 鈴ちゃんの近くに居る事なんだろうなぁと心から思いました。きっと 鈴ちゃんの子供達の良いおじちゃんになってるんだろう、と思います。最後の最後のページ、なんか 平和で幸せの象徴のような描写、心にグッときました。 もっとみる▼
  • (5.0) 先が読めない面白さ!!
    Lunaさん 投稿日:2020/7/16
    明治シリーズの続編で、前作の5年後から描かれています。前作に続き、ストーリーがとにかく深いです。予測できないミステリアスな展開が次々と起こるので、ハラハラドキドキが止まらず、続きが気になって思わず一気読みしちゃう作品です。とにかく、主人公の 女の子が強くて賢く、「そうくるか!」という斜め上をいく言動には毎回感心させられ、その凛とした聡明な姿が爽快です。また、登場人物もそれぞれ味があり魅力的なキャラばかりなので、ストレートに感情移入できます。テーマはとても重く、しっかり悪役も登場して愛憎劇が展開しますが、その悪役の心情なども丁寧に描かれているので、考えさせられる場面も多々ありました。前作から続く伏線やストーリー回収もあり、読みごたえのある作品でした キュンキュンどころもおさえつつ、切ない恋模様も描かれていて、何度も胸を締め付けられる思いをし、読んでいて感情が忙しかったです とても読みごたえのある作品なので、気軽に…ではなく、もっと深いストーリーを求めている方にオススメですよ もっとみる▼
  • (5.0) すごい構成のストーリー
    Snowcone さん 投稿日:2019/6/7
    前作の【明治緋色綺譚】を読まずにこちらの作品を読みました。前作を読まなくても十分に楽しめます。津軽は当然鈴子と結ばれる設定とは知りながらも、春時兄様のカッコよさに惹かれてずっと応援してしまいました。作者さんもあとがきなどで書いていましたが、 お兄様のファンは多いようですね。私もその一人です佐之次も良いキャラしてますが今作ではあまり出番はなかったようなので残念です。スケールの大きな作品で次から次へとハラハラドキドキの展開が待ち受けています。無料版を期待せずに読み始めたら、何やら面白くなる予感がしたのでお得パックを即全巻購入してしまいました。この作品は中盤にならないと面白さが引き立ってこないので、無料版だけ読んで終わりという方がいるようですが、ぜひもう少し読み進めていただきたいですね序盤では鈴子の幼さが津軽と不釣合いなイメージでしたが中盤からどんどん素敵な女性に成長していくので恋愛模様もかなり魅力的です。久しぶりに面白い作品に出会えたという感じです。 もっとみる▼
  • (5.0) 春時推し
    ミホチソさん 投稿日:2019/4/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作からずっとコミックで買い続けましたが、電子書籍でも購入。イチオシなのが春時兄様。最後は津軽と結ばれるんだろうなとわかってはいたけど、やっぱり春時さんとくっついてほしかった…。鈴子を1番大切に思っているのは春時だと思うし、記憶喪失の回では、どうかこのまま思い出さず春時とくっついて〜と念じながら読みました。春時も色々こじれているけど、鈴子を想う気持ちは本物だと思う。春時と鈴子のいい雰囲気のシーンはドキドキしっぱなしでした。雨の中での春時の告白とキスシーン、あれで堕ちない女の子はいないと思うのに、鈴子よ…なぜ…。せめて番外編で春時と鈴子が結ばれるバージョンを見てみたかった…。実際結婚となると、鈴子の身分や家柄的にも春時とのほうがいいと思う。二人で鈴子のおじいさまの秋山家の家督を継ぐのもアリだと思うし。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 15歳の少女の運命的な恋の行方は!?
    リカチ先生の「明治緋色綺譚」の続編ということで楽しみにしていた作品です。成長した15歳の鈴と道楽者として知られている津軽との年の差を超えた運命の恋の行方から目が離せません!新たに出てくるキャラクターもそれぞれ個性があり、前作からのパワーアップ感がすごく今回もハマっています。街の人の手伝いをする「お助け鈴ちゃん」として評判となっている女学生の鈴。幼い頃から津軽のことを想い続け、大人になれば想いを寄せる津軽に自分の気持ちが届くと信じていたが、逆に津軽との距離を感じることも。二人の距離はいつ縮まるのか!?そんな鈴の切ない心情の変化や津軽を追って欧州まで渡航する鈴の健気な恋心に思わず応援したくなる作品で、一気読みしてしまいました。いろいろな事件が巻き起こるストーリー展開の巧みさも目が離せません!
    設計:チェック

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ